Main | 帝王切開での出産 »

August 01, 2004

初めてのブログ

さっきブログ(ニフティ・ココログ)の登録を終えた。息子が産まれて半月。オクサンのいない生活にも慣れてきてリズムが掴めるようになってきた。

今日思い立って、前からやろうと思っていたブログを始めてみることにした。本当なら誕生した日から始められればよかったのだが、公私ともにそんな余裕は全くなかった。8月1日はスイス建国の日。スイスの虜になった自分のブログ誕生の日にはもってこい。

これから育児、料理など新米パパとして思いついたことをつらつらと書きつづっていこうと思っている。お目に触れる機会があったら読み流していただければ幸いである。

初投稿の今日は出産の日のことを回想します。

****************************
我が子誕生(回想1)
2004年7月15日。 私たち夫婦には一生忘れられない日となった。 その3日前のレントゲンでの検診で主治医から帝王切開での出産を告げられた。「予定日に切りましょう。旦那さんも宜しいですね」こうなったら医者に任せるしかない。「お願いします」二つ返事だった。

手術当日、岳父を連れて病院に向かった。しかし緊急のオペが入ったとのことで予定よりも2時間以上も遅れての手術となった。その間、オクサンは不安だったろうなぁ。そしていよいよ手術の時間が。手術室に入っていくオクサンにはガンバレ~としか声をかけられなかった。手術は30分ほどで終わるとのことだったが、実際に予定の時間を過ぎていることもあって待っている間はとても長く感じた。

そして45分後の午後3時15分頃、ナースステーション前の廊下で保育器に入っている我が子と初めて対面した。「男の子ですよ」看護婦さんが教えてくれた。そこには大きな声で泣いている元気な我が子がいた。看護婦さんから写真どうぞといわれて数枚撮影。出産のために思い切って購入した高性能デジカメだったが操作方法もろくに分からず無我夢中だった。初めて我が子を見た瞬間、何にも代え難い一瞬だったような気がする。そんな瞬間を与えてくれた全ての人たちに心から感謝したい。特にオクサンには・・・・ありがとう。

A Happy Birthday to You!!!

|

Main | 帝王切開での出産 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/1100553

Listed below are links to weblogs that reference 初めてのブログ:

» 純情顔文字日記スタート!ぴーす V(^0^) [ふぐ屋、純情顔文字日記]
ヾ(´▽`*)ゝあーい♪  今日から  こちらで顔文字日記スタートで〜す。  コ [Read More]

Tracked on August 02, 2004 at 05:26 PM

Main | 帝王切開での出産 »