« 天下御免の向こう傷 | Main | クリスマス4週間前の日曜日 »

November 25, 2004

夢の大航海、応援しています

今、大きな夢に向かっている方がいらっしゃいます。その方とは私の大好きなスイスのリゾート地グリンデルワルド在住の中島正晃さん。彼の地でご家族とホテルを経営されていらっしゃるのですが、実はすでに10年前に自作ボートでスイスからNYまで大西洋単独横断をされているスゴイ方でもあります。

その中島さんが今度はスペインのバルセロナ(コロンブスが新大陸に向けて出発した地)から大西洋を横断し、パナマ運河を経てサンフランシスコ、ハワイに立ち寄り、太平洋を横断して日本(横浜)へ向かう単独航海の旅に出ようとしています。
12月初旬にバルセロナを出航し、横浜には5月末~6月頭に到着の予定だそうです。そして陸路、最終目的地・愛知での万博会場へ向かうことになっています。

昨日たまたまスイス関連のニュースサイトでこのビッグニュースを知ったのですが、すでに日本国内でも新聞等で紹介されているようなのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。今回はさらに小さな自家製ボート(4ストロークエンジン搭載、全長たった6m!!!!!)での大航海となるのです。形もとてもユニーク。詳しくはこちらの記事をご参照下さい。

でも記事を読んで一番驚いたのは中島さんは御歳70歳(!)とのこと。私が中島さんの名前を初めて知ったのは今から7~8年ほど前でしょうか。スイス旅行に興味を持ち始めてスイスのことを調べているうちに中島さんの著書『グリンデルワルト便り』と巡り会いました。その中でグリンデルワルドのこと、中島さんのこと、ご家族のこと、ホテルのことなどを知ったのですが、お幾つだったかはすっかり忘れてしまっていました。人間、自分が抱いていた夢にチャレンジするのに年齢は関係ないのでしょうか。それとも中島さんが毎日食されている「鳥の餌」のおかげなのでしょうか?いや~、知れば知るほどスゴイ方です。

中島さんがご家族で経営されているホテルは創業110年を越える老舗。彼のドイツの文豪、ヘルマン・ヘッセも滞在したというホテルです。前述の本を読み、いつかは彼のホテルに滞在したいなぁと思うようになったのですが、未だその夢は実現していません。今年始めそのホテルがマンションに改築?との衝撃的なニュースも流れたのですが、まだ経営を続けられているようですね。いつの日か息子を連れて止まりにいけるかな?

中島さん、到着の地、横浜にて無事の航海を祈っています。なお、中島さんの公式サイトも是非ご覧下さい。

中島さんの言葉・・・・
海の上で孤独になりたい。自然とは一番問題がない。
最も問題なのは人間関係だ。

(Swissinfo日本語より抜粋)

|

« 天下御免の向こう傷 | Main | クリスマス4週間前の日曜日 »

Comments

おはようございます。
中島氏の本、読んだことがあります。
いつか彼のホテルにと思っていますがいまだ実現せず・・・
しかし、70歳ですか!
もっとお若いと思っていました。
いつまでも冒険する気持ちを持ち続けるって素敵ですね。
子育てに追われ、
自分自身の夢を失いかけていますが
また新たに自分の夢を見つめなおしたいと思います。

Posted by: fu-ga(風雅) | November 25, 2004 08:36 AM

男として、とっても身震いする話です。70歳での挑戦ですか!いやぁ~、勇気が湧いてきますね。ホームページも見ました。「スッゲー、面白い、絶対面白い、この人!!!」あんな船の形なんだね。
世の中に、まだまだ、こんな面白くて凄いおじさんいるんだね!俺もガンバロ~~~♪

Posted by: シュウ | November 25, 2004 07:42 PM

>fu-ga(風雅)さん、コメントありがとうございます。
私ももっとお若いと思っていたので驚きました。「夢を持つ」ことはできるでしょうが、それを実現するには相当なパワーがないと・・・・。中島さんはお話をお伺いするだけでももの凄い存在感がありますよね。スゴイ方です。

>シュウさん、中島さんもお子さんをお持ちの父親。息子さんもお父さんのことを誇りに思っていらっしゃるでしょうね。尊敬される父親になりたいものですね。

Posted by: グリンデル | November 26, 2004 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夢の大航海、応援しています:

» 親父の夢(中島正晃さん) [PaternityLife~父親の子育て~]
数日前の記事になるが、頭から離れない、、、、すごい、こんな凄すぎる人が世の中には [Read More]

Tracked on November 30, 2004 06:48 AM

« 天下御免の向こう傷 | Main | クリスマス4週間前の日曜日 »