« なっちゃんに逢いに・・・♪ | Main | ランドセル♪ »

January 29, 2011

少しずつ・・・乳アレルギー克服へ♪

なっちゃんに逢いに根岸森林公園に向かう前、ハルのアレルギー科に連れて行きました。ハルは生まれつき乳アレルギー(レベル5)持ちなのですが、実は、昨年末から自宅で、それまで全く口に付けさせていなかった牛乳を少しずつ飲ませる経口耐性誘導というアレルギー対策療法を続けているのです。この療法は、対象物を除去する(食べさせない)療法とは違い、少しずつ食べさせながらアレルギーに対する耐性をつけさせる(食べて治す)という真逆の療法なのです。今、定期的に通っている病院の主治医がこの療法を薦める先生で、以前からこの療法を紹介されていたのですが、なかなか踏ん切りがつれられずにいました。その原因は・・・

2008年夏の北海道旅行での出来事が強烈な印象として残っているからだったのです。朝食時、ハルしゅんの飲み終えた牛乳のコップにフォークをつっこんで、そのフォークを口元に付けたりして遊んでいたようなのです。気づいてやめさせたときには、口の周りや腕などが赤く腫れ上がってきました。コップの底に残っていたほんの僅かな量だったのですが、それでも、症状が出てしまったハルを見て、乳アレルギーの怖さを知ってしまったのです。その後、クリームシチューでも症状が出てしまったこともあり、当分、乳製品は食べさせることができないなぁと思っていました。ハル自身も牛乳は飲んではいけない、乳製品は食べられないと分かっているようで、「おおきくなってからね」と健気な発言をよくします。その言葉を聞く度に切なくなっていましたが、年齢を重ねる毎に、体力もつき、いろいろなものをしっかりと食べるようになってきたので、今回、少しずつ試してみようかな、ということにしたのです。

最初は、1日1ccからのスタートでしたが、最初の1ccって思いの外、あるんですよね。毎朝、スポイトで正確に量ってパンに含ませて食べさせました。でも、難なくクリア。その量を1週間続けて、OKであれば次の週、量を増やすという方法。主治医からは前週の1.3倍という話を聞いていましたが、ママは0.5ccずつ量を増やすことを熱心に続けてくれました。そして、今週4cc(今ではパンに含ませることではなく、スプーンで直接飲みます。量としてはスプーンに軽く2杯くらいの量です)まできたところでの受診となり、結果を報告すると、主治医は「この調子なら夏までに牛乳は問題なく飲めるようになりますよ」と太鼓判を押してくれました。でも、加算式のやり方だと量はなかなか増えないので、乗法式に、正確でなくても次は5cc(実際には、4x1.3=5.2cc)にしてみるのがいい、との助言を貰いました。油断大敵ですが、ハルが牛乳を美味しそうに飲める日が近くなったのかなぁと嬉しく思っています。

ただ、乳製品全てを、というまでにはまだ時間がかかるようです。実は、乳アレルギーのアレルゲンは牛乳に含まれる「たんぱく質」なのですが、牛乳はそのほとんどが水分なのでタンパク質は5%ほどしか含まれていません。それに比べて、乳製品の代表格であるヨーグルトは6~7%、チーズに至っては実に30~50%も含まれているのだそうです。主治医の話を聞いて驚いてしまいました。乳アレルギー克服への道はまだまだ先のようです。でも、まずは牛乳から。ハルが牛乳をゴクゴク飲んで「美味しいなぁ」って言ってくれる日を楽しみにしようと思います。

Haru110124negishi4
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

経口耐性誘導についての書籍です。ご参考までに。


再び、多忙を極める日々が続くようになりました。リンクさせていただいている、あるいは、コメントを頂いていた皆さんのところに、伺いたいのですが、物理的にその時間がありません(><)。ご無礼お許しください。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
いつかハルが牛乳をゴクゴクと飲めるように、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

|

« なっちゃんに逢いに・・・♪ | Main | ランドセル♪ »

Comments

アレルギー・・
かわいそうですね
大人になるにつれよくなるといいですね!
ぽち

Posted by: hairpriori | January 29, 2011 at 11:48 AM

こんばんは!
ハルちゃん、乳アレルギーとは・・
でも、この方法、良さそうですね。
そうですか、少しずつ・・・
順調に進んでいるようで、何よりですね。
お母様も毎日大変なご苦労だと思います。
ハルちゃん、いつか美味しい牛乳をゴクゴク飲める日が来るといいね♪
ご多忙とのこと、どうぞお体ご自愛くださいね。
前ポチ☆

Posted by: Sippo☆ | January 29, 2011 at 07:33 PM

読んでいて涙が出てしまいました。
わが子はハルくん程ではないとは思いますが、卵アレ持ちです。
経口耐性誘導では卵ボーロ1個から始め、今はよく焼いた卵焼き25グラムです。
そして昨日の旅行の温泉まんじゅうで、今日は湿疹&アトピーです(苦笑)←親の油断ですね。
ハルくんが理解し、がんばっているのももちろんですが、
奥様の献身的な治療に思わず涙が…。
大変だと思います。私もがんばらなくちゃなって励まされます。
一進一退でしょうが、きっときっと飲めるようになった牛乳は、美味しいでしょうね~。
がんばれ!ハルくん!!

Posted by: motomoto | January 29, 2011 at 10:56 PM

そっかー。
本人も大変でしょうが、ご両親も大変ですね。

でも大人になって、
昔話として乳アレルギーの話が
出来る日が来る事をお祈りしています☆ぽち

Posted by: spri*shot | January 29, 2011 at 11:42 PM

>hairprioriさん、コメントありがとうございます。
両親が因子を持っているとかなりの確率で遺伝するようです。
でも、食物アレルギーは年と共に解消されることが
多いようで・・・・将来はゴクゴク飲んでほしいです。

>Sippo☆さん、コメントありがとうございます。
血液検査の数値は高いですが、すでにパンなどは食べられます。
ただ、これまで全く乳製品を飲ませていないほどでした。
少しずつ、順調に進んでいてホッとしています。
ホント、健気な発言を聞くと辛くなるので、
いつかゴクゴクと飲めるようになってほしいです。
今日は家族サービスで出かけてしまったのですが、
その分、今夜はまた仕事に根を詰めそうです(^^;;)

>motomotoさん、コメントありがとうございます。
ハルは卵のアレルギーも持っています。
オボムコイドはもうすっかり大丈夫ですが、
マヨネーズは最近食べられるようになりました。
でも、まだ半熟や生卵は食べさせていません。
ママの献身的な治療、私も頭が下がります。
お互い、アレルギー克服に頑張りましょうね。

>spri*shotさん、コメントありがとうございます。
食事を作るママはかなり気を遣っているはずです。
早くアレルギーが克服できればなぁと思っています。
仰るとおり、昔話でできる日が来るといいです。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | January 30, 2011 at 05:28 PM

そんな克服方法があるんですね。
家族で乗り越えていくことでまた家族の絆が強まりそう。
ウチは幸い食べ物アレルギーはこれまでないので助かっています。

Posted by: パパカメラ | February 01, 2011 at 09:23 AM

パパカメラさん、コメントありがとうございます。
排除排除では何の進展もないでしょう。
人間の身体は強いはずです。
慣れさせることで抗体ができるのでしょうね。
いつか克服できるといいなあ。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | February 01, 2011 at 10:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/50714480

Listed below are links to weblogs that reference 少しずつ・・・乳アレルギー克服へ♪:

« なっちゃんに逢いに・・・♪ | Main | ランドセル♪ »