« 偉かったね、しゅん♪ | Main | 久しぶりにIKEA港北へ・・・♪ »

November 13, 2008

緒形拳遺作『風のガーデン』が楽しみ♪

毎週、木曜日の夜10時からフジテレビ系で放送されている『風のガーデン』を楽しみにしています。このドラマはフジテレビ開局50周年記念作品。主演は中井貴一。脚本は倉本聰。『北の国から』『優しい時間』に続く富良野三部作の最終シリーズだそうです。今回のドラマのテーマは緩和医療。このドラマで初めてその言葉を知ったのですが、「治療を目的とした医療ではなく、症状(特に悪性腫瘍(がん)による症状をさす場合が多い)を和らげることを目標とした医療」(参考:緩和医療 - Wikipedia)のことだそうです。

■■物語■■フジテレビ木曜劇場『風のガーデン』より抜粋)
東京の有名医大病院の麻酔科准教授・白鳥貞美(中井貴一)。死期の迫った患者を楽にする緩和医療のエキスパートでもある貞美は、麻酔学界の権威である。その爽やかな風貌と明るさは、病院内でもひときわ目立ち、その華麗な女性関係は万人が黙認してしまっている。しかしその陰で、貞美自身が末期癌に冒されている事を知る者はいなかった。己の死を意識するにつけ、貞美の心に故郷・富良野に帰るという選択肢が浮かぶ。そこには父・貞三(緒形拳)と二人の子供・ルイ(黒木メイサ)、岳(神木隆之介)が暮らしているが、7年前から音信が途絶えている。貞美は、女性関係のもつれから妻・冴子を自殺に追いやった過去があり、そのことから父に勘当され、子供たちに会うことも許されていなかった。年老いた父は孫たちとともに、妻が残したブリティシュガーデンを育てている。季節ごとに咲くさまざまな花たちを風が撫でていくその美しいガーデンに、貞美が迎え入れられる日は来るのだろうか…?

さて、このドラマの放送開始直前の10月5日、残念なことに父親役の緒形拳さんが急逝されましたね。死因は肝臓癌だったそうですが、病気(肝硬変)が分かったのは約8年前に遡るのだそうです。その後、4~5年前に肝臓癌に・・・。しかし、本人の強い希望で、ご家族にだけその病気のことを伝えていらっしゃったのだそうです。その後は、適切な治療と検査をしながら、俳優の仕事に打ち込むことで病を克服してきたのですが、その願いは残念ながらここでとぎれてしまいました。『緩和治療』を地でいく俳優人生だったのですね。ドラマの中ではどのような思いで演じられたのでしょう。これからの展開での緒形さんの演技がとても気になります。

緒形さんは当に『昭和の名優』。とても素敵な俳優と思っていただけに残念です。地元に住む芸能人の方とあって、失礼ながら勝手に親近感を覚えていましたが、実は、今夏の北海道旅行で宿泊先のホテルで偶然、生前の緒形さんとエレベータでご一緒になる機会がありました。前述のドラマのロケで富良野のホテルにご滞在だったのです。私たちよりも上層階に宿泊されていたようで、下りのエレベータに乗り込むと、入り口そばに黒い外套をお召しになったスラッとした白髪のお年寄りがいらっしゃいました。その方が緒形さんでした。ロビー階までの数十秒、私は緒形さんのすぐ横で緊張して立ちすくんでいたことを今でも覚えています。その後、ロケ地に向かうのか車に乗られましたが、あのときが最後のお姿でした。遅ればせながらご冥福をお祈りいたします。

そして、前回(11/6)の放送で出演されていた寝たきりの老人役とその息子役の俳優さんとも朝食時に同じレストランでお隣のテーブル(といっても、間に柱がありましたが・・・)でした。あの日、富良野はまだ天気がよくなかったので、ロケはお預けだったのでしょうか。

夏の旅行が懐かしくなったので、そのレストランでのしゅんハルを・・・・。美味しい朝食でした(^^)
Shun080802hotelbreakfast

Haru080802hotelbreakfast

来春、一般公開予定の『風のガーデン』(自宅と庭園)は白亜のホテルから1.5km離れた場所(同ホテル敷地内)にあるそうです。
Furanohotel

ホテル内の散策路にて・・・
Furanoforest
 撮影は全て Nikon D40 + SIGMA 18-50mm 2.8F EX DC MACRO/HSM

今日で第6話が終わりました。舞台が富良野に移り、ストーリーに少しずつ変化が表れてきました。今はなき名優の演技だけでなく、その緒形さんから「(この作品は)中井貴一の代表作となる」と絶賛された中井さん。娘役、息子役、元恋人役・・・どの方の演技もとても楽しみです。もちろん、雄大な富良野の自然も・・・。

■■■参考サイト■■■
 風のガーデン 公式サイト on フジテレビ
 「風のガーデン」ロケ地、09年春一般公開 on 日刊スポーツ芸能ニュース
 上野ファーム
 緒形拳 公式ホォムペェジ『ハラハチブンメー』
 風のガーデン(6)「デルフィニウム」 on トカトントン

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆

『風のガーデン』を見てみたくなった方、
応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

応援のクリックをよろしくお願いします・・・・m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
子育てブログランキング

|

« 偉かったね、しゅん♪ | Main | 久しぶりにIKEA港北へ・・・♪ »

Comments

すいません、何度も(苦笑
下のお子さん、本当に良い表情ですね。
意志の強さを感じます。将来大物になるかも・・・

Posted by: シュンジ | November 14, 2008 12:42 AM

こんばんは。
私も風のガーデン楽しみにしている1人です。
毎週、ドラマのことをブログに書こうと思うのですが、
なかなかうまく言葉になりません。

静かなテーマがどっしりと構えていて、
そしてその上に、笑い、泣き、共感できるシーンがちりばめられている。
そんなドラマですね。
実は倉本作品は初めて観ます。
緒形拳さん、中井貴一さんが好きで見始めたのですが、
どの役者さんもいい味ですね。
緒形さんに会われたとのこと・・・きっと素敵な方だったでしょうね。

今日は「父をよろしくお願いいたします」でドッと泣きました。

Posted by: かぱはし | November 14, 2008 01:26 AM

グリンデルさん、こんばんは。
今、書いたコメントが消えてしまい(うちのネット環境のせいです)、ショックを受けつつも、もう一度!

ほとんどテレビを見ない私(フィギュアスケートはしっかり見ます^_^;)ですが、風のガーデンは毎週楽しみにしています。

正直な話、緒方拳さんが亡くなられなかったら、このドラマを知らず、見ることはなかったと思います。遺作ということで多くのメディアに取り上げられ、放送前にあらすじを知りました。
夏に行ったばかりの富良野でのロケ、しかも花の開花に合わせて長い期間をかけての撮影、ドラマの内容にも興味があり、木曜22時はテレビの前に座っています。
役者さん方それぞれが、ほんとにいい味を出しておられ、とても素敵なドラマですよね。

Posted by: たく母 | November 14, 2008 09:42 PM

>シュンジさん、ご返事遅くなりました。
コメントありがとうございます。
「意志の強さ」「大物」何とも素敵なお言葉です。
確かに我が家では今、一番強いかもしれません。
結構強情っ張りなんですよ。

>かぱはしさん、ご返事遅くなりました。
コメントありがとうございます。
仰るとおり、見る側のツボをわきまえているというか、
脚本にメリハリがありますよね。
シリアスな中にあの岳とガブの会話があったり・・・
誰もが知る『北の国から』はさておき、
この作品もテレビドラマ史に語り継がれる秀作に
なることでしょう。
エレベータの中、見てはいけないのだろうなぁと
その後はずっと別の方を見ていて・・・(^^;;

>たく母さん、ご返事遅くなりました。
コメントありがとうございます。そうですかぁ。
たく母さんも楽しみにしていらっしゃいますか。
あのガーデンは2年前から作り始めたとのこと。
その意気込みが凄いですよね。
咲きそろう花々を見ても脚本家の熱意を感じます。
来夏も北海道へいらっしゃいませんか?

Posted by: グリンデル(★お返事★) | November 16, 2008 06:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 緒形拳遺作『風のガーデン』が楽しみ♪:

« 偉かったね、しゅん♪ | Main | 久しぶりにIKEA港北へ・・・♪ »