« きかん坊 | Main | 手を挙げて「ハイッ」 »

January 01, 2006

2006初春~新聞報道にエッ!?

記事の最後に関連記事を集めてみました

この報道は読売新聞(1月1日付朝刊)、及びYahoo!ニュースにてのみ配信されたようです

皆さん、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。今年は家族一同、風邪など引かずに年を越せたことが何よりよかったです。しゅんも元気に目覚めました。でも・・・・朝から「いらないの」と朝ご飯をほとんど食べない困ったちゃん(><)。そんな年明けの朝、朝刊の一面記事にビックリしました。

幼稚園から義務教育

えっ!?なんのこと?思わず記事を読んでみました。

政府・与党は、現行の9年間の義務教育(小中学校)に幼稚園などの幼児教育を加えて期間を10~11年間程度に延長する方針を固めたのだそうです。これは、幼稚園から小学校へ進学する際の環境の変化が学力差を生んでいることから、幼稚園を含めた一貫教育をつくるのが狙いとのこと。また、幼児教育を無償にすることで、少子化対策を強化することも出来るとか。この制度は2009年(3年後)導入を目指して今後、検討されるとのことです。

さらに詳しくはこちらこちらをご覧下さい。

記事を読んでホントに出来るのかなぁと思ってしまいました。

確かに児童・生徒の学力低下を早急に食い止める必要があるのでしょうし、それ以外にも、低年齢化する不登校やいじめの問題にどう歯止めをかけるかが今後の教育問題の争点になってくるのでしょう。でも、今回の方針は「やりましょう」といってすんなり出来るほど簡単ではありません。幼稚園や保育園などでの教育を義務化するということは、今までのそれぞれの園のカリキュラム(時間割)を変えざるを得なくなり、独自色をうち消さなければいけなくなるでしょう。それ以前に公立の保育園や幼稚園を新たに作らなくてはいけないでしょう。そしてそこで働く教員も。そのお金は一体どこから捻出するのでしょう?また、記事で指摘されているように、所轄や法律の違いで遅々として進まない「幼保一元化」の問題もあります。教育基本法や学校教育法も改正されなければいけません。それらすべてを3年以内に全て解決出来るのでしょうか。

記事では「諸外国も義務教育期間を延ばす方向だ。日本も真剣に検討すべき時期にある」と与党の幹部が仰有っていると伝えていますが、比較した諸外国の乳幼児における家庭や地域での教育、子育て支援や現行の義務教育のカリキュラムをしっかり調べて話しているのかなぁって単純に疑問を持ってしまいました。右に倣え的な発想で安易にことを進めると後でゆがみが生じるって気がするのですが・・・・。

この方針は1月に召集される通常国会に提出予定の教育基本法改正案で義務教育9年間の規定を削除するところから本格的にスタートするのだそうです。しゅんにも直接関係することだけに今後のゆくえを見守りたいと思います。

今回の記事を読んで「小1問題」という言葉を初めて知りました。
(新聞の解説から抜粋→)低学年の児童が騒いだり、教室に入らなかったりして授業が混乱する問題。主に、(1)遊び中心の幼児生活から学校生活への変化についていけない(2)大人(教員)の関心を自分だけに引きつけたい・・・・などの要因が考えられる。

今の小学校って1年生でも大変なのですね。そして、今回の記事に全く触れられていなかった障害を持ったこどもたちの対応はどうなっていくのでしょう。正月早々、心配なことが増えました。

【追記】 on January 2nd, 4th & 7th
関連記事を集めてみました。
 ・幼稚園から義務教育 on アスピリンカフェでちょっと一息
 ・幼稚園から義務教育? on pocoのたわごと(≧∇≦)b
 ・義務教育延長か? on 気の向くままに・・・
 ・新年からこんな話題 on はなみずき保育園
 ・幼稚園から義務教育? on 毎日がチェミイッソヨ~Caramel Diary
 ・幼稚園の義務教育化について on 大好きだよ!!幸せの四つ葉のクローバー探し♪
 ・幼稚園から義務教育? on Y's WebSite : Blog ~日々是好日~
 ・幼稚園から義務教育? on Windy's MamaLog
 ・シンガポール 義務教育の中身 on しゃべるマーライオン
 ・幼稚園が義務教育になったらどうしよう。 on □□ ち び り ん。 □□



◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
以下のリンク先をクリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

|

« きかん坊 | Main | 手を挙げて「ハイッ」 »

Comments

あけましておめでとうございます。

リンクありがとうございました。
今年もまたしゅんくんの成長を楽しみに遊びに来させていただきたいと思います。

「幼稚園から義務教育」いったいどうなるんでしょうか。制度だけが先行して、子供達の負担になるようなことがないよう見守っていく必要がありますよね。

今年もどうぞよろしくお願いいたします

Posted by: ナオミ | January 02, 2006 at 02:20 AM

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします♪
興味深い記事ですね・・・
私のまわりでも友人の子が保育園と幼稚園一環のところに編入したと聞いて???何?それ?と、のほほんと聞いたことがありました。
自分たちが育った頃の教育制度とは変わりつつありますね。。。
どうなっていくのか不安です。

日々の生活に追われ、こういった大切なニュースすら知らなかった自分に反省です。。。

Posted by: nao* | January 02, 2006 at 03:44 AM

そうそう、これこれ、私もびっくりです。娘も引っかかる時期ですよね。
すでに保育所に通わせている我が家ですが、実は、4歳になったら幼稚園への転園させたいのですが、幼稚園は学校なので終業時間が17時とかなんで、両親がフルタイムで働いている間は、無理かな?と思っていたところです。でも、義務教育になったら、無理やりそうなるの??会社やめないといけないの??なーんて思ったりして..。それに今ある無認可の保育園の存在は??とか...。
しかも、公的な保育園では病児保育は無理だし...。そういうの全て解決してからにして欲しいな..。下手すると、逆に子供を産めなくなると思います。

Posted by: turuzou | January 02, 2006 at 08:52 AM

はじめまして。
TBありがとうございます。
私のほうでもTBさせてくださいね。

私の場合今1歳の娘のことももちろん心配ですが、自分の仕事も(保育士なので)どうなることやらと、二重に心配です。

たぶん、「小1問題」が小学校でかなり頭の痛い問題で、今の一年生になる前に集めて矯正したいのかなぁ・・・と私は思いました。
でも、保育園に通いたい通わせたい御家庭のニーズはどうして行くつもりなんでしょうね。

注意深く見守りたいですね。

Posted by: のあのあ | January 02, 2006 at 02:39 PM

TBありがとうございました。
たしかに記事で言われているような「小1問題」の現象がおきているのは確かです。かなり大変な状況のようですが、それは本当に幼稚園や保育園のせいなんでしょうか。昔だってそうだったのに問題にはなっていませんでした。もっと違ったところに問題があるような気がしてなりません。

Posted by: やま | January 02, 2006 at 05:05 PM

トラックバック返しさせていただきました。
お子さんがいると動向に目が離せないですね・・・。

Posted by: poco | January 02, 2006 at 07:06 PM

コメント、TBありがとうございました。
リンクまで貼って頂き、恐縮です。
お子さんの写真、とっても可愛いですね。
この子達の時代のために、より良い教育環境が整っていればいいですね。
ありがとうございました。

Posted by: kim | January 02, 2006 at 09:45 PM

はじめまして、こんばんは。
コメントに加えて、TB、そして記事のリンクまでいただき、ありがとうございました。
まだ、与党内での案なので、今後どうなるかは分かりませんが、このことが決議されると、おそらく、グリンデルさんの子供さんのしゅんちゃんが、幼稚園にあがられる頃には、幼稚園での義務教育化が実現されているかもしれませんね。
その時には、頭でっかちに学力をおしつけることなく、子どもたちが社会性や協調性を学ぶことができるように、無理なく受け入れるような内容であればいいですね。
では、今後ともよろしくお願い致します。

Posted by: おーちゃん | January 02, 2006 at 10:12 PM

皆さん、早速のコメントありがとうございました。

>ナオミさん、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします。
「制度だけが先行して、子供達の負担になるようなことがないように」~全くその通りです。誰のための制度なのかを常に考えながら改革を進めて欲しいですね。

>nao*さん、今年もよろしくお願いします。
「幼保一元化」という言葉、あまり知られていないですよね。「保育園と幼稚園一環のところに編入」といっても私もヘッ?って思ってしまったと思います。このニュース、新聞の一面に載らなければ私も見過ごしてしまったニュースだったかもしれません。私も同じように反省しています。今年は新聞、しっかり読も~っと。

>turuzouさんもびっくりされましたか。
4歳で転園を考えていらっしゃるとのことですが、保育園から幼稚園ってことあるのですね。初めて知りました。でも、今回の方針って保育園の行方が全く見えないですよね。その点がturuzouさん同様、心配なさっていらっしゃる方が多い点ですよね。逆に少子化を誘引することにならなければいいですね。

>のあのあさん、TB&コメントありがとうございました。
現場の方からのご意見、とても参考になります。「小1問題」は初めて聞きましたが、果たして保育園や幼稚園から小学校に上がる際の教育制度の違いから生まれるものなのでしょうか。そうではないと思うのですが。そして、保育園に通わせたい家庭のニーズ、ホントどうするのでしょうね。

>やまさん、TB&コメントありがとうございました。
仰有るとおりだと思います。小1問題って?それよりも親のかかわり、教員の威厳、こどもたちが外で集団で遊べる環境づくりなどを見直す必要があると思います。

>pocoさん、TB&コメントありがとうございました。
ホント今回の記事は自分に子どもがいないと気に留めなかった記事だったかもしれません。ましてブログに書きつづることなどしなかったでしょうね。でも、今回の記事でpocoさんを始め、たくさんの方とお知り合いになれたことはよかったです。

>kimさん、こちらこそTB&コメントありがとうございました。
「この子達の時代のために、より良い教育環境が整っていればいいですね」~ホントにそう思いますし、政治家の皆さまにはそういう制度づくりにご尽力していただきたいです。

>おーちゃんさん、早速のTB&コメントありがとうございました。
しゅんに直接関わってくる話だけにこれからの行方をしっかり見守っていきたいと思います。「頭でっかちに学力をおしつけることなく、子どもたちが社会性や協調性を学ぶことができるように、無理なく受け入れるような内容であればいいですね」~ホント仰有るとおりです。「生きる力」「人を思いやる心」を育てる教育を望みます。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | January 03, 2006 at 06:42 AM

はじめまして。新年早々のこの記事を、私はインターネットのニュース記事で知りました。ビックリしました。保育園は厚生労働省の所管、幼稚園は文部科学省の所管。この点だけを考えても、かなり難しそうな気がしています。
私のブログでも関連記事を書いていますので、TBさせていただきました。

Posted by: windy | January 04, 2006 at 01:19 AM

windyさん、はじめまして。コメント&TBありがとうございました。
とてもビックリする記事でしたよね。管轄の違うものをどうやってひとつにするのでしょうね。子どもや親たちが犠牲者にならない改革を望みたいです。
こちらからもTBさせていただきますね。

Posted by: グリンデル | January 04, 2006 at 06:31 AM

わざわざ御丁寧なコメントありがとうございました。
義務教育期間が長ければいいなんていう確証はあるのでしょうか? 私のBLOGでは学力と義務教育期間だけを考えてみましたが、今回のニュースそもそも焦点があまりはっきりしていないような気がします。でも幼稚園の無償化は賛成です。

蛇足:シンガポールのアンパンマン、なんかいんちき臭いです。オリジナルには勝てませんね。

Posted by: Kiasu | January 04, 2006 at 12:15 PM

Kiasuさん、早速のコメントありがとうございました。
大切なのは学校だけでなく家庭や地域での教育もですよね。子どもが小さいうちは出来るだけ時間を共有していきたいと思っています。
シンガポールのアンパンマン、どんな感じなのでしょうねぇ。見てみたいです。

Posted by: グリンデル | January 04, 2006 at 09:29 PM

グリンデルさん、コメントとTB、ありがとうございました。
義務教育期間の延長は、小さな子どもを持つ親としては、自分の子どもに直接関係のあることなので、とても気になりますよね。
また読みに来させていただきますね(^^)

Posted by: windy | January 04, 2006 at 11:39 PM

windyさん、旅行に出ていてレスが遅くなりました。
貴ブログ最新記事を読みました。
文部科学省は記事を否定したのですかぁ。
今後の展開がますます気になります。

Posted by: グリンデル | January 07, 2006 at 10:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/7951476

Listed below are links to weblogs that reference 2006初春~新聞報道にエッ!?:

» 幼稚園から義務教育 [アスピリンカフェでちょっと一息]
幼稚園から義務教育、延長幅1〜2年…政府・与党方針 幼稚園―小学校の区分による環境の変化が学力のばらつきを招いているため 幼稚園を義務教育に含め、一貫した学習体系を構築するのが狙いだって 幼稚園→小学校で学力のばらつきが有るのは当たり前 幼稚園は義務教育ではないので家庭の事情でいけない人もいる 公立の幼稚園・私立の幼稚園でも学力は全然違うだろう 保育園に行っている人もいる そもそも義務教育にするにはまだまだ公立の幼稚園の数は少ないのでは ... [Read More]

Tracked on January 02, 2006 at 07:47 AM

» 新年からこんな話題 [はなみずき保育園]
幼稚園から義務教育、延長幅1~2年…政府・与党方針.っていう記事を今日の一面で目 [Read More]

Tracked on January 02, 2006 at 02:41 PM

» 幼稚園の義務教育化について [大好きだよ!!幸せの四つ葉のクローバー探し♪]
「幼稚園の義務教育化」 昨日の新聞記事です。 子の記事をみた私と妹は、おもわず首を傾げてしまいました。 幼稚園の義務教育化の意図とは、一貫した学習体系を構築することによって学力のばらつきを防ぐ、集団に適応できない「小一問題」を防ぐ、というもののようです。  この記事には諸外国での実施例もあげられていましたが、諸外国と日本では違う点も多くあると思います。 例えば、欧米では幼児教育施設を「キンダーガーデン」と称します... [Read More]

Tracked on January 02, 2006 at 04:17 PM

» 幼稚園から義務教育? [pocoのたわごと(≧∇≦)b]
pocoです(≧∇≦)b 年始、一筆目ですw あけまして、おめでとうございます(*´ェ`*)ポッ 今年もよろしくお願いいたします。 義務教育について、変化があるようです。。。 幼稚園まで延長し....... [Read More]

Tracked on January 02, 2006 at 07:04 PM

» 幼稚園から義務教育? [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
読売新聞の1月1日付の一面の記事によると、義務教育が前倒しされ、期間延長が検討されているようです。 政府・与党は、小中学校の9年間と定められている義務教育に幼稚園などの幼児教育を加え、期間を10〜11年間程度に延長する方針を固め、1月に召集される通常国会に提出....... [Read More]

Tracked on January 02, 2006 at 10:06 PM

» シンガポール 義務教育の中身 [しゃべるマーライオン]
政府・与党は、小中学校の9年間と定められている義務教育に幼稚園などの幼児教育を加え、期間を10〜11年間程度に延長する方針を固めた。自民党文教制度調査会幹部は、昨今の児童・生徒の学力低下を背景に、「諸外国も義務教育期間を延ばす方向だ。日本も真剣に検討すべ....... [Read More]

Tracked on January 03, 2006 at 09:06 AM

» 幼稚園から義務教育? [Windy's MamaLog]
幼稚園から義務教育?保育園は?この記事を読んで、まず、そう思いました。 記事を読んでいくと、幼稚園に限ったことではなく、「義務教育の期間を1,2年延長して早くスタートすること」が与党方針であることが分... [Read More]

Tracked on January 04, 2006 at 01:15 AM

» 幼稚園が義務教育になったらどうしよう。 [□□ ち び り ん。 □□]
 正月一発目、旅館でくつろぐ私達の目に入ったのは、 「幼稚園義務教育化」 のニュ [Read More]

Tracked on January 07, 2006 at 02:59 PM

« きかん坊 | Main | 手を挙げて「ハイッ」 »