« うるおう空気清浄機 | Main | パズルマット »

December 18, 2005

浅田五輪不参加決定に想うこと

昨日、フィギュアスケートの大会をテレビで観戦しました。たまたま時間があったことと今話題の浅田真央や安藤美姫が出場しているからという安易な考え。安藤美姫は右足の不調から、3度もミスしてしまいましたが、浅田真央は完璧、その演技には感動すら覚えました。今までオリンピックでしか日本人のスケーティングを見たことがありませんでしたが、彼女は「日本人離れ」した、フィギュアスケートをするために生まれてきたような体型とセンスを持っている選手という感じがしました。最初のジャンプから会場を、そしてテレビの前の人たちを釘付けにしてしまいましたね。その前のロシアのスルツカヤ(準優勝)の演技も流石、と思いましたが、その演技の完璧さにも全く動じない彼女は正に「天才」。若さゆえの大胆さ、だけではない天性の素質があるのでしょう。優勝おめでとう。

さて、その彼女。当然、トリノ五輪に出場するのかと思っていたら、試合の当日(これ、とっても非常識な話だ)、国際スケート連合(ISU)の会長が「(五輪出場には年齢制限があり、その)現行のルールを尊重すべきだ」と語り、特例による五輪出場の可能性を否定したそうです。そして、日本スケート連盟も同日、特例を求める陳情をしないと決定。ということはオリンピックで浅田選手の華麗な演技は見られないということになります。

今朝の新聞に書いてあったのですが、今回の出場資格なしの決定の裏には「タラ・リピンスキーの問題」(15歳で長野五輪優勝)があるとか。それはアメリカ関係者筋の情報として「(ISUの本音は)ジャンプを跳びやすい体の軽い若い選手たちが優勝をさらい続ける事態を避けたい」からだそうです。なんだかヘンな話です。だったら出場年齢をもっと上げるとか、芸術点を重視するとかすればいいのに、と単純に思ってしまいます。

誰のための、何のためのオリンピックなのでしょう。何も選手たちが金メダルを取るためだけの大会ではないと思います。世界の頂点に立つアスリートたちの演技や業、勝負を全世界の人たちが見て、感動することもオリンピックの意義のひとつなのではないでしょうか。確かにルールは大事。しかし、五輪直前の世界大会で優勝した選手が出場できない、というのはどう考えてもおかしいです。実際にISUは、オリンピック出場資格として、数年前まで、年齢制限に「指定主要大会のメダリストは参加を認める」という付帯条件を付けていたのですから。

たった3ヶ月満たないだけで五輪出場資格が得られなかった。ただそれだけではない。オリンピックの意義を今一度、ISUにも日本スケート連盟にも考えて理解していただきたいです。スケートのことは全くと言っていいほど知らないのですが、気になったのでブログに書き残すことにしました。

【関連ページ】
GO! アスリート 浅田真央

【追記 on December 20th】
1)たっくん母さんのコメントで出場枠の問題もあることに気づきました
  なるほど、オリンピックに出場できる選手って限られているんですよね。
  フィギュアスケートの場合、出場できるのは3人とのこと。

2)関連記事にTBしました
  フィギュアスケート:グランプリ・ファイナル on アスピリンカフェでちょっと一息

3)今週末に五輪の最終選考会
  12月23日~25日に国立代々木競技場で全日本選手権があります。
  それに浅田真央選手が出場します(←結構ハードスケジュールですね。)
  そこでまた彼女が優勝したら・・・・。
  こちらもご参考に・・・・
  スポニチ Road to Torino女子フィギュア代表選考特集

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
以下のリンク先をクリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

|

« うるおう空気清浄機 | Main | パズルマット »

Comments

グリンデルさん、こんばんは。
フィギュアスケート大好きのたく母です。

ISU会長の話では、「医学的見地から決めたルールだ」ということだそうです。たしかに体が軽ければジャンプも飛びやすいでしょう。でも真央選手の場合、ジャンプだけじゃなくて、すべてにおいてレベルが高いことが昨日の得点を見てもわかります。なのに出られないのって、やっぱりおかしいし残念。

あくまで私の考えですが、日本スケート連盟が彼女を押さない理由の1つには、今の日本女子のレベルの高さにもあるのではないかと思います。みんな出してあげたいほど高い実力でひしめき合っているので、彼女が出場できることになると1つ枠が減って、他の選手が1人出られなくなる。他の選手に対しての気遣いもあるのかなぁと思います。

とはいえ、今の日本女子で一番レベルが高いのは、間違いなく真央ちゃんなのだから、オリンピックに出場し世界の人々を魅了してほしいと願っています。

Posted by: たっくん母 | December 18, 2005 at 11:12 PM

たっくん母さん、レスが遅くなりすみません。
ルールと言われればそれまでですが、何か釈然としないモノがあります。そのルールを決めるときには今回のような問題を想定しなかったのでしょうか。万人が参加できる、それこそがオリンピックだと思うのですが。
そして、たっくん母さんのお考え、なるほどと思いました。出場枠ってあるんですよね。(←これも考えてみればヘンな話ですが・・・。)でも実際には「出られない」選手が出てくると問題が複雑になりますよね。一番いい方法は日本スケート連盟が「お願いします」って嘆願出せばいいのに、って・・・・。ダメですかねぇ。

Posted by: グリンデル | December 20, 2005 at 05:40 AM

グリンデルさん、こんばんは。フィギアおたくのセバスターでございます。グリンデルさんも真央ちゃんの演技に魅了されたのですね♪本当に彼女は素晴らしいと思います。まだ少しジュニアの滑りっぽいところもありますが、またそれが彼女の魅力でもありますし、何よりもあの軽々と飛ぶジャンプと天性の表現力!
何よりも今伸び盛りですよね。勢いがあります。やはりフィギアも他のスポーツ同様選手の低年齢化が進んでいますよね。まだまだ日本では選手に対する手厚いサポートがうまく行き届いていないので、どうしてもアマチュア選手の息が短く、残念です。
他の選手同様日本選手権で真央ちゃんが入賞したら、トリノに出場…というのが私の希望なんですけどね~やはり駄目なのかな?
それにしてもいつの間にか日本のフィギアの壁も厚くなりましたね。日本を制する者が世界を制する…と言っても過言ではないかも!
今週末の日本選手権楽しみですが、かなり選手にとって試合続きでハードなスケジュールですので、調整が大変そうで心配です。
グリンデルさんとフィギアのお話ができて嬉しいです。私は92年のアルベールビル五輪以来、フィギアおたくになりました。

Posted by: セバスター | December 20, 2005 at 10:35 PM

グリンデルさん、こんばんは。
もうお調べ済みかとは思いますが、出場枠3人というのは、去年日本人選手が頑張っていい成績だったので、3人枠を勝ち取れました。成績が悪いと、男子のように1枠になる可能性もあります。

今日の朝日新聞の社説に「日本スケート連盟が、3人枠のほかに真央ちゃん特別出場を働きかけたらいいのに」と書いてあり、「おー、それは他の日本人選手にも配慮した素晴らしい案だわ!」と思って読みました。

フィギュアスケートの話題は、とっても気になるので、いろいろ考えていました。
そもそも、オリンピックのフィギュアスケートにだけ、年齢制限があるのがおかしいのです。それだったら、世界選手権やGPファイナルも同じ年齢で制限をつければいいと思う。
それと、オリンピック全体でも同じ年齢で制限だったら、まだ納得がいくのですけど。岩崎恭子ちゃんは14歳でメダルを取っているのだから、水泳は14歳でも出られるのに、フィギュアは15歳なのにダメって、おかしい!とか考えていたら、熱くなってしまいました・・・。

Posted by: たっくん母 | December 20, 2005 at 11:23 PM

>セバスターさん、こちらでも熱いコメントありがとうございます。
「軽々と飛ぶジャンプと天性の表現力!」仰有るとおり、そこに魅了されました。選手層が厚い中でも断トツの実力の持ち主と素人目ながら思います。にわかファンとしても今週末の全日本選手権、楽しみです。
ところで92年のアルベールビルというと伊藤みどりでしたよね。そしてノルディック複合で日本チームが金メダル・・・・よく覚えています。

>たっくん母さん、熱いコメントありがとうございます。
出場枠の件、知りませんでした。なるほど成績が悪いと少なくなってしまうんですね。朝日の社説と同じことを私も考えてました。ホントそうなるといいなぁと思います。年齢制限の話はどう考えてもおかしいです。そもそものルールがルールとして成り立っていないと思います。オリンピックだけなんて。どんな年齢だって出場できる資格があると思うんですがねぇ。昨日の読売夕刊のコラムにこんな記事(↓)が書かれていました。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20051220ig05.htm

Posted by: グリンデル | December 21, 2005 at 05:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/7675122

Listed below are links to weblogs that reference 浅田五輪不参加決定に想うこと:

» フィギュアスケート:グランプリファイナル [アスピリンカフェでちょっと一息]
TOKYO 2005 FINAL フィギュアスケートのグランプリファイナルが17日 国立代々木競技場で女子フリーを行い 15歳の浅田真央が前日のショートプログラムに続きフリーでも1位となり 合計189.62点で初出場優勝を飾った。 グランプリファイナルファイナルでの日本勢の優勝は 2003年の村主章枝以来、史上2人目の快挙。 先日はエキシビションが行われ通常の試合では見れない演技を披露してくれた 浅田選手はトリプルア�... [Read More]

Tracked on December 19, 2005 at 05:53 AM

« うるおう空気清浄機 | Main | パズルマット »