« 帝王切開での出産 | Main | ベビー用品 »

August 06, 2004

命名騒動記

名づけは両親からの最初の素敵な贈りもの・・・・

その通りだと思う。産後7日目の「お七夜」の日、我が子にも私たち両親からの願いを込めた素敵な名前を贈ることができた。いつの日か息子から「素敵な名前をつけてくれてありがとう」と言われる日が来ることを願っている・・・・

しかし、その名をつけるまでには紆余曲折、いろんなことがあった。
今日はそのお話を・・・・

*****************************

命名騒動記

私たち夫婦は妊娠がわかってからも生まれたときの楽しみにと、性別は聞いていなかった。というわけで名づけも男女それぞれ考えることにした。ありきたりの名前よりも響きがよく、願いがこもった字を入れた名前にしたかったが、いざ考え始めるとなかなか絞り込むことが難しかった。本格的に考え始めたのは妊娠9ヶ月目に入った頃だっただろうか。切羽詰まらないと行動を起こさない性格なんです(^^;;; その上、オクサンが考えた名前にはいろいろケチをつけることもあり、彼女からはちゃんと考えてよね、といわれていた。

「赤ちゃん」「名づけ」などでYahoo検索するとこんなサイトを見つけた。
『ネーミングウェイ』
このサイトの中に芸能人やスポーツ選手、アナウンサーなどが自分のこどもにつけた名前一覧のページがある。職業柄凝った名前をつける人が多く、なかなか面白く参考になった。

そんなこんなで姓とのバランス、響き、願い・・・・などいろいろなことをふまえて名前を考えていくと女の子の名前がどんどん思い浮かぶ。やはり見た目や響きを考えると女の子の方が素敵な名前が多い。反面、男の子はなかなか思いつかない。手術の日までにこれって思えた名前は女の子の名前3つ、男の子の名前ゼロだった。

そして、運命の日・・・結果は男の子(!)
元気に泣き叫ぶ我が子を見てそれは感動したが、
さて名前は・・・・まさにゼロからのスタートとなった。

「出生届」は生まれた日から2週間以内に届けなければいけないことが戸籍法によって決められている。でも生まれてから2週間も名前がないのも可哀想。ということで生後7日目の「お七夜」までに名前をつけてあげることにした。

さて、男の子の名前・・・・姓とのバランスを考えると1文字か2文字。前に書いたとおり、響き、願い、イニシャルなどを見ながら毎晩のように考え、ノートに書き出していった。そして数日後、やっとある名前にたどり着いた・・・フ~。

よし、この名前にしようと決めた後に(最初からそうしていれば良かったものの)男の子の名前は一生モノ。いい名前に越したことがない。画数を見てみよう。そう思ってしまったことがアダになった。

その名前は姓の画数と同じ画数となる天地同画であることがわかった。天地同画は姓名判断のどの流派でも一致して大凶名としているらしいのです。姓名判断は単なる占いだとわかりながらも後々ケチをつけられてもなぁとその名は諦めました。結構いい名だったんですよ。

そしてまた振り出しに戻る(;;)

でも前々からつけたいなぁと思っていた漢字があり
その字を元にあれこれ考えることにした。
この時点でお七夜まであと2日。
いろいろな条件を満たした名づけ・・・・
難しかったがとてもやりがいがあった。(当然ですよね)

この期に及んで名づけに関する本を2冊も(!)購入。
『赤ちゃん名前のつけ方事典』(高杉光瑛/西東社)
『これで安心 赤ちゃんの名前大辞典』(成美堂出版)

ネットでもこんなサイトのお世話になったり、
こんなフリーソフトもあるんですよ。

そしてお七夜の日、オクサンに見舞いに行ったときに
2人で決定した。とても素敵な名前が生まれた瞬間だった。

|

« 帝王切開での出産 | Main | ベビー用品 »

Comments

そうなんですよねえ~ そうそう!とうなずきながら読んでいました。うちは2ヶ月ですがやはり男の子で、名前を私が考えてばかりのくせに旦那さんにはなかなかうんと言ってもらえず・・・
うちは男の子とわかってはいたものの、やはり浮かぶのは女の子の名前ばかり。しかもかわいい名前がたくさん浮かぶんですよね
結局決めたのは生まれてからでした。

名づけの流派も何個もあって困りました。でも1冊の本にしぼって一生懸命考えました。

奥様とがんばって考えたステキな名前、どんなお名前なんでしょう!とっても気になりました。
お互い親として、子供にいい名前だっていってくれる日を楽しみにしていましょう!

Posted by: なつきん | August 06, 2004 at 07:51 PM

なつきんさん、こんにちはっ!。そして、ありがとうございました。ブログを開設して初めてコメントをいただきました。まだ全く宣伝もしていないのに上のような素敵なコメントを頂けてとても嬉しいです。

早速、貴ブログにも遊びにうかがいました。マイリストに追加しちゃいました(^^)。お子さまにはとても素敵なお名前をつけられましたね。子供のことを考えて一生懸命つけられたのだなぁってことがスゴク伝わってきました。

ところで、息子の名前にも興味を持たれたようなのですが、ネットではプライバシー保護の観点からまだ公表する気持ちになれないんです。ゴメンナサイ。m(_ _)m。いつの日かなつきんさんにお伝えできる時が来るといいなぁと思っています。

Posted by: グリンデル | August 08, 2004 at 10:45 AM

こんにちわ。そして、ごめんなさい。~顔~におじゃました時に名前を忘れました・・・今、気が付きました。
「しゅん」くん、いいお名前ですね。私のイメージでは大空をはばたいてる感じがします(笑)我が家の場合、名前はすぐに決まったのですがどの漢字を使うかで悩みました。で、結果女の子は結婚したら名字が変わってしまうので全体のバランスより好きな字で決めてしまいました~
昨日は友達のお芝居を見に行き、今日は市で行っている救命講習を受けた為、娘はおばあちゃんのおうちにお泊りに行っています。そして、旦那さんも昨日は飲み会。始めは独身気分を味わえる!と思いウキウキだったのですが、夜には隣に娘がいないのが寂しくなっていた私でした・・・

Posted by: さくら | August 22, 2004 at 05:06 PM

さくらさん、コメントありがとうございます。先日のコメント、やはりさくらさんでしたか。投稿者名はのちほど修正いたします。
女の子だったら私も名前は好きな字とか響きで決めていたと思います。久しぶりの独身気分、私も今同じような状況ですが、そのお気持ちよく分かります。今日は4日ぶりにしゅんに会えるのを楽しみにしています。

Posted by: グリンデル | August 24, 2004 at 09:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/1194139

Listed below are links to weblogs that reference 命名騒動記:

« 帝王切開での出産 | Main | ベビー用品 »