« 集中して・・・♪ | Main | 観察中♪ »

June 30, 2010

雑記@W杯 感動をありがとう♪

初めてのベスト8をかけて日本代表が南米の強豪パラグアイと対戦しました。両者死闘を続け、30分の延長戦でも決着がつかず、PK戦に託されることになりましたが、健闘むなしく、日本代表は破れてしまいました。あのPK戦のリプレイを見ると、今でも涙を浮かべてしまいます。しかし、それまでの予選リーグでの3つの戦い、そして、今回の試合を見てきた誰もが、その大健闘をたたえたいと心に思ったことでしょう。試合を経験するたびに、チームの結束力が強くなり、仲間を信じて、最後まで諦めない気持ちが随所に見られ、私同様、彼らの戦いぶりに感動し、何かを得た方がたくさんいらっしゃると思います。その中でも、特に、私は「チームワーク」の大切さを改めて教えて貰いました。子育てで、仕事で・・・いろいろな相手との「チームワーク」が如何にいい結果を残すことになるか、そして、次へ繋がるベースとなるか、ということを。感動をありがとう。いつまでも「記憶」に残る素晴らしいワールドカップでした。この流れが日本のサッカー界の未来を変えるものとなりますように。

■■監督・選手のコメント(抜粋)■■

岡田武史監督 選手たちは頑張っていたので勝たせてやりたかった。私の力が足りなかった。まだまだ、そんなに簡単じゃないよと言われている気がする。僕らは一貫して何も変わらなかった。選手がよく付いてきてくれた。

長谷部 誠選手 このチームメート、コーチングスタッフ、みんなとW杯を戦えてよかった。日本の皆さんに気持ちは見せられたと思う。ぼくたちの強みはチームとして戦うこと。自分はキャプテンとして何もしていないが、チームはだんだん強くなっていった。本当にこのチームはチームワークが素晴らしかった。最後のPKは運のようなもの。誰が悪いわけではない。熱い応援をありがとうございました。ホントに感謝しています。ほとんどの選手がJリーグでプレーしてるんで、Jリーグの方にも足を運んで盛り上げてもらえたらなぁと思います。

田中マルクス闘莉王選手
 これほど一瞬一瞬を思い切って味わえたことが良かったと思うし、この最高の仲間と、こういう機会を与えてくれた神様に感謝しないといけないです。チームとして最高でした。申し分ない、最高の人たちだったと思います

長友佑都選手
 手応えを得た、いいW杯だった。涙を流して、悔しさを味わった僕や(本田)圭佑、オカ(岡崎慎司)たちが(つかんだ手応えを)つないでいかないといけない。(これからは)僕らが代表を引っ張る存在にならないと。世界で戦うために何が必要かを強く感じた大会だった。


追記・・・プレミアリーグの強豪アーセナルのベンゲル監督
元名古屋グランパスエイト監督で日本通でもあるベンゲル氏は、決勝トーナメントに進出した日本代表について「日本の文化をよく象徴したチームだった。堅実で組織的なディフェンスを基本としており、選手全員が何をすべきかを理解していた。そして、ボールを奪えば、本田にボールを供給する。そこからマジックのように動く」と述べた。本田については「天才。私にとって、これまでのところベストパフォーマーだ」「トップクラスの選手としての働きを見せた」と最大の讃辞を送った。
EURO SPORTのインタビューに答えて・・・

|

« 集中して・・・♪ | Main | 観察中♪ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/48781513

Listed below are links to weblogs that reference 雑記@W杯 感動をありがとう♪:

« 集中して・・・♪ | Main | 観察中♪ »