« 浜田省吾最新曲 "I am a father" | Main | ひとりで飲めたよ(^^)v »

May 27, 2005

三鷹の森ジブリ美術館

仕事の波は一向に引いてくれません(><)。今夜も持ち帰り仕事があります。なのにこうやってPCに向かってブログの記事を書いています。でも、こうでもしないと何も書かずに日々が過ぎ去り、記憶が曖昧なものになってしまいそうです。ということで、今夜書けるところは書こうと思います。

先週土曜日に任されていたイベントが終わり、日月と連休だったのですが、両日ともお出かけの予定を入れました。日曜日はオクサンの田舎へ墓参。その帰りに清里・清泉寮に足を伸ばしジャージー牛のミルクでつくったソフトクリ-ムを頬張りました。しゅんも初めての味に大満足だったようです。あのミルキーに近い(いや、それ以上の)甘くて美味しいソフトクリームは忘れられないものになったはず!?あんまり食べさせちゃぁいけませんね。それにしてもさすが高原です。お土産物やさんは暖房中でした。
Shun050522seisenryo

清泉寮はかなり儲かっているのか、行くたびに新しい施設が増えています。今回も1年ぶりでしたが土産物屋さんの一角が建て増しされていて食べ物コーナーが出来ていました。プリンやトースト、カフェオレなどメニューもかなり増えてました。帰りがけに小学校でダムの勉強をしている姪っ子のために、『大門ダム』(清里湖)に行ってみました。清里のそばにダムがあるのをご存知でしょうか?なかなか立派なダムでした。
Shun050522daimondam

でもそのダムの上でしゅんは義兄の車のシートに粗相を・・・。おむつ替えの時にジョロジョロジョロ・・・アチャー(><)。少し申し訳なさそうな顔のしゅんです(^^;;
Shun050522jorororo

さて、その翌月曜日はイベントの振替で休み。今、三鷹の森ジブリ美術館こんな企画をやっている(月曜日が一般公開初日でした)ことを知り、数日前に予約を取って出かけました。ジブリ美術館はローソンのLoppi(ロッピー)でしか予約できないようです。今回初めてジブリ美術館に行きましたが、入館料・大人1,000円の価値は十分あるとおもいます。平日だから結構空いているのでは?というのは甘い考えでした><。因みに12時入館を希望していたのですが、時すでに遅し。14時入館の予約になってしまいました。

天候が悪くなってきそうなので、と美術館側の配慮から入館予定時刻の30分近く前から入場を受け付けてくれましたが、そこにはすでに長蛇の列。ベビーカーは館内では使用不可のためスリングで入場。係員の方はとても親切な方ばかりで階下のベビーカー置き場まで代わりに運んでくれました。そしてフロアにはいるとそこには人、人、人。平日なのに何故にこんなに人が多い?と思わず口に出して言ってしまうくらいでした。休日はもっと大変なことになってるんでしょうね。

さて、展示物についてですが、私は入ってすぐ右手の展示室が一番面白かったです。ここにはアニメの原点?ともいえる「ゾートロープ」という手法を使った展示物があります。中でも

立体ゾートロープ『トトロぴょんぴょん』

これは感動モノです。しゅんも食い入るように見入っていました~。10ヶ月の乳児でもその凄さが分かるほどのものです。館内は写真が撮れないので以下のページで雰囲気を味わってください。
↓↓結構詳しく載っていますよ↓↓
ローソン 三鷹の森ジブリ美術館 マンスリーレポート

【館内でのカメラ・ビデオ撮影禁止、その理由】(リーフレットより)
ジブリ美術館は物語の入り口です。物語の主人公になるには、カメラを向けるのではなく、この空間をご自分の目で見て、体で感じてください。そして、思い出は心の中に大切にしまって持ち帰って欲しい、これが私達の願いです。

さて、再び中央ホールに戻るとちょうど館内のある映画館上演の時間。館内では1回限りで20分程度の未公開短編映画も見ることができます。でもその時のしゅんの様子から映画はパスしました。途中でグズったり、泣き出してしま可能性があったからです。またいつか来た時に見ようね。

階段で1階に上がるとそこはアニメの作家たちがどんな場所で作品をつくっているのかを垣間見ることが出来ます。アニメ好き、ジブリ好きの人たちには一番嬉しい場所かもしれません。でも私達には関係なし。しゅんがグズりそうなんですねぇ。

さてその先がお目当ての企画展示室。『アルプスの少女ハイジ展~その作り手たちの仕事~』。30年以上前にフジテレビ系で放送されたアニメ『アルプスの少女ハイジ』を紹介する企画。場面設定・画面構成を宮崎駿氏、演出を高畑勲氏が手がけたことで有名な番組ですね。展示室に入るとかなり大きめなジオラマがまず目に飛び込んできます。あの雲から下がっているブランコも(!)。そして全52話のあらすじを紹介したパネルコーナー、宮崎氏が当時を思いだして描いたイラストパネル解説、スイスロケハンの貴重な資料、原画、アニメに登場するアルムの山小屋のセットなどが展示されています。2部屋分の小さなスペースでは狭すぎる感じがしました。でもカウベルをカランコロンと鳴らしたり、スイスの風景のパネル写真を見たりして、久しぶりにスイスの雰囲気に接することが出来て嬉しかったです。

その後2階に上がり、ネコバスルームを横目で見ながら(ネコバスは小さい子どもしか乗れません)、屋上へ。屋上には『天空の城ラピュタ』で出てきた儚い運命を背負っているあのロボット兵が立っていました。外は撮影可なのでここが一番の撮影スポットになっているようです。でもゆっくり落ち着いて撮るには朝一(10時)の入場に限るでしょう。
RobotSoldier

そして最後はショップでお土産を購入。特別展示の企画グッズ?背景画を集めた絵はがきセットを買って帰りました。

【ジブリ美術館へのアクセス】

吉祥寺駅方面から来ると駐車場の先にこんな標識が・・・・三鷹駅から玉川上水沿いの散策路を歩いてくるのも素敵なコースのようです(←私達は車で行って公園駐車場に停めました)
GhibliHyoshiki

その先、西園散策路は街路樹のトンネルが美術館入口まで続きます
InogashiraYuhodo

美術館の門を入ると、まずこんな入口が・・・
Shun050523museum

よ~く見ると受付にはトトロが!!!
格好の記念撮影場所になりますが・・・実はウソの入口。
Shun050523totoroent

ホントの美術館入口はこちら・・・見上げるとロボット兵が。
Shun050523museument

左手らせん階段上から見下ろすとこんな感じ・・・
Shun050523museum2

持ち込みの食事スペース(1階カフェ前の休憩デッキ)もありますが、美術館の裏手には井の頭公園の芝生広場もあります。
Shun050523shibahuhiroba

芝生広場にはサッカー禁止や犬などのペット禁止のスペースがあります。そこに入って「高い高~い」。ちょっと引き気味のしゅんでした。
Shun050523takaitakai

また、建物の壁面にはこんな素敵なモザイクがどこかにありますよ~
MuseoGhibliMozaic


唯一残念だったこと
ハイジ展が開催されたにもかかわらず、ハイジ展用のパンフレットがないとのこと。夏までには出来上がるとか・・・・。これって準備不足?あるいは、リピーターを狙った手法?でもその手に乗ってしまいそうな私です。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
記事が面白かったら以下のリンク先をクリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキング

|

« 浜田省吾最新曲 "I am a father" | Main | ひとりで飲めたよ(^^)v »

Comments

しゅんくん、すーっごくかわいいです!!
目がキラキラしていて、PCの前で吸い込まれそうになりました*^-^*
ジブリ美術館でも「ハイジ展」が開催されていたのですね。
ジブリには一度行ってみたいなぁ~と思っていたのですが、
グリンデルさんの記事を見て、さらに行きたくなってしまいました^-^
ネコバス、小学生以下でないと乗れないのですね。
残念です>_<
グリンデルさんは久しぶりにスイスの雰囲気が味わえて、
良かったですね!!
ジブリ、今度わたしも是非行ってみようと思います!


Posted by: 実穂 | May 28, 2005 at 05:12 AM

ジブリ美術館、行かれたのですね!ハイジとジブリって?と思いましたが、そういうわけだったのですか。
たくが今、トトロ好きになっていて、その記事を先週UPしたので、TBさせていただきました。
コメントをいただいた方から、ジブリ美術館を薦められたので、行ってみたいと思い、ローソンHPを見たのですが、土日はほぼ完売でしたね。平日でもそんなに込んでいるのか・・・。平日の朝イチ狙います。

Posted by: たっくん母 | May 28, 2005 at 09:37 PM

>実穂さん、たくさんのお褒めの言葉ありがとうございます。
しゅんに代わってお礼の言葉をお返しします。
ジブリ美術館は親子共々楽しめる素敵な美術館だと思います。ただもっと広ければ言うことなし・・・なのですが。実穂さんはネコバスに乗りたいのですね。あの場所に行けばしかたない、と諦めがつくことでしょう。是非、晴日くんを連れてお出かけ下さいね。

>たっくん母さん、こんばんは。カキコありがとうございます。
たっくんがトトロ好きということでしたら是非お出かけ下さい。
朝イチで入って夕方まで一日ノンビリされてはいかがでしょう。
入れ替え制ではないので早く入れればそれだけお得です。
ただし、ショップに入り浸ってしまうと思わぬ散財をすることに
なりますから、ご注意下さい。
末筆ながら・・・TBありがとうございました。

Posted by: グリンデル | May 28, 2005 at 09:40 PM

お仕事お疲れ様です。
でもしっかりリフレッシュもされてるようですね(^o^)
しゅん君の瞳、とっても魅力的ですよ。
私も吸い込まれた一人です。

Posted by: ずな | May 29, 2005 at 07:33 PM

ずなさん、レス遅くなりました。
仕事はとりあえず今週で一段落。
って春からずっと言ってるような・・・(^^;;。
そうですか。しゅんの瞳ってそんなに魅力的ですか。
親としてとても嬉しいコメントです。
ありがとうございました。

Posted by: グリンデル | May 31, 2005 at 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/4266657

Listed below are links to weblogs that reference 三鷹の森ジブリ美術館:

» となりのトトロ [はしって とんで ころんで わらって]
たくは “となりのトトロ” “さんぽ” と、となりのトトロの曲が大好き。 でも、実は「トトロ」がどんなものか、見たことがありませんでした。 夫はたくに「となりのトトロ」を見せたいと、会社帰りにレンタルビデオ屋へ 寄っていたのですが、DVDは1本しかなく、いつも貸出中。 昨日、やっと見つけて、借りて帰ってきました。 今日の夕方、夕食までのつなぎのつもりで、見せてみました。 きっとすぐに飽きるだろうから、そのタイミングで夕食にすればいいと思って・・・。 ところがたくは、全く飽きもせ... [Read More]

Tracked on May 28, 2005 at 09:32 PM

« 浜田省吾最新曲 "I am a father" | Main | ひとりで飲めたよ(^^)v »