September 18, 2010

北陸の旅2010(9) 初めての花火大会@手持ちで撮影(^^;;)♪

素敵なコラボ企画『涼の日』参加からすでに4日が経ちました。たくさんの心温まるコメント、そしてTBありがとうございました。遅くなりましたが、滞りなくご訪問&TBせていただきました。拙いブログですが、これからも末永くご贔屓にm(_ _)m。尚、拙ブログへのコメントについては時間の都合でまとめレスという形にさせていただきましたこと、改めてお詫び申し上げます。

さて、『涼の日』企画に完全燃焼してしまい、更新をサボっていましたが(^^;;)、久しぶりの更新は今夏の北陸旅行の続きです。旅程を計画していた際、金沢で大きな花火大会が開催されることを知りました。夏の風物詩である花火大会はわが地元でも開催されますが、開催時間や混雑度を考えるとなかなか小さなしゅんハルを連れて行くことができません。でも、折角の楽しいイベントでもあるし、旅行中とのことで花火大会を見せることにしたのです。

第50回記念全国選抜北陸中日花火大会

夕飯に選んだ美味しい回転寿司のお店が混んでいて、花火大会が始まる頃に店を出ることに。ホテルのエレベータホールからも観覧できますよ、と従業員の方に伺ったのですが、やはり大きさと音で満足できず、急遽、タクシーを飛ばして会場付近へ。犀川沿いの土手道はすでに人、人、人。でも、なんとか場所を確保して花火を楽しみました。最初は大きな音に怖がっていたしゅんハルでしたが、華麗な花火の競演に夢中で見入っていました。そして、撮影開始(^^)

Kanazawahanabi1

Kanazawahanabi2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

花火の撮影はこれが始めて。三脚などもちろんなく、手持ちでの撮影。しかも、後半はハルが飽きてきて・・・私の膝の上でバタバタ(^^;;)。レンズの性能とブログサイズに助けられての写真をもう少しご堪能ください。来年はもっと勉強してから撮影に臨みます。

Kanazawahanabi3

Kanazawahanabi4
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
拙い中にも花火の華麗さが伝わったら、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 11, 2010

『北陸の旅2010』続編の予告(^^;;)♪

記事を纏めるのに時間がかかり、なかなか夏旅行の記事をアップできず、別記事に逃げていました(^^;;)。さらに、面倒くさがって『北陸の旅2010』のカテゴリーを作っていなかったので、それぞれの記事がバラバラになっていました(^^;;)。週末、少しまとまった時間が取れれば、旅行記の続きをアップしようと思っています。

取り急ぎ、カテゴリーに『北陸の旅2010』を追加。今までの(1)~(8)までの記事をまとめて見られるようにしました。これからの予告編として旅行の時のスナップも数枚載せておきます。

福井県児童科学館『エンゼルランドふくい』
Angellandfukuiset

初めての花火撮影(^^)
Hanabi100807set

トイレにも化石が?
Shun100809parkingtoiletset

ホテルでのひととき
Shunharu100806sori

新幹線Maxに乗って・・・
Shunharu100809maxtoki
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM


カテゴリー『北陸の旅2010』on Grindel's Graffiti

Shun100806gokugoku

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
『北陸の旅2010』の続編に期待を込めて、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (9) | TrackBack (0)

September 01, 2010

北陸の旅2010(8) 恐竜王国・福井県勝山市内でスナップ♪

すでに4種類の恐竜の化石が発掘されている恐竜王国・勝山市には至る所に恐竜のオブジェが飾られていたり、足跡のペイントが描かれていたりします。福井県立恐竜博物館の遠景を写した田圃の脇の歩道には・・・

Nearfpdm
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

宿泊したホテルのロビーには・・・
Shunharu100805hotellobby
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

鉄道の玄関口、えちぜん鉄道勝山駅には・・・
Katsuyamaeki2

ホームにも・・・
Katsuyamaeki
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

市内を走るコミュニティバスのボディにも・・・
Haru100806communitybus
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

その他、勝山市内を走る国道157号線は『恐竜街道』と呼ばれているし、地球科学的に見て重要な自然遺産を含む、自然に親しむための公園『ジオパーク』(国内登録)にも認定されているのです。さすが恐竜王国、勝山。


ブログかつやま(勝山市公式ブログ)

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
恐竜王国に行ってみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 29, 2010

北陸の旅2010(7) 大型遊具@かつやま恐竜の森♪

福井県立恐竜博物館のあるかつやま恐竜の森には子どもたちが思いっきり遊べる大型遊具のある広場が2つあります。ひとつは博物館の駐車場脇にあるチャマゴン広場。規模はそれほど広くはありませんが、雑木林の斜面を上手く利用したローラー滑り台(スギヤマリュウ滑り台)やターザンロープが人気です。ここは樹木の木陰にある遊具なので炎天下をしのげます。

Haru100806chamagonhiroba
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

チャマゴン広場紹介 on かつやま恐竜の森

もうひとつは博物館を通り過ぎて公園の奥にあるティラノサウルス広場。ここには大きな鉄製遊具があります。ティラノサウルスとアパトサウルスの巨大模型が遊具の中央で戦っています。その大きさに嬉しくなったのか、しゅんハルも早速、楽しそうに遊びはじめました。

Shunharu100806tyranohiroba
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

ただ、そばには水遊びのできる池もあるので、一日中遊んでいられそうな場所ですが、遊具に関しては、真夏は鉄が熱くなって容易に触れなくなりそうです(^^;;)。この日は朝9時半くらいに広場に着いたのですが、すでに炎天下。すぐに汗ビッショリになるし、すでに熱くて触れない遊具もあったりと、早々に引き上げて博物館に入りました。

ティラノサウルス広場紹介 on かつやま恐竜の森

かつやま恐竜の森 公式ホームページ
http://www.kyoryunomori.net/

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
恐竜の森の大型遊具で遊びたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 26, 2010

北陸の旅2010(6) 化石発掘体験@かつやま恐竜の森♪

夏の旅行でしゅんが楽しみにしていたのは、福井県立恐竜博物館のあるかつやま恐竜の森(その施設内の「どきどき恐竜発掘ランド」)で体験できる化石発掘。事前にネットで予約を入れていたので何回も体験できましたが、ほとんどの回が満員になっていて、このイベントは大人気のようです。

1回(説明を含めて)1時間の化石発掘体験。料金は300円。体験できるのは4歳児から中学生まで。子ども1人につき、安全のために保護者がひとり付き添えます。子ども用の軍手は貸してくれないので100円で購入しました。高いけど想い出になるかな?金づち、タガネ、目を保護するゴーグルは貸してくれます。体験スペースには恐竜が発掘された勝山市北谷の現場からトラックで運ばれた岩石が無造作に置かれていました。しゅんにもゴーグルをかぶせて、いよいよ、体験のスタートです。

Shun100805kaseki0

Shun100805kaseki1
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

金づちとタガネはしゅんには重すぎたようで、たたきが弱いのでほとんど私が岩石を割りました・・・(^^;;)。岩の割り方にはコツがいるようで、暫く叩いていると、割れやすい石とか割る方向とかが分かってきます。そして・・・

Shun100805kaseki2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

ついに、植物の化石を見つけました~♪でも、その後、やっていくうちに植物の化石はすぐに見つかることが分かりました。やはり、恐竜の化石を見つけるのは難しいようです。説明の中で、前日の参加者200人の中で1人だけ恐竜の化石を発見したそうですが、容易に見つけることはできないのでしょう。そう言われるとますます探したくなります・・・って考える付き添いが多いのでしょうね。因みに、自分で見つけた化石はこぶし大くらいの大きさなら持ち帰ることができます。しゅんもいくつか持ち帰りました。ただ、恐竜の化石が出てきても持ち帰ることはできません。日本の古生物学の貴重な資料として博物館に寄贈して貰いたいのだそうです。標本の展示に際しては発見者の名前を付けますからと言っていました。運ばれてくる岩石は調査済みの岩石でしょうけど、その中にも発掘調査団が見つけられなかった化石を見つけられるかもしれない、ということを考えて作られた企画でしょうか。そうであれば、上手い商売です。

なんて野暮なことは考えないことにしないといけませんね。石を割って出てきた化石がたとえ植物であっても、それは今から1億2000万年前の白亜紀という遙か昔からの貴重な贈りものなのですから・・・。しゅんは恐竜の化石を見つけられずに悔しがっていましたがね。

Shun100805kaseki4
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

かつやま恐竜の森 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
化石発掘体験をやってみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 25, 2010

北陸の旅2010(5) 福井県立恐竜博物館(その2*特別展)♪

福井県立恐竜博物館では、11月上旬まで『アジア恐竜時代の幕開け』という特別展を開催しています。常設展のみだと入場料は大人500円ですが、特別展も見られるチケットは1,000円。でも、その価値はありそうです。特別展は館内3Fの展示室で開催されているので、何度でも再入場は可能です。

Fpdmentrance

Shunharu100805asiandino1
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

特別展のテーマは、三畳紀に産まれたアジアの恐竜たちがどのような進化を遂げたのかを中国で発掘された古いタイプの竜脚類や今年、学名が付いた福井県産の恐竜(竜脚類では日本初のフクイティタン)、アジア初公開の恐竜の化石などを展示して解説しています。ルーフェンゴサウルスなんて初めて聞きました。しゅんは知っていたようですが(^^;;)

Fpdmtokubetsuten

Fpdmtokubetsu2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

特別展の最後には恐竜と一緒に写真が撮れる撮影コーナーも用意されていました。

Shunharu100805asiandino2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

福井県立恐竜博物館 公式ホームページ

特別展「アジア恐竜時代の幕開け」特設サイト

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
福井県立恐竜博物館にますます行ってみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 21, 2010

北陸の旅2010(4) 福井県立恐竜博物館(その1*常設展)♪

旅行2日目、いよいよ福井県立恐竜博物館を訪れます。しゅんが夢に描いていた博物館です。8割もの国内の恐竜化石は福井県内で発掘されたのだそうです。その恐竜王国福井に2000年7月にオープンした国内屈指、いや世界最大規模の恐竜博物館です。無柱空間の巨大ドーム内には所有する全身骨格は40体(そのうち6体は実物骨格)もあります。そして、今年10周年を迎えた博物館は常設展示フロアをリニューアルしたり、特別展としてアジアの恐竜展の開催を開催したりと、その質と量には感動すら覚えます。

稲穂が顔を出す田圃の向こうに光り輝くドームが・・・
Fpdmenkei

正面玄関前でパチリ
Shunharu100805fpdm1ent

入場するとその造りに圧倒されます
Fpdmkannai0

10周年の目玉、動くティラノサウルスが1Fフロア中央に・・・
Fpdmkannai4
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

しゅんハルも大満足。旅行中、2日間も通い詰めました(^^)。展示について詳しいことは、恐竜博物館の公式ホームページ(バーチャルツアーが充実)に任せることにして、しゅんハルの様子や展示されている恐竜のスナップをどうぞ。

Fpdmkannai1

Fpdmkannai2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

博物館のある福井県勝山市で発見された恐竜はすでに4体。そのうちの3体に正式名が付けられています。

アロサウルス類の肉食恐竜 フクイラプトル・キタダニエンシス
イグアノドン類の草食恐竜 フクイサウルス・テトリエンシス
竜脚類ティタノサウルス形類 フクイティタン・ニッポネンシス
そして、2007年発掘の小型肉食恐竜ドロマエオサウルス類

フクイラプトルの複製と一緒に・・・これも動きます
Shunharu100806kinen2

フクイサウルスの複製と一緒に・・・
Shunharu100805fpdmkinen1
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

福井県がアメリカから購入した「カマラサウルス」のほぼ全身の化石も2階の「ダイノラボ」に展示されています。特別展も含めるとまる一日がかりの見学になりそうなほどの規模。いずれ記事にする大型遊具のある広場や化石発掘体験なども行うと1日では足らないでしょう。日本の古生物学研究の最前線の施設と行って過言ではありません。そのことは館内のクリーニング室の公開で垣間見ることができます。現在は、購入したカマラサウルスの化石を綺麗にクリーニングしている作業を見ることができますよ。

Fpdmkannai3
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

ところで、各恐竜の全身骨格の前に小さな模型も合わせて展示されているのですが、同博物館の恐竜模型は全て、恐竜造形師の荒木一成さんの作品なのだそうです。前に紹介した白山恐竜パーク白峰に飾られている恐竜の複製標本も荒木さんの作品。恐竜造形の第一人者でいらっしゃる荒木さんのHPも是非ご覧ください。
 荒木一成の恐竜模型の世界

■■福井県立恐竜博物館メモ■■
 ●専用駐車場 無料
 ●再入場はチケットを見せるだけで何度も可能(特別展も!)
 ●化石発掘体験の施設までは徒歩5分ほど
 ●ミュージアム・ショップは狭いですが、かなり品揃えは豊富です
 ●食事は館内のレストランか駐車場にある食堂で・・・
 ●2日以上通うなら年間パスポートを購入した方がいいですね
  年間パスポートで特別展も含まれるようです・・・
  気がついていれば(^^;;


福井県立恐竜博物館 公式ホームページ
  http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

Shunharu100805ousside
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
福井県立恐竜博物館に行ってみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 16, 2010

北陸の旅2010(3) 白山恐竜パーク白峰♪

いしかわ動物園を出て次に向かった先は、今回の旅のテーマ「恐竜」に関係する施設。いよいよ恐竜王国への扉を開ける時が来ました。県道・加賀産業道路から国道360号線、157号線を経由して白山方面へ。この日から連泊する勝山に行く途中にある『白山恐竜パーク白峰』が目指す場所です。到着したのは午後3時半近くになっていましたが、受付の方に伺うと閉館時間までには十分見学(遊具の遊びも含めて)できるとのことでした。恐竜の骨格標本の展示や化石発掘体験などができる施設や大型遊具のある広場が山の斜面に並んでいます。

Shunharu100804kyoryupark1
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

明治初期(1874年)、ドイツ(プロイセン王国)人地理学者ライン氏が訪日した際に、恐竜パーク白峰周辺の地層(後に、桑島化石壁として国の天然記念物に指定)から植物の化石を採取して本国に持ち帰りました。そして、友人のガイラー博士の研究により、それがジュラ紀中期のものであることがわかり、論文に発表されたのです。白峰(石川県白山市)は日本の地質学、古生物学発祥の地といえる場所なのでしょう。その場所に建つ『白山恐竜パーク白峰』は恐竜王国訪問で最初に訪れるには相応しい場所でした。

さて、順路に従って最初の建物「恐竜館」に入ると、まず、暗がりの中、ティラノサウルスの巨大な模型がお出迎え。掲示板には「こわいのはここだけ」と書かれていましたが、ハルはやはり怖かったようです(^^;)。そんなハルしゅんが守っていました(@@)。

Shunharu100804kyoryupark2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

館内(一番上の「化石工房」も含めて)の展示内容は全身骨格がいくつも展示されているわけではなく小規模。各ブースも恐竜の基本的な説明と小さな化石や骨格標本が中心です。ただ、小さいながらもジオラマはとても精巧にできていて、しゅんは暫く食い入るようにその戦いを見つめていました。頭の中でその戦いの結末を考えていたのかな?さらに、地元石川県内で発掘された化石がたくさん展示されているので、化石発掘体験をやってみたくなる演出です。ただ、残念なことに発掘体験は小学生以上とのこと。

Shun100804kyoryupark
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

今回は時間が余りなさそうだったので、途中の「ふるさと映像館」や「ふれあい館」はほぼ素通りしてしまいました。ただ、受付で夏休み企画の『恐竜アドベンチャー』という謎解きウォークラリー(1人300円=最後のプレゼントの分)を申し込んだので、みんなで結構ワイワイ言いながら9つのキーワードを探していました。9つの文字を並べ替えると答えが導き出せて、帰りに売店で恐竜グッズと交換というものです。

さて、建物を出て、施設の一番上にある自然広場へ向かいました。ここにはトリケラトプスの滑り台や長いローラー滑り台、ターザンロープなどがあり、しゅんハルも大喜び。日も傾きかけた夏の夕方にはもってこいの遊び場でした。広場からの眺めもとってもよかったです。ここが一番良かったかな?

Shunharu100804kyoryupark3
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

駐車場へもどる途中にある恐竜の置物と記念撮影。実物大なのでしょうか?なかなかリアルにできていて記念撮影にはいいですね。しゅんハルもこの旅で覚えた「カッコいいポーズ」で決めていました(^^)。

Shunharu100804kyoryupark4
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

恐竜パークを出たのは午後5時を回った頃。太陽が山の端に隠れてきました。国道157号線をさらに南下。峠のトンネルを抜けると福井県勝山市に入ります。しゅんが憧れていたあの博物館があるところ。夕食を市内で食べて、山のホテルに向かうことにします。

■■白山恐竜パーク白峰メモ■■
 ●専用駐車場 無料
 ●「恐竜館」に限れば見学時間は約20分くらいかな
 ●化石発掘体験は小学生以上(予約なしでOK)
 ●売店は小規模。もう少しオリジナルグッズがあれば・・・
 ●こちらのホームページが詳しいですよぉ。
   『白山恐竜パーク白峰』on 子どもと行く家族のレジャー
 ●恐竜模型を手がけられた荒木一成さんのページです
   白山恐竜パーク白峰のお仕事


白山恐竜パーク白峰
  http://city-hakusan.com/taiken/kyoryu.html

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
白山恐竜パーク白峰に行ってみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (5) | TrackBack (1)

August 12, 2010

北陸の旅2010(2) いしかわ動物園♪

2010夏の家族旅行1日目。空港からレンタカーで最初に向かった先は・・・。空港から30分ほどで到着するいしかわ動物園。小松周辺には3歳と6歳の息子たちが楽しめる施設が見つからなかったのです。動物好きの息子たちにはもってこいの施設だったし、ハルの大好きなカバもいる動物園と言うことで見学先として十分な条件が揃っている施設でした。ただ、気温35℃に達しそうな猛暑での動物園訪問は熱中症の心配もあるかも・・・ということで、息子たちが疲れたら見学を切り上げようと考えたのですが、その考えは杞憂に終わりました。結果として、また、機会があれば再訪したいと思えるようなとても素晴らしい動物園だったのです。

Shunharu100804ishikawazoo1
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

いしかわ動物園は「楽しく、遊べ、学べる動物園」という基本コンセプトの下、施設の整備や運営を行っているそうで、実際に、各獣舎には通常の屋外展示スペースとそこに隣接する室内展示スペースが設置されています。各動物の説明文もゆっくり読めるし、何よりもこの暑い時期、室内展示スペースは冷房が利いていて本当に助かりました(^^)。

Zoo1
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

屋外展示スペースについても見学者と動物の距離も近かったり、行動展示の工夫がなされたりしていて、動物への興味関心を持つことが出来ました。

Zoo2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

また、こちらではトキの飼育にも積極的に取り組んでいて、残念ながら春に産まれた幼鳥の観察はできませんが、石川県におけるトキの生態や歴史を園内の「動物学習センター」で学ぶこともできました。しゅんハルも、実物大のトキのぬいぐるみを抱っこして記念撮影をしたり、タッチ画面で遊べるトキの質問コーナーにハマっていました。

Zoo3
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

見学後半も目が離せない展示動物がたくさんいます。まずは、国内最高齢のカバ「デカばあちゃん」です。このカバは58歳。人間だと100歳を超える長寿カバだそうです。見学した時は外の池に潜ってノンビリしていました(時折、息継ぎのために顔を出していました)ので、室内展示スペースでの写真付き説明文でこのカバについて勉強しました。

Zoo4
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

その他、チンパンジーの親子やオランウータンは茹だるような暑さの午後、自ら室内展示スペースでくつろいでいました。今年産まれたチンパンジーの赤ちゃんはとっても可愛らしかったです。そして、オランウータンはガラス越しにしゅんの顔をまじまじと眺めていました。

Zoo5

Shunharu100804ishikawazoo2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

■■いしかわ動物園メモ■■
 ●専用駐車場 無料
 ●見学の所要時間はノンビリ歩いて約2時間半かな
 ●見学コースは全てバリアフリー対応
 ●動物は猛獣から草食系まで万遍なく飼育(数は少ないが・・・)
 ●動物園の環境への取り組みに感動
 ●トキの展示が早く実現されることを願う


いしかわ動物園 公式ホームページ http://www.ishikawazoo.jp/

お悔やみ
旅行中、残念なニュースを知ることになりました。私たちが見学した翌日夕方、「デカばあちゃん」が急死してしまったのです"""(><)"""。数日後の新聞でその死を知ったのですが、ホントに悲しい出来事でした。しゅんハルもきっと残念に思っていることでしょう。心からお悔やみ申し上げます。

8月8日付 『北國新聞』朝刊32面
Newspaper100808
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
いしかわ動物園に行ってみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (7) | TrackBack (0)

August 10, 2010

北陸の旅2010(1) 石川遼機長と・・・(^^;;♪

夏の家族旅行の行き先は福井&金沢。往路は飛行機で小松空港まで飛ぶことにしました。スーパー旅割で予約したためとってもお得に航空券を購入できました。因みに、羽田・小松間片道(大人)¥9,800でした(^^)。あっ、しゅんハルもしっかりほぼ同額とられますが(^^;;;。空港に到着して、まずは機長の石川遼選手と一緒に記念撮影を(^^;;)。

Shunharu100804withryo_2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

搭乗まで少し時間があったので、しゅんハルも他の飛行機の整備や着陸の様子を眺めていました。

Shunharu100804watching_2

北海道に向かうポケモンジェットかな?
Pokemonjet
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

そして、いよいよ機上の人へ。息子たちにとっては1年ぶりのフライトでしたが、機内放送を聴きながら随分楽しんでいました。ハルはひとりでシートベルトを締めたり、音楽を聴いたりすることができるようになったんだねぇ。お兄ちゃんがヘッドフォンをつけているのを見て、「ボクも『おんなじキモチ』をききた~い」と静かに聴いていました。

Haru100804listeningtomusic_2

Shun100804listeningtomusic_2

頭を雲の上に出~し♪
Mtfujifromsky
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

私たちを乗せた飛行機は定刻の5分遅れで目的地・小松空港に無事到着しました。天気は快晴。上々の滑り出し。空港からはレンタカーで恐竜王国を目指します。さぁ、北陸の旅のスタートです(^^)


◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
これからの旅行記が楽しみな方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

| | Comments (6) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧