« 鉄道博物館~(その6)展望スポット♪ | Main | 「棒の間」に挑戦♪ »

February 19, 2011

鉄道博物館~(その7)素敵な空間♪

たった1日の訪問でしたが息子たちが大満足だったのでここまで引っ張ってきましたが、今回で鉄道博物館の記事を閉じようと思います。最後の記事のタイトルは『素敵な空間♪』。息子たちにとっての素敵な空間はリアルな車体のある場所すべてだったことでしょう。今まで紹介したもの以外にも、ラーニング・ゾーンで鉄道の動力的な仕組みを熱心に体感していました。写真はラーニングホール3Fにて。

Shun110207pantagraph

Haru110207kaiten
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

でも、それよりも息子たちにとっての一番はミュージアムショップだったかも(^^;;)。ミュージアムショップは1Fと2Fにそれぞれ1ヶ所ずつあるのですが、1Fは鉄博オリジナルグッズ中心。2Fは鉄道関連の市販のグッズを集めたショップになっているようです。子どもたちには2Fの方がよかったかな?鉄道博物館限定プラレール(C57と埼京線)には興味津々の様子でしたが、予算オーバーだったので「サンタさんに頼めば・・・」と言って諦めさせちゃいました。また、今度ね。

さらに、鉄系人には垂涎の空間?2Fコレクション・ギャラリーには駅名標やヘッドマークが所狭しと展示されていました。

Headmark

Headmark2
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

さて、前振りが長くなっちゃいましたが、今回の記事は私が感じた『素敵な空間♪』です。その場所とは・・・

Stainedglass10
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

2Fジオラマルームの向かい(東側壁面)にある素敵なステンドグラスです。銅版画家・山本容子さんの作品で、タイトルは過ぎゆくもの。高さ3m、幅10m以上の超大作です。詩人谷川俊太郎氏の詩「過ぎゆくもの-SL挽歌」を基調に、現代作家10名に鉄道にまつわる書き下ろしエッセイを依頼、そのエッセイを元に10枚のステンドグラスの原画を描き、ひとつの作品に見せるようにデザインされたのがこの『過ぎゆくもの』なのだそうです。

10人の作家とエッセイの題名は・・・
 中沢新一さん 『走る音楽機械』
 池澤夏樹さん 『沙漠の鉄路』
 浅田次郎さん 『「鉄道員」縁起』
 関川夏央さん 『汽車好きの原風景ー宮脇俊三と昭和戦前』
 池内 紀 さん 『山の駅』
 小川洋子さん 『宇野線のおばさん』
 湯川 豊さん 『内田百閒が乗っている』
 江國香織さん 『トーマス・クックとドモドッソラ』
 辻原 登さん 『d夜汽車の行方』
 嵐山光三郎さん 『銀河鉄道の駅弁』
   です。

さて、素敵な色合いだけでなく、それぞれの絵に込められた思いなども感じながらじっくり眺めることに・・・なんて、小さな子連れには無理だったようです(^^;;)。取り急ぎ、何枚か撮ってみました。次回は子どもたちがジオラマに夢中になっている間にノンビリじっくり見てみようと思っています。

Sg1

Sg2

Sg3

Sg4
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

作品の詳細はこちらを・・・
TRAVEL CAFE Online |アートニフレルタビvol.04 「過ぎゆくもの」

鉄道博物館 公式ホームページ





◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
ステンドグラスを見に行きたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

|

« 鉄道博物館~(その6)展望スポット♪ | Main | 「棒の間」に挑戦♪ »

Comments

パンタグラフでしたっけ・・
近くで見るとデカイんでしょうねー

Posted by: hairpriori | February 19, 2011 at 11:00 AM

あら、こんなところ見た記憶ないなぁ
隅々まで楽しまれましたね
あ、あと近場では葛西の地下鉄博物館もあります。
フラワーパークとハシゴできるしいいですよ。

Posted by: つかさ | February 20, 2011 at 01:12 AM

ここ、いずれ絶対行く事になりそうーーー。
息子は電車大好き。
だけど、本当の意味で楽しむには
まだ少し小さいからなぁ。

まずは近くの葛西駅のに行ってみようかな。

Posted by: spri*shot | February 20, 2011 at 04:00 PM

>hairprioriさん、コメントありがとうございます。
はい。パンタグラフ・・・かなり大きかったです。

>つかささん、コメントありがとうございます。
夕食は自宅だったので、もう少しじっくり見たかったのですが。
でも、まだまだ見所がありそうです。
葛西の地下鉄博物館、私はまだ行ったことないんですが、
子どもたちは以前、行ったことがあるようです。
そうそう、あの公園とセットでもよさそうですね。

>spri*shotさん、コメントありがとうございます。
小さい子でもきっと満足するはずですよ。
外のミニ運転列車はママさんの抱っこで
運転されてもいいのでは?
写欲がそそられるものばかりですよぉ。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | February 20, 2011 at 08:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/50909536

Listed below are links to weblogs that reference 鉄道博物館~(その7)素敵な空間♪:

« 鉄道博物館~(その6)展望スポット♪ | Main | 「棒の間」に挑戦♪ »