« 鎌倉散策のお薦めプラン | Main | ホテルからの礼状 »

November 26, 2006

さよなら、横浜のシンボル達

昨日、ミナト横浜を代表する2つのスポットに出かけてきました。私と同じオジサン世代の方ならピンと来る場所・・・・そう、マリンタワー氷川丸です。今や、みなとみらい地区の方が断然、横浜のメインエリアになっていますが、その昔は山下公園やフランス山(港の見える丘公園や外人墓地)が一大観光スポットでした。そして、マリンタワーと氷川丸はその中でもシンボル的な存在だったのです。

しかし、先日、マリンさんのブログ『横浜でパパが息子をパパラッチ in 横浜』マリンタワーと氷川丸が今年の年末を最後に営業を終了する、という情報を知りました。横浜市民なのに全く知りませんでした。公式サイトを覗いてみると、どちらも12月25日をもって営業を終了する、とのことでした。ただ、取り壊してしまうわけではなく、両施設とも存続の方向で動いているようです。マリンタワーは横浜市に売却され、2009年の横浜港開港150周年に合わせてリニューアルされることがすでに決まっています。氷川丸は元の所有者の日本郵船に売却が決まっていますが、今後はどうなるかハッキリしていません。ただ、横浜のシンボル的な保存船ですし、数年前には横浜市の有形文化財に指定された歴史的建造物ですから、そのままの形で残されるのではないでしょうか。日本郵船は今年中に結論を出すそうです。

しゅんにとってはどちらも初めて訪れるところでしたが、楽しんでくれたみたいです。ハマっ子のしゅんには、営業終了前にどうしても連れていってあげたかった場所でした。「45周年ありがとうキャンペーン」期間に入り、両施設とも半額で入場できることもあり早速行ってみました。

まず、向かったのはマリンタワー。昭和36年(1961)、横浜開港100周年の記念事業として建てられた10角形のタワー。地上106mの「世界最高の灯台」としてギネスにも認定されています。展望台にはシースルーエレベータで昇ります。フロアを歩いている時は全く気にならないのですが、ガラスにカメラを当てて外を撮影すると、展望台が風で揺れるのを体感できます。しゅんは横浜港の眺めよりも、上下の展望フロアをつなぐ階段や港とは逆の首都高を走る車に大興奮でした(^^;;)。

Shun061125marinetower

氷川丸は昭和5年(1930)から横浜・シアトル航路の貨客船として活躍。途中、戦争で中断(戦時中は病院船に、そして、戦後は復員・引き揚げ者の輸送船として活躍)するも、昭和28年に再び貨客船として復帰。戦前戦後を通じ、北太平洋を238回も横断したそうです。そして、昭和36年、開港100周年の記念事業の一環として、生まれ故郷の横浜に係留され、横浜港のシンボルとして不動の人気を博しています。船内は大きなエンジンルームからアール・デコ様式の船室(・・・・実は見過ごしてしまいました""><"")、操舵室、デッキなど自由に見学できます。しゅんは操舵室のクルクル回る舵や外に掛かっていた鐘に興味をもったようです。鐘は何度も鳴らして一寸ひんしゅくだったかな(^^;;。

Shun061125hikawamaru

営業終了まで1ヶ月を切り、いよいよカウントダウンが始まりました。横浜のシンボルが2つも同時に営業を停止してしまうのはとても寂しいです。横浜の人間としては、あののっぽのタワーと黒い氷川丸がない山下公園はどうしても絵になりません。とはいえ、お客さんが入ってくれなければダメなわけで・・・・・。横浜市と日本郵船の今後の頑張りに大いに期待しています。そうそう、ライトアップも見納めになるでしょうから、今度はライトアップされたマリンタワーと氷川丸を撮影しに行こうかな。


◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
応援のクリックをよろしくお願いします・・・・m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
子育てブログランキング

|

« 鎌倉散策のお薦めプラン | Main | ホテルからの礼状 »

Comments

マリンタワーと氷川丸営業を終了?!?!?!
全然知りませんでした;
ヨコハマ生まれ、ヨコハマ育ちとしては
あってあたりまえ、の2つの存在でしたから
悲しいですがグリンデルさんの言うとおり
お客さんが入らなければダメですよね;
私は見納めに行けなさそうなのでとっても残念ですが
是非グリンデルさん、ライトアップのマリンタワーと氷川丸の
写真、公開して下さいね!!
楽しみにしています。

ヨコハマっていいですよね~!

Posted by: nao* | November 27, 2006 at 07:34 AM

お久しぶりです!
もう終わりなんですね。
ニュースでは知っていたけど。
ずっと川崎横浜にいながら、両方入った事が無いや・・・
今度行ってこよう!
ありがとうございました!

最後の写真、しゅんくん海の男だぁ!!

Posted by: Towaママ | November 27, 2006 at 01:46 PM

>nao*さん、コメントありがとうございます。
そうだったんです。検索してみると10月頃報道されたようですが、
私もマリンさんのブログで初めて知った情報でした。
氷川丸とマリンタワーは同一の会社が経営していたのですが、
経営不振に陥り手放すことになったようですね。
「絵になる」だけでは収入になりませんからね。
ま、入場料が高すぎる、リピーターを呼べるような目玉に欠ける
ことなども原因でしょうけど・・・・。
ところで、nao*さんは同郷でしたかぁ。
横浜も日々変貌を遂げていますが、この辺りは昔のままの姿で
あり続けて欲しいものですね。

>Towaママさん、すっかりご無沙汰してしまってスミマセン。
コメントいただきとても嬉しいです。
是非、Towaくんを連れていらっしゃってください。
そして、素敵なお写真をバシバシ撮ってきてくださいね。
(↑あっ、これはTowaパパさんへのコメントも兼ねています)
最後の写真はママが撮りました。
久しぶりにいい写真を撮ってくれました。
(↑なんてダメ出しをしたらムッとされるだろうなぁ。)

Posted by: グリンデル(★お返事★) | November 28, 2006 at 12:30 AM

わ~、ステキなお写真の数々…
見れば見るほど、営業終了が惜しまれます。
しゅん君、とっても楽しそうなのできっといい想い出に
なったでしょうね。我が家も氷川丸の入場はまだなので
見納めに行きたいと思っています。
ライトアップの撮影…去年は手ブレだらけで失敗でした。
今年は気合いを入れて三脚を持って行こうかな。

Posted by: マリン | November 29, 2006 at 02:05 PM

マリンさん、コメントありがとうございます。
お知らせいただいたことに感謝いたします。
アールデコの客室を見ていないので、
もう一度行ってみたいのですが、私一人だと怒られそう(^^;;。
ライトアップ、私も三脚持参の予定です。
って、デジイチでないのでそれほど気合いを入れる必要ないですね。
そうそう、12月25日にもうひとつなくなるものがあります。
六本木プリンスホテルも営業を終了するそうです。
バブル時代の象徴にもなったホテルらしいですが、
設計は著名な建築家・黒川記章氏だそうです。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | November 29, 2006 at 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/12839732

Listed below are links to weblogs that reference さよなら、横浜のシンボル達:

« 鎌倉散策のお薦めプラン | Main | ホテルからの礼状 »