« コマツテクノセンタ | Main | ラゾーナ再び・・・ »

October 08, 2006

初ラゾーナ

午前中、先月末にオープンした川崎駅隣接の新スポット『ラゾーナ川崎』に行ってきました。開店して間もない時間でしたが、駐車場はかなり埋まっていて、何よりも店内の人の数に驚きました。まあ、大規模駅に直結したモールは他にあまり例がないから、そう感じてしまったのですが、考えてみれば電車で来る人たちもかなりいると言うことなのでしょうね。

今日はアカチャンホンポでオムツを買うことにしていたので、まずはその目的を果たすことに・・・・。横長(東西)に伸びる専門店ゾーンの天井はガラス張りになっていて、今日のような日は青空が望めてとても明るい雰囲気になっています。ラゾーナ自体かなり大きな施設なので迷うかなぁと思いましたが、横長の両サイド(東端と西端)に大型店舗を置く形になっているので、すぐに見つかりました。因みにアカチャンホンポは3階の西端にあります。

Lazona2_1

上の写真は専門店ゾーン。西端から東側を写したもの。一番奥(東端)にはビックカメラが見えます。川崎は東口にヨドバシとサクラヤがありますので、これで新宿に次いで3大量販店が集結した街となりました。下の写真はJR川崎駅に直結するルーファ広場。時間がなかったので、デッキから広場を1枚撮るだけに終わりました(^^;;。

さて、アカチャンホンポに到着するとしゅんの目がとたんに輝きました(^^)。入り口左手にはプレイモービルのお店があったのです。乗物のおもちゃがたくさんあることを2歳児は直感したのでしょう。パパの制止も聞かずに、すぐに駆け寄っていきました(^^;;。そして、そのプレイ・スペースを離れようとせず、延々と遊びはじめるのでした(^^;;。周りに椅子を配置した円いテーブルにはしゅんの好きなはたらく車がたくさん。特にお気に入りのパワーショベルやミキサー車もあって、もう大興奮。でも、同じような子どもたちがたくさん(ざっと数えても10名はいたでしょう)。中にはやや強引なお兄ちゃんもいるので、しゅんはその時に空いていた小さなショベルカーで遊んだり、牛や馬で遊んだりしていました。プレイモービルはドイツではレゴと双璧をなす超人気玩具。シンプルな造りなのですが、ディテールにもかなりこだわった本格的なおもちゃです。でも、如何せん、大きなものは日本ではかなり値が張ります。今回、遊んだミキサー車(30cmほどの大きさ)はナント1万円もします。しゅんには特別な日のプレゼントとして買ってあげるしかなさそうです。

Shun061008pmshop_1

無料でもらえる今年度版のカタログより
Pm2006katarogu_1

「お昼ごはんはお家で食べるから、もう帰ろうね」といっても「まだ遊ぶ」といって聞かないしゅん。結局、一時間ほど楽しんだ後、強制的に連行されてしまいました。その時の悔し泣きといったら・・・・。悔しすぎてパパの顔まで叩くほど(←これにはパパも怒りましたが・・・><)。ゴメンね、また連れてきてあげるからね。明日も休みなので、また行っちゃうかもしれません(^^;;。だって、しゅんがプレイモービルのショップから離れなかったので、ママやパパは他のお店を全く見られなかったしね。

プレイ・モービル公式サイト
 本国ドイツ版   日本版

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
応援のクリックをよろしくお願いします・・・・m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
子育てブログランキング

|

« コマツテクノセンタ | Main | ラゾーナ再び・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/12206975

Listed below are links to weblogs that reference 初ラゾーナ:

« コマツテクノセンタ | Main | ラゾーナ再び・・・ »