« つながりうた『もりのおく』 by しゅん♪ | Main | 水遊び@日本が一番暑かった日 »

August 15, 2007

心のかよった医療とは・・・@ハルの診察で思ったこと

今日は、半日休みを取って、ハルのアレルギー(栄養相談)のことで紹介された大きな病院に行って来ました。受付を済ませ診察室に通されると、担当医が「今日はどんなことで来られたのですか?」と。はて?かかりつけの地元の医者に紹介状を書いてもらっているはずなのですが・・・。ママがそのことを説明すると、その担当医は、時々、そんなことも分からないのですか?って感じで話を制する場面も・・・・。かかりつけの医者の治療法、処方された薬については「その治療だと治らない」とも。だんだんとママの顔が険しくなってきました。端で聞いていた私も、我慢できずに担当医に向かって話し始めることにしました。

アレルギー症状の治療やステロイドの処方などについては医者によって色々な見解があるようですね。先生の仰ることは分かりますが、私たちはどうすればいいのでしょう。

その言葉を聞いたから?それとも、この親たちには基本的なことから教えなくちゃいけないと諦めたのか?まっ、それはどちらか分かりませんが、アレルギーのこと、ステロイドのことなどをプリントや写真を使って教えてくれました。話し始めると、まんざら悪い印象の医者ではありませんが、それでも、ハルの症状について、ママが「この子の症状はどうなんでしょう?」と尋ねると、「正常ではありませんね」との回答したり、診察中にもかかわらず、携帯(PHS)が鳴ると患者そっちのけで、電話に出たり(すみません、の一言もないんですよぉ)なんだか、嫌~な気分にさせる医者でした。自分の意見が一番って感じの高飛車な対応に、なんだかしっくりいかない診察となりました。この病院はハル以上に症状の重い子どもたちが来る場所なのかもしれませんが、それでもねぇ・・・。

それにしても、アレルギーやアトピーの領域って未だ治療が確立されていない分野だけに、病気の治療で医師の見解が統一されていないことが困りものですね。今回の担当医は、地元のかかりつけの医者と正反対の治療法を提唱しています。個人的には、今回の担当医の考え方に賛同することも多いのですが、「心のかよった医療」大事ですよねぇ。いくら腕のいい医者でも、患者への説明は言葉を使ったコミュニケーションですから、その説明で患者側に不安や疑問を持たせるのはどうかなぁ。今回の診察でママはホント、悩んでしまったようです(><)。親としては、ハルのアトピーが治ってくれることを切に願うばかりです。こんなに屈託のない笑顔を見せてくれるハル

Haru070815egao

私の子ども時代のような嫌な思いはさせたくありません。あっ、因みに今回の診察で、今後の食事療法として、アレルギー反応が弱い大豆から試してみることになりました。まず、ママが豆腐やみそ汁などを食べた後で、母乳を飲ませて様子を見る。症状が出なかったら、本人にも食べさせてみる。その結果をまた、来月の診察の時に報告する、という流れに・・・。ママの気持ちが安らぐ結果になっていることを望みます。

今日も暑かったですね。夕方、仕事からの帰り道、西の空にクマの形をした雲を発見。それはもう、テディベアのような可愛らしい形でした。でも、家に着く頃には形が崩れてしまってました(^^;;。それでも、しゅんをおんぶしてベランダに出て、しゅんに尋ねると・・・・

ウマさんとヘビ~♪

さて、そんな風に見えますかぁ。

Shun070815umahebi

Shun070815ombu


◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆

拙い写真ですが、応援のクリックをよろしくお願いします
ウマとヘビに見えた方、いらっしゃいますかぁ

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


ハルのアトピーが早く治るように
応援のクリックをよろしくお願いします・・・・m(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
子育てブログランキング

|

« つながりうた『もりのおく』 by しゅん♪ | Main | 水遊び@日本が一番暑かった日 »

Comments

ほんとに、日本の医者って、何なのでしょうね?親や弟も医者なんですけれど、私はとても根深い医者不信です。小学生の頃、鼻が悪くて毎週吸入に通っていたのですが、ある時、親が治るのでしょうか?と質問したところ、「半永久的に治りませんね」の一言で、とても深く傷ついた覚えがあります。ちなみに、今はほとんど気にならないぐらいに、よい状態です。スイスのお医者さんたちは、すばらしかったです。教育を含めた制度的な問題ですね。

Posted by: くまのみ | August 16, 2007 at 10:46 PM

こんにちは。暑い中の病院通いは大変そうですね・・・。
で、大変な中こんな対応されたら、むっと来ますね。しかも自分の事でなく大切な子供の事ならなおさらイラつきます。
私も最近病院通いをしてる中、駄目な病院(って言うか先生個人の問題)とそうでない病院を見分ける力がついたきたように思います。腕がいいとか悪いとかよりまず信頼関係が築けるかどうか!でしょうか。命を預ける先生なんですもん。大事だと思います。
もし、何回か通って納得できなければ、病院を変えてみるのもいいかもしれませんね。きっと、自分たちにあった病院が見つかると思います。
ハル君のアトピーが少しでもよくなるといいですね!応援しています。

Posted by: turuzou | August 17, 2007 at 10:17 AM

>くまのみさん、コメントありがとうございます。
日本の医者が全てとは申しませんし、たまたま今回そう感じたので記事にしました。でも、やはり医者とは患者が心から信頼できる人であって欲しいし、心に傷をつけるような発言など絶対にしてはいけないですよね。くまのみさんの子ども時代のお話、憤りを感じてしまいます。やはり、スイスはよかったですかぁ。仰有る通り、医師を育てる教育を根本から変えていかなければ、なくならない問題なのかもしれませんね。

>turuzouさん、コメントありがとうございます。
セカンド・オピニオンという言葉がよく使われるようになりましたが、大切なことかもしれませんね。でも、アレルギーの分野は記事にも書きましたが、それ以上に治療法が確立されていないから、更に難しいですね。今回、イヤだなぁと思った担当医の考え方って私が思っていたことに近いので、そういう意味ではこのまま、診察を続けていく方がいいのかなぁと思ったりもしています。応援、感謝しています。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | August 17, 2007 at 11:11 PM

はじめまして。
しゅんくんと同い年、もうすぐ3歳になる息子がアトピーです。
以前はそうでもなかったのに、この夏からどんどんひどくなって。
奥さんの気持ち、とても分かります。
いろんな手を尽くしても、目に見えた成果はなく、
子供はかゆがって眠れなかったり、私も毎日イライラと切なさと
願いとが入り混じった日々です。
うちの子も総合病院に行くと「これはまだマシなほう」に
分類されます。それでも、親としては必死なんですよね。
お医者さんは、言い方とかに本当に気をつけてほしいですよね。
言い方1つでこちらの気持ちがすっと軽くなること、ありますよね。

Posted by: sun | August 19, 2007 at 11:37 PM

sunさん、初めまして。コメントありがとうございます。
しゅんと同い歳の息子さんがいらっしゃるのですね。
今年はむしむしと暑い日が続いているので今まで以上に
アトピー性皮膚炎が発症したのでしょうか。
季節や環境の変化で違った症状が出ることもあります。
自分自身もsunさんファミリーと同じような境遇を過ごしてきたので、
心中お察しいたします。早くよくなるといいですね。
そして、仰有るように「他の患者と比べて欲しくないですよね」
こちらはこちらで必死なのですから。
ブログ、後ほど遊びに行きますね。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | August 20, 2007 at 09:35 PM

お久しぶりです。ひまわりです。
しゅん君もハル君も、すっかり大きくなって、成長が楽しみな毎日でしょうね♪
ところで今回の病院の先生の言葉や態度は、ひどいですね。
病院には、正直弱った状態で行く事が多いので(自分の体調が悪い時はもちろん、子供の体調が悪い時は、精神的にも参ってること多いですよね)追い討ちをかけるような事は、して欲しくないのですが・・・。
私も、医者の態度で腹が立つ以前にガッカリして、力が抜けてしまった経験があります。病院に行かなければ良かったと思ったほどでした。
その後、ハル君の様子、そして奥様はいかがですか?
早く、いい方向へいくように願っています。

Posted by: ひまわり | August 22, 2007 at 03:04 PM

ひまわりさん、こちらこそすっかりご無沙汰しています。
子どもの成長は早いですね。今日もテーブルから肩まで出す
しゅんを見てそう思ってしまいました。
一寸前まではテーブルに顔も出なかったのに・・・。
さて、コメントありがとうございます。
今回の様な医者のタイプは初めてだったので正直ビックリしました。
話には聞いていましたが、医者は患者よりも数段上タイプ、いるんですねぇ。
ひまわりさんもお辛いご経験があったのですね。
病院に行かなければよかった、というのは相当ですね。
その後はいいお医者さんに巡り会ってることと思います。
ハルは今日、久しぶりに地元の病院で診察を受けましたが、
「きれいになってますね」と言われたそうです。
薬も今までとは違ったものが処方されました。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | August 23, 2007 at 09:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/16138339

Listed below are links to weblogs that reference 心のかよった医療とは・・・@ハルの診察で思ったこと:

« つながりうた『もりのおく』 by しゅん♪ | Main | 水遊び@日本が一番暑かった日 »