« しゅんの卒園式♪ | Main | 4Dパズル♪ »

March 22, 2011

今、思うこと(その2)

数日前にアップした、『今、思うこと』の続編です。アップしようかどうしようか悩みましたが、今、綴っておかないと・・・と思いアップすることにしました。

自衛官、消防隊、東電関係職員(派遣会社の社員の方と伺っています)の方々の決死の放水活動にはホントに感謝しています。日本人として誇りに思います。第2のチェルノブイリにならないよう、是非とも頑張ってください。でも、同時に、誰かがやらなければ、という使命感から任務を遂行なさっているのでしょうけれども、放射能という目に見えぬ恐怖に晒されながらの懸命な任務の様子を見れば見るほど胸が苦しくなります。今よりも放射線を通しにくい作業服、出来ないのでしょうか。技術国日本の威信にかけてこしらえてほしいです。

■■マスコミの活動■■
日々、被災地の悲惨な実態を伝えてくれている報道関係者の皆さん、各社連携してそれぞれの被災地の避難場所で今、これが足りない、困っていることはこれ、などという情報収集と政府等への情報提供が出来ないのでしょうか。オリンピックなどのスポーツ競技では放映権の問題での協力体制が作られるようですが、このような未曾有の大災害でNHKと民放連が協力してできることってないのかなぁ。ある避難所には数日分しか灯油がありません、などという報道を聞いても何も出来ない私たち視聴者は悲しくなるだけです。

■■政治家のみなさんの動き■■
震災発生から政府は対応に追われていることは当然なのですが、その他の国会議員さんたちって何をなさっていたのでしょう。まさに国難の事態ですので、幹部の方たちが中心になって超党派で体制を作って政府と一致団結して貰いたいし、一般の議員さんは(本会議はしばらく休会されていたようですので、その間だけでも)すぐに現地に行って捜索活動の手伝いをするとか、各避難所での活動のサポートをするとか、遠く離れた場所で話し合いをしているのではなく、現地の生の状況の中で活動してもらいたかったです。それから、一国の総理大臣なのですから、悪天候で行けません、では話になりません。被災されている方には悪天候も何もないんですから。

■■放射能の恐怖■■
小さい子どものいる私はやはり怖いです。基準値を超えても安全です、と言われても。基準値を超えたのに安全?それでは、何を持って基準値と言っているのかが分かりません。それから、政府が提示した20km圏内からの避難とアメリカ政府が国内の自国民に出した80km圏内からの避難の差がよく分かりません。原発については専門のアメリカやロシアにもっと協力要請をしてもいいのではないでしょうか。実際に、スリーマイルやチェルノブイリを経験している国なのですから、我が国よりもより効果的な対策を提案してくれるのではないでしょうか。目に見えぬ恐怖ほど怖いものはありません。

幼い2児を育てている父親、一個人の思いです。地震発生からすでに10日以上が過ぎ、新たに様々な問題が生まれてきています。事態が少しでも好転しますように祈るばかりです。

|

« しゅんの卒園式♪ | Main | 4Dパズル♪ »

Comments

誰かがやらなきゃ・・
という時にどれ位の人が手をあげるんですかね・・
みなさんには仕事いじょうの事をしなきゃいけないんですから頭が下がります・・

Posted by: hairpriori | March 23, 2011 at 10:58 AM

(4月半ばまで家でインターネットにアクセスできないので、今は市の図書館からです。)民法の災害の報道を見ていると、いつものことながら、災害による不幸をエンターテイメントにしているのではないかと感じてしまうことがあって、胸がむかむかしてしまうことがあります。放射能については、「安全」を強調するような報道ばかりなので、かえって不安や疑いを引き起こしているようなところもあるのではないかと思わされています。

Posted by: くまのみ | March 23, 2011 at 12:35 PM

原発の問題は切実ですね。
まだ自体は一進一退ですし、放射線の被害範囲もじわじわと拡大してますしね。

現場で命をかけて作業している方々には
本当に頭が下がります。
その方達のためにも、早急に事態が打開されるのを祈らずにはいられません。

Posted by: spri*shot | March 23, 2011 at 10:50 PM

>hairprioriさん、コメントありがとうございます。
確かに、使命感、正義感からの出動だと思いますが、
日本国民として彼らの行動に誇りと尊敬の念を
抱いて止みません。

>くまのみさん、コメントありがとうございます。
仰るとおりです。不幸のエンターテインメント化。
マスコミの過剰ぶりが同じ国民の災禍を
対岸の火事的に見させているような。
この体質を改めることって出来ないのでしょうか。
そして、放射能の恐怖・・・ひたひたと拡大しています。
私は「ただちに」影響をおよぼすことはないという言葉が
妙に気になってしまっています。

>spri*shotさん、コメントありがとうございます。
第2のスリーマイル、第2のチェルノブイリに
ならないように頑張って貰いたいですが、
別のところで、彼らの安全も考えてあげられないのでしょうか。
今こそ、国を挙げて打開策を講じなければ
二次被害がどんどんと広がるのでは?
と心配しています。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | March 24, 2011 at 04:37 AM

ご無沙汰してしまいすみません。
私も同じ思いです。
日々変化する原発に安心できない放射能など。
子を持つ身としては心配でなりません。

↓しゅんくん、卒園おめでとうございます!
凄く立派です!

Posted by: まる | March 24, 2011 at 04:03 PM

まるさん、コメントありがとうございます。
今回の大震災ではいろいろ考えさせられますね。
でも、親としてしっかりしなくちゃ、ですね。
卒園のお祝いメッセージ、ありがとうございます。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | March 25, 2011 at 04:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/51193183

Listed below are links to weblogs that reference 今、思うこと(その2):

« しゅんの卒園式♪ | Main | 4Dパズル♪ »