« ファビコンづくりの薦め♪ | Main | 明日に備えて・・・・♪ »

December 13, 2008

それぞれの画風と『おもちゃの旅』♪

最近、兄弟揃って絵を描くようになってきたので、色数の多いクレヨン(16色)を買ったばかりだったのですが・・・・

Newcrayons
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

え"~(><)。おろしたその日にもうボキボキに折られている~(><)。犯人は・・・ハルです(^^;;。お兄ちゃんと違って筆圧が、いや、握力が強いのなんのって(^^;;。でも、絵(と呼べる代物ではありませんが)や色に興味を持ってくれているので、よしとしましょう。そのハルの描いた作品がこちら・・・
Picbyharu081211
パワフルな画風でしょう

どうやって描いているかというと・・・・
Haru081212drawpic
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

さて、お兄ちゃんは・・・というと、夕食後、クーピーを使って何やら絵を描いています。
Shun081211drawpic
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

最近は説明を受ければ、「ほ~、なるほど」と思える絵を描けるようになってきました。が、まだ筆圧弱いなぁ。ペンの持ち方も上の方だし、先が思いやられます。と、今回描いた絵はこちら(↓)。何を描いたか分かりますか?

Picbyshun081211

しゅんの説明によれば、真ん中下の赤いモノはトラクター。その右側の緑の物体は馬車(馬と荷車)。赤いトラクターの左にある青い物体は蒸気機関車。そして、右端の青いモノはテオドールという壊れたクマのぬいぐるみ・・・。なるほど~(^^)。

実はこの絵、スイス人絵本作家ハンス・ウイリッヒ・シュテーガーの『南の国へ おもちゃの旅』(原題:Reise nach Tripiti)という絵本に登場するおもちゃたちを描いたモノなのです。

こちらがその絵本の表紙
Reisenachtripiti

先月、偶然、スイス・バーゼル市にお住まいのハイジさんのブログと出逢い、この絵本のことを知りました。スイス好きの私はその記事を読み、是非、しゅんハルに読ませてあげたいなぁと思ったのです。作家のホームページを訪ねると、ナント(!)日本語訳が存在することが判明。そして、上で紹介した邦訳本を手に入れることが出来たのです。早速、読み聞かせをすると、しゅんはすぐに物語の世界へ。旅の一員となり南の海辺の村トリピティ目指して旅を楽しんでいました。この絵本は今から実に40年も前の作品(邦訳本は1996年初版とのこと)。良書は時代を超えても子供達の心に響くモノなのですね。興味を持たれた方は是非(^^)v。




スイス好きとしては、クマのぬいぐるみのテオドールが暮らしていた街はどこなのか?フローラに出逢った峠はどこ?(ホスピッツが建っていますね)。どのルートを通ったのかなぁって気にしちゃったりしてます。トリピティ村はビーナスで有名なギリシャのミロ島に実在するのです。但し、実在のトリピティ村は丘に広がる村のようですが・・・。スイスからギリシャまで・・・・空想の世界とはいえ、おもちゃたちの旅に私も興味津々です。

素敵な絵本に出逢わせてくれたハイジさんには、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしく。

■■関連サイト■■
 絵本の旅 on スイス便り
 H. U. Steger (原作者シュテーガーさんの公式サイト)
 Milos tripiti, cyclades (トリピティ村ガイド)

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆

『南の国へ おもちゃの旅』を読んで一緒に旅してみたくなった方、
応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

応援のクリックをよろしくお願いします・・・・m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
子育てブログランキング

|

« ファビコンづくりの薦め♪ | Main | 明日に備えて・・・・♪ »

Comments

グリンデルさん、こんにちは。これにコメントしない訳には行きませんね。(^_-)素敵な記事にしていただき、こちらこそお礼を言わなきゃです。どうも有難うございました!

たしかに、絵本を読んでいると、ここはどこだろうって気になってしまいますよね~。トリピティ村がミロ島にあることさえ知りませんでしたので(^_^;)今後、新しい情報を入手することは難しいと思うのですが、もし何か分かったら、お知らせしますね。

しゅんくんの絵、雰囲気出ていますよ~。一生懸命に描いてくれた姿には、心打たれます。そして、ハルくんの絵も、エリック・カールを彷彿とされる、カラフルでパワフルな絵。お二人に、拍手です!

Posted by: ハイジ | December 13, 2008 at 09:12 PM

うちのも筆圧弱くて・・・
たまに見えないくらいにか細くて(^^ゞ
どうしようって思うんですが、来年から幼稚園で少し揉まれてくるかなぁと期待を(^_^;)
ハルくんくらいの力強さが欲しいですよね~。
しゅんくん見てると、うちのと似てるなぁって多々あって面白いです(^O^)

Posted by: BOBO | December 14, 2008 at 06:04 PM

>ハイジさん、早速のコメントありがとうございます♪
いえいえ、ホント素敵な絵本と巡り合わせて
いただいたことに只々感謝です。
それも、しゅんがすぐにハマってしまうほどの作品に・・・。
情報ありましたらよろしくお願いいたします。
「エリック・カール」(@@)
これ以上ないお褒めの言葉、恐縮です。
そんな才能が隠れていると嬉しいのですが。
スイスからだと地中海は近くていいですよね。
私の憧れの場所はクロアチアなんですよ。
もちろん、スイスにも再訪したいのですが・・・・。

>BOBOさん、コメントありがとうございます♪
そうですかぁ。Tくんも筆圧弱いですかぁ。
何でなんでしょうねぇ。
幼稚園で揉まれる・・・気が弱いしゅんは
文字を書く勉強が嫌いなようです(^^;;。
ということで、自宅でも持ち上げながらやってます。
Tくんと似ているところが多い・・・嬉しいですが、
うちのは運動が苦手なようですよぉ。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | December 15, 2008 at 05:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/43406418

Listed below are links to weblogs that reference それぞれの画風と『おもちゃの旅』♪:

« ファビコンづくりの薦め♪ | Main | 明日に備えて・・・・♪ »