« うつぶせ寝 | Main | また、パパと遊びたいよ♪ »

June 02, 2007

1名様入園無料♪

今日、またまた富士サファリパークに行って来ました。様々なものに興味をもつようになったしゅんですが、やはり一番のお気に入りは動物たち(未だ『動物たち』と一文字多くいいます:^^;;)。特にサファリ系の動物が大好きです。ということで・・・・というわけでもなかったのです。だって、1回サファリパークに行けば・・・・・

入園料(クラブ会員料金)¥2,000×大人2名=¥4,000かかります(因みに、3歳児まで無料です)。でも、今回行こうと決めたのには訳があるんです。というのも、サファリパーク会員向けに送られてきたDMによれば、新観察ポイント『キリンテラス』完成を記念して、指定のページをプリントアウトして会員カードと一緒に提示すると、乗用車1台につき1名様入園無料という、とってもお得なキャンペーンを実施しているからなんです。さらに、このキャンペーンではポイントカード特典の入園券も併用できるとのこと。実は前回、この入園券を1枚もらっていたのです。つまり、大人2名分(¥4,000)がタダに。これは行くしかないな。思ったが吉日、土日の天気予報を見比べて、急遽行くことにしたのです。

キャンペーンのお知らせプリントと入園券
Safaridiscount

朝ご飯の後、「今日のお出かけは動物さんを見に行くよ」というと、案の定、しゅんは大興奮。「キリンさん」「ライオンさん」「ゾウさん」などの名が次々に出てきました。到着が少々遅くなりましたが、入園ゲートはガラガラ。でも、園内の駐車場はすでに満車に近い状態。すぐにサファリゾーンに入ると、第2駐車場に回されるだろうと、最初にウォーキングサファリをすることにしました。でも、結果として裏目に。新観察ポイントの『キリンテラス』周辺には当のキリンが全くいなかったのです。キリンたちは100m以上も離れた別の場所に群をなしていました(><)。ライオンの観察ポイントもけだるい雌ライオンが2頭いただけ。係員のベルに仕方なくエサを貰う始末。お昼近くに回ったのがいけなかったようです。でも、目玉の観察ポイントに1頭もいないのはいかがなものでしょうね。キリンテラスをもうひとつ作ってほしいと思いましたよ。ま、しゅんは2.5kmのコースを歩き通し、森林浴を楽しんだから良しとするか。

Shun070602walkingsafari

ハルは私がスリングで抱っこ・・・・とても静かにしていました。途中からは心地よい揺れが利いたのか、眠ってしまいました。

Haru070602safari

お昼を食べた後はサファリゾーンへ。キリンテラス付近にはキリンが・・・・(^^;;。やはり、ウォーキングサファリは朝一番か、午後に出かけるのがいいようです。サイとサイバスの2ショット撮れました(^^)v。

Shun070602safarizone

今回もしゅんは動物のフィギュアを買ってもらいました。今回はシロサイカバ。帰りの車では「ねないよ!」と豪語していたしゅんでしたが、数分後には夢の中へ。両手にはしっかりとお土産を握りしめていました。夢の中でも動物たちに出会っているのかな?

Shun070602kaeri

と、今日の記事はここでおしまいではなく、地域限定の朗報を。実は、今、富士サファリパークでは静岡県民と神奈川県民に優待キャンペーンを実施しているんです。なんと、指定ページをプリントアウトして、同県に在住している証明書(運転免許書など)と一緒に提示すると、乗用車1台につき大人1名分(¥2,700)が無料になるのです。さらに、同乗者も全員入園料を500円割引。ただし、他の割引サービスや無料特典は併用できないそうです。それでも、とってもお得なキャンペーン。静岡と神奈川にお住まいの方は是非、以下をクリックしてみてください。

■■静岡県民優待キャンペーン■■

■■神奈川県民優待キャンペーン■■

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
この記事を読んで富士サファリパークに行ってみたくなったら、応援のクリックをポチッとよろしくお願いします・・・・m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
子育てブログランキング

|

« うつぶせ寝 | Main | また、パパと遊びたいよ♪ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/15296829

Listed below are links to weblogs that reference 1名様入園無料♪:

» ベビービョルン 通販 [ベビービョルン]
   ■ ベビービョルン 通販   「誰にでも使いやすいデザイン」を・・・。   ベビービョルンの生まれたスウェーデンには、そういった風土があります。   豊かな森や自然に囲まれて暮らす人々の知恵であり、広い土地にお年寄りから、   赤ちゃん...... [Read More]

Tracked on June 03, 2007 at 10:07 PM

« うつぶせ寝 | Main | また、パパと遊びたいよ♪ »