« コストコ・デビュー | Main | 地元・横浜鶴見@アド街 »

March 10, 2006

パラリンピック開幕v(^^)v

いよいよ、開幕しますと、書いてもあまり反応がないかもしれませんね。それほど日本ではまだまだ知名度が低いですね。金メダルを手にした荒川選手の華麗な演技の余韻覚めやらぬ中ですが、オリンピックが開かれた同じトリノでもうひとつのオリンピックパラリンピックが開幕します。

パラリンピックは障害者のスポーツの祭典。名称は「もうひとつの」を意味するパラレル(Parallel)とオリンピック(Olympic)を組み合わせた造語。夏の大会は1960年から(パラリンピックの名称は85年以降だそうです)と歴史は古いのですが、冬の大会は今回で9回目とまだまだ出来たばかりの国際的なスポーツ大会。今回のトリノでも競技種目は4つだけ(←因みに夏季種目は19もあります)。それでもそれぞれの種目では荒川選手や上村選手にも劣らないほど、いやそれ以上の「夢と勇気」を私たちに与えてくれることでしょう。

ところで、なぜ日本のマスコミ(特にテレビでの放映)はこのパラリンピックの模様を放送しないのでしょう。検索してもあるのはNHKのみ。頼みのNHKでさえ、開会式や閉会式のリアルタイムでの放送は全くなし。競技についても一日数回ダイジェスト版を流すのみ。これでは知名度が低いのは当たり前ですね。こういうことだから、いつまでたっても障害者との距離が縮まらないのです。どうにかならないものですかねぇ。でも、メダルを取る選手が増えるととたんに注目するようになるのでしょうね。なんだかヘンな国です。

今回の記事で少しでもパラリンピックに興味を持たれた方は以下の画像をクリックしてみてください。私の拙い説明だけでは紹介しきれなかったパラリンピックの素晴らしさ、障害を持ってもひたむきに生きようとする選手たちのありのままの姿をより分かっていただけるはずです。



トリノパラリンピック 日本代表選手応援バッジ
トリノパラリンピック 日本代表選手応援バッジ
トリノパラリンピック 日本代表選手応援バッジ


Yahoo!スポーツ×スポーツナビ トリノパラリンピック特集

Torino 2006 Paralympic Games(英語)

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
応援のクリックをよろしくお願いします・・・・m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
banner_02

|

« コストコ・デビュー | Main | 地元・横浜鶴見@アド街 »

Comments

今の身障者関連の問題への取り組みは、ひとつ大事な事を置き去りにしてしまっているのです。
それは、ずばり「美しくなること」。
「美しさ」こそが生命の基礎であり、これを抜きにして「障害の有無を越えた共生」など有り得ません。
英語のWebSiteを見て回ると、スポーツに限らず、モデルとして活動している人達なども見受けられます。
我が国でも、このような「美」を意識した活動が必要不可欠なのです。

Posted by: いぬ研究所 | October 28, 2007 at 05:43 PM

いぬ研究所さん、初めまして。
確かに「美しさ」の観点からの身障者関連の取り組みは
必要なことのひとつでしょう。
でも、障害者の生活の質を向上させるQOLの考え方が
未だ一般社会に浸透していないことが一番の要因だと思います。
障害を持っていることはやはり不利なこと。
その不利な部分を「道具」で補うことができれば・・・・。
障害を持っていても道具を使うことで健常者と同じような
ことができるようになるという発想。
道具を揃えることはかなりのお金がかかることですが、
このことが「障害の有無を越えた共生」の第一歩だと思います。
人間、何事にも真剣に取り組む姿は「美しい」ものですから。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | October 29, 2007 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/9032317

Listed below are links to weblogs that reference パラリンピック開幕v(^^)v:

» トリノ・パラリンピックが開幕 [白浜スポーツチャンネル764]
障害者スポーツの祭典、第9回冬季パラリンピック・トリノ大会は10日夜(日本時間1 [Read More]

Tracked on March 11, 2006 at 01:21 PM

« コストコ・デビュー | Main | 地元・横浜鶴見@アド街 »