« 「ばっこぉ~」とデジカメ | Main | さっぱり、スッキリ(^^) »

August 10, 2006

羨ましい環境@富山

今まで本格的に富山を旅したことはありませんでした。アルペンルートも長野側から入って室堂までは行ったことはあったりとか、高速で富山を抜けたことはあったのですが・・・。今回は2歳児連れの旅でもあったので、車で向かうのが便利だったのですが、長距離を一人で運転することも大変だと飛行機で向かうことに・・・。運賃はやや高いものの(特割で片道13,150円。JR利用だと12,010円)、機内は空いているし、たった1時間で富山に着いてしまうのにはとっても魅力を感じました。そして、さらに富山を旅してたくさんの魅力に出会うことになったのです。

◆◆海抜0mから3000mの山並みへ◆◆
富山の魅力は何と言っても海と山。今回の旅では、鉄道、ケーブルカー、そして高原バスを使って2時間あまりで雄大な山々の風景を楽しむことが出来る、その魅力にしゅんも満足したようです。富山の子どもたちは夏休みを利用して、山登りを楽しむのだそうです。そして、夜には満天の星空。初めて夏の大三角形を見ることが出来ました(ママはナマ天の川も見たそうです)。海にはあまり行けませんでしたが、宮崎海岸はとても綺麗な海でした。波打ち際で魚を捕っている人もいましたし、パパはヒスイの原石を拾えましたよ(^^)。それから、それから、大きな川もいくつか流れていて川遊びも楽しめそうです。

Tozan

◆◆チンチン電車健在◆◆
富山駅前に出て、まずしゅんが喜んだのはチンチン電車(富山地方鉄道・富山軌道線=市内電車)でした。日頃、DVDで見ていた路面電車(DVDでは東京の都電荒川線)が目の前を走っているのですから、興奮するのも分かります。北側の路線には今年開業したライトレールも。残念ながら乗れませんでしたが、環境に配慮した取り組みがなされている優しい街という印象を受けました。

Portram

◆◆街に咲く花、花、花・・・、そして緑もたくさん◆◆
後半に宿泊した砺波(となみ)は花の街。昨年、「フラワー都市」を宣言しました。市の中央には『砺波チューリップ公園』がありますが、街の中にも花がたくさん植えられています。花を愛する心が小さなうちから育っているのでしょうね。山々の自然もさることながら、街の中にも緑がたくさん。田圃も至る所にあって緑の穂が風に吹かれて揺れる姿は美しい。そして、ホテルの裏には『ちびっこ広場』という広い芝生のスペースがありましたよ。ベンチもない、芝生だけのスペース。凄いです。

Hiroba

◆◆日本の原風景との出会い◆◆
砺波平野には散居とよばれる風景があります。町を流れる庄川は肥沃な扇状地を形成、人々は自分の家の周りを田圃にしました。田園地帯に点在する家々は一軒一軒離れて建てられているために、陽ざしや風雪を防ぐ役目として家の周りに木々を植えました。その風景は日本の原風景を見ているようです。そして、富山南部にある五箇山。前記事でも紹介しましたが、合掌造りの集落が残る世界遺産地域。心が洗われるような素敵な風景に身を置くと、その場を離れたくなくなります。

Sankyo

たった6日間の富山の旅でしたが、パパもママも、そしてしゅんも富山が大好きになりました。こんな環境で子育てが出来ることを羨ましくも思ったりしました。また来年!今度は市電とライトレールに乗るぞ~。そして、ナマ天の川を見るぞ~。(^^)/


◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
応援のクリックをよろしくお願いします・・・・m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
子育てブログランキング

|

« 「ばっこぉ~」とデジカメ | Main | さっぱり、スッキリ(^^) »

Comments

グリンデルさん、楽しい旅行になったようで何よりです。
宮崎でヒスイを拾うなんてすごいですね。子どもの頃必死で探しましたけれど、見つけたことがないんですよ。あのあたりで夏というと「タラ汁」なんですけれど、召し上がりましたか?暑い中で熱いタラ汁をふうふういいながら食べたものです。それから出世魚のブリの、20cmくらいまでのを「ツバイソ」といって、それも必ず食べていたような。塩焼きです。

Posted by: ルートル | August 13, 2006 at 12:07 AM

ルートルさん、こちらからご報告に伺おうと思っていました。
富山が大好きになるような旅になりましたよ。そして、ヒスイですが・・・・。まあ、曰く付きというか、このことは後ほど紹介します。「タラ汁」は看板だけは確認したのですが、今回の旅でヒスイ海岸は一寸立ち寄るだけの場所だったので、足早に去ってしまいました。「ツバイソ」も含めて、次回の旅では食してみたいです。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | August 13, 2006 at 06:03 AM

初めまして。富山県の砺波市に住むものです。
検索でこちらのブログに辿り着いて、お子さんと富山旅行された記事が目に付いたので拝見しました。これだけ富山の良さを綺麗な写真でわかりやすく紹介されていて、県民として嬉しく思い思わず書き込みしました。
ずっと暮らしていてと当たり前だと思っていたふるさとが、そとから見ると(大学の4年間だけよそで生活しましたが)気づかなかった良さが見えてくるものだと感じています。
またいつか富山においでください(*^^*)
突然すみませんでした~

Posted by: ふみふみ | August 19, 2006 at 06:19 PM

ふみふみさん、初めまして。ようこそお越し下さいました。
砺波在住の方からコメントいただけるとは思ってもいなかったのでとても嬉しいです。ありがとうございます。ブログでは簡単な紹介だけで、本当は別サイトにちゃんと旅行記をアップするつもりなのですが、なかなか時間が取れずにいます。「綺麗」ではないのですが、いろいろと写真を撮ったので、折に触れブログでも少しずつ紹介していきたいと思っています。富山、もの凄く気に入ったので、来年の夏にまた遊びに行きたいと思っています。
貴ブログを少し拝見しました。散居村とミッフィー展の記事にTBさせてくださいませ。また、今後少しずつ別記事も拝読させていただきますね。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | August 19, 2006 at 09:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/11377755

Listed below are links to weblogs that reference 羨ましい環境@富山:

» 散居村展望台より散居村大パノラマを望む [青臭いきれいごと]
こちら、残暑厳しい日が続いています。 天気が良く青空が気持ちよく広がっていたので、チューリップ四季彩館の「ミッフィーのたのしいお花畑」を見た後に、夢の平スキー場近くの「散居村展望台」に行きました。この展望台は鉢伏山(標高433m)に建てられ、砺波平野に広がる....... [Read More]

Tracked on August 20, 2006 at 08:22 AM

« 「ばっこぉ~」とデジカメ | Main | さっぱり、スッキリ(^^) »