« ♪しゅんの朗読♪(動画) | Main | 親子カットで¥3,900也 »

February 16, 2007

2度のカミナリ

義姉宅でお世話になっていたときからママを困らせていたこと。それは、しゅんの我が儘ぶり。言うことを聞かずに何度も怒られていたそうです。お使いの帰り道、突然、「だっこぉ」。ママはハルを抱っこしてるんだからダメでしょ、と言うと、その場に寝ころんでしまって動かなくなることがあるそうです。道路の上で・・・です(^^;;。困ってしまいますねぇ。

そして、自宅に戻ってから、さらにヒートアップ。しゅんはイヤイヤ期に突入したようです。ま、弟が出来て自分もかまって貰いたい気持ちの表れなのでしょうが、親として譲れないラインを超えてしまうこともあります。昨日は仕事から帰ってから練るまでの間に2度もパパのカミナリに遭って大泣きしました。



""""""""""""""(><)"""""""""""""""



まずは夕食の時。風邪気味のしゅんは食後に薬を飲むのですが、食事が終わるとすぐに遊びモード。薬を一向に飲もうとしません。

しゅん、お薬のみなさ~い」
「ヤダァ」
「チャンと飲まないと風邪治らないよぉ」
「飲まなぁい」

そんな問答の後、パパが強硬手段。一番のお気に入りのどうぶつえんバスのパーツを別室へ。これにはしゅんもビックリ。「ごめんなさ~い。おくすりのむ~」と大泣きして謝ってきました。

2度目は寝る前。お風呂から上がってパジャマに着替えさせようとしたとき、なかなか着ようとしません。暖房はついているもののオムツ一枚では風邪がぶり返します。

「裸ん坊、ダメだよ~。パジャマ、着なさ~い」
「ヤダァ」
「パジャマ着ないの?」
「きな~い」


そこで、またまた強硬手段。寝る前に読む大好きな絵本を廊下にポイッ。「パジャマ着ない子は絵本要らないね」その結果、しゅんはまたまた大泣き。「パジャマきるぅ。ごめんなさ~い」

同じ晩にパパから2度もカミナリを貰ったしゅんでした。



◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
応援のクリックをポチッとよろしくお願いします・・・・m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
子育てブログランキング

|

« ♪しゅんの朗読♪(動画) | Main | 親子カットで¥3,900也 »

Comments

早速、コメントさせていただきます _(._.)_
「いやいや攻撃」・・我が家も子供二人ともします!
下の子はさすがに言っても無駄ですが、上の子は相手が本気で(どの程度)怒っているかを分かるようで、パパが怖い眼で見ていると態度が急変します(笑)
子供を怒ることは、親の愛情表現だと思います。
結構、怒るのって疲れますよね。まあ、我が子がちゃんとした人間に育つためには仕方がないことだと思います。

Posted by: ココチよいパパ | February 17, 2007 at 11:08 AM

グリンデルさん、こんばんは!
ご家族4人揃っての生活はいかがですか?
きっと賑やかで楽しくて、しあわせが詰まっているのでしょうね!
親としては大変な面もありますが、ご家族も増えて、喜びも2乗(もっとかな?)。これからのグリンデルさんのパパぶりがますます楽しみです。

しゅんくんのお風邪はいかがですか?我が家の近隣では水疱瘡やおたふくといった伝染性のある病気もちらほらと聞く今日この頃ですが、赤ちゃんがいるご家庭では病気は本当に気になりますね。どうぞお大事に!

さて、しゅんくんのイヤイヤ期のお話ですが、ウチのじゅりおを見ているようで、なんだか映像が浮かんできます。なんでも否定的な返事が返ってきて、こちらも消耗しきっている夕方などは本当にイライラさせられます。成長のためには乗り越えなくてはならない壁ですが、私もうつわが小さいもので、なかなか対応が難しいところだと実感しています。

ウチは単純なイヤイヤ期だと思いますが、しゅんくんの場合は、通常の自我の芽生える時期と、家族が増えた/お兄ちゃんになった時期が重なって、もしかしたら複雑な状態なのかもしれませんね。

ところで、「かわいそうなぞう」ですが、私も幼少の頃に読んで涙した記憶があります。しゅんくんはこの本にもう出会われたのですね!朗読までされて、すごいなー。感動しました!

Posted by: もね | February 18, 2007 at 12:49 AM

うちもそんな感じです・・・
なかなかいう事を聞かないんですよねぇ。
とりあえず、なんでも反抗するって感じです。
でも怒っている事がわかると言うこと聞くんですよねぇ。
子供なりに境界線を探ってるのかなぁ。

そうそう、薬だけは飲みたがるんですよね。
オレンジ味が美味しいのか、「お薬ちょうだい」っておねだりしてくるほど。
もう治ってるのに・・・

Posted by: Towaパパ | February 18, 2007 at 04:20 PM

>ここちよいパパさん、早速のコメントありがとうございます。
2人からの「いやいや攻撃」とは大変ですね。
でも、パパの怖い目で態度が急変するのですから、娘さんは偉いですよ。
しゅんの場合は、怖い目をしようが、言葉できつく叱ろうが、
全く動じず、かえってヘラヘラ笑いながら「遊び」モードになります。
強硬手段に出ないとハッキリと叱られていることが分からないようです。
ま、仰有る通り「我が子がちゃんとした人間に育つためには仕方がないこと」
ですから、頑張ります(^^)。また、遊びに行きますね。

>もねさん、すっかりご無沙汰してしまってスミマセン。
素敵なコメントありがとうございます。
しゅんの風邪は、お陰様ですっかりよくなりました。
でも、巷ではインフルエンザが流行っているようですから
気を緩めずに行動しようと思っています。
じゅりおくんもイヤイヤ期真っ只中なのですね。
ホント、夕方など疲れているときは大変ですよね。
今回のことも仕事から帰って、食事、お風呂、寝かしつけと
一連の育児の中でのことでしたから、感情を抑えるのに苦労しました。
「叱り方」ももっと学ばなくては・・・・と痛感しています。
ハルが産まれて、しゅんはもっと構って貰いたい、って思ってるのは
確かなようです。叱った後はギューッとハグしてあげてます。
そんなことで、親の愛情を感じてくれればと思ってます。
「かわいそうなぞう」、もねさんも涙されたのですね。
2歳でこの本に出逢えたことは親としてはホントにありがたいことだと思っています。

>Towaパパさん、コメントありがとうございます。
Towaくんも「怒っていることがわかると言うことを聞く」のですから
偉いですよぉ。しゅんは強硬手段に出ないと分からないんですから困ったものです(^^;;。
お薬は粉にしてもらってヨーグルトと一緒に飲ませます。
甘いからしっかり飲んでくれるので助かってます。
苦い薬だったらそうはいかないでしょうね。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | February 19, 2007 at 06:35 AM

こどもらしくてかわいいわがまま♪
そして、お父さんの対応のよさ。
なんだか、大変なんでしょうが、ほのぼのしてよみました。

おくすり、嫌がるのが普通なんですよね。
息子は、薬を切らしたことがない喘息児だったんですよ。
入院に慣れちゃっていたので、薬はのむもの、とあきらめていました。
自分から「そろそろのんどく」といったりして、症状も理解していました。
これって、楽な反面、かわいそうで胸が痛くなりますよね。

わがままいってくれる息子さん、
ずっとずっと、早く元気になって、おくすり嫌いの元気なお子さんでいてほしいです☆

Posted by: CHICO | February 19, 2007 at 01:31 PM

CHICOさん、こちらにも・・・・ありがとうございます。
息子の風邪はすっかりよくなったようです。
私の対応は、思ったときには行動に移してしまっていて
実は引くに引けなくなるときもあるんですよぉ(^^;;。
感情的になりすぎないように、自分も上手くコントロールしなくては。
さて、息子と薬ですが、(味が)嫌いではないようです。
大した理由もなく何でも「イヤ」って言っているだけのようで・・・・。
最近の薬は甘いですからねぇ。
それにしても、息子さんは小さい頃から大変な思いをされているのですね。
私も同じ立場なら胸が痛くなることでしょう。
薬なんて飲まないに越したこと無いのですが・・・・。
そう言うわけにはいかない病気もありますからね。
今ではもうお元気なのでしょうか。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | February 20, 2007 at 06:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/13938112

Listed below are links to weblogs that reference 2度のカミナリ:

« ♪しゅんの朗読♪(動画) | Main | 親子カットで¥3,900也 »