« お土産はコクワガタ♪ | Main | 里山の風景が広がる素敵な公園♪ »

July 02, 2011

誕生♪

GWの最中、1匹20円だったので3匹購入して飼うことになったカブトムシの幼虫のその後の話です・・・詳しくはこちらの記事をご覧下さい。
カブトムシの幼虫20円也♪

ついにその日がやってきました。夜、2階でTVを見ながらのビリ過ごしていると、ママが「何?何の音?」と質問してきました。耳を澄ますと廊下からガサゴソと音が・・・ドアを開けてビックリ。そこにいたのは・・・ナント、カブトムシの♀でした。幼虫の飼育ケースは玄関先に置いてあるのですが、ケースの蓋の一部が壊れていて、力ずくで蓋を開けて明るい光を求めて2階まで飛んできたようです(@@)。早速、別の飼育ケースにマットを敷いて入れてあげました。我が家で生まれた初のカブトムシ。元気な女の子でした。

Kabutof110702
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

実は、先月中頃当たりから幼虫が蛹化を始めたので、ケースの表にこんな注意書きを貼って置いたのです。

Kabutonoticeoncase

注意書きをめくるとお腹を向けたカブトムシの足が見えました。これは6月下旬のものです。トリミングしてあります。
Kabutosanagi
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

昆虫のことには少々知っているつもりでしたが、カブトムシの羽化には苦い思い出があります。子供の頃、蛹になったカブトムシを観察したくて、誤って蛹室を壊してしまい、羽化させられなかったことがあったのです。蛹にとってはその繭型の蛹室がとても大事な部屋だということを後で知ることになりました。幼虫は自分の糞を固めて蛹室の壁を作るのだとか。最終段階の蛹の時は慎重に育ててあげないと、という気持ちが強くなりました。そんなトラウマもあって、無事誕生した今回のカブトには妙に思い入れがあるのです。さて、そのカブト虫の羽化ですが、一寸調べてみると、こんな事が分かりました。

蛹の皮を破いて成虫の形に脱皮しても暫く地中にいるようです。外側の殻は固くなっても、体内は十分に硬くなっていないので、自分で頃合いを見て(1週間~10日かけて)地表に這い出してくるのだそうです。

それでなのかぁと納得することがありました。最近、ケースの下の方を見ると、すでに身体が黒くなった成虫が足を動かしているのが観察できたのです。何で上に上がってこないんだろう?力尽きてこのまま這い出してこられずに、死んでしまうのではないだろうか?そんな心配をする毎日だったのです。そして、今回の誕生。ホントに安心しました。さて、あと2匹はオス?メス?どっちかな。


追記
翌朝、メスが・・・(^^;;。そして、その夜、オスが(^^)生まれました。理想的な数かな。早速、交尾を始めてしまったので別ケースで飼うことにしました(^^;;。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
翌朝のしゅんの喜ぶ顔が見たい方は、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

|

« お土産はコクワガタ♪ | Main | 里山の風景が広がる素敵な公園♪ »

Comments

子供には楽しい瞬間ですね
私は苦手ですが(汗)
ぽち

Posted by: hairpriori | July 03, 2011 at 10:10 AM

クワガタ、カブトムシ懐かしいですねー^^
子供のころ、よく買ってましたねー。
でも、羽化には僕も成功したことありませんでしたねー><
ウチの子供たちもそろそろ興味が出るころですかね~。

Posted by: ka-ko | July 03, 2011 at 07:52 PM

こんばんは!
カブトムシ、無事成虫になれて
本当に良かったですね!
大人になるのって、人間でも大変ですが
小さな虫たちは、もっともっと大変なのでしょうね。
私も先日、アゲハの羽化不全を目の当たりにしたばかりだったので
とても嬉しく思います!
しゅんちゃん、ハルちゃんも
これから、毎日が楽しみでしょうね(^0^)/
p。

Posted by: Sippo☆ | July 03, 2011 at 10:29 PM

おめでとうございます。
ちなみに我が家も先日、成虫になったカブトムシがいます。
また記事にしますけど、感動しますよね。
残りの2匹も無事出てくるといいですね。
欲を言えばオスが出てきてほしといったところでしょうかね。
ぽち。

Posted by: GOGOGO | July 04, 2011 at 12:41 PM

おめでとうございます!わたしも幾度も同じような苦い経験を小学生のときにしました。好奇心でサナギに触ってしまって、外皮がぐにゃぐにゃの成虫になってしまうことが複数回ありました。

Posted by: くまのみ | July 04, 2011 at 07:59 PM

夏の風物詩~。
わが家にもいづれこんな日が来るのかと思うと、母は冷や汗もんです(虫嫌い)
うちの旦那サンはクワガタが好きなようです。
クワガタとカブトムシって違うもんなのでしょうか?
(虫オンチには同じに見える)
今年の夏は、昆虫観察日記的な記事をぜひ。
私も数年後を見据えて、勉強しておかなくてはなりません。

Posted by: motomoto | July 05, 2011 at 02:43 AM

幼虫からずっと成長を見てきて
カブトムシになった瞬間は本当に嬉しいですねー!
命のはぐくみって、本当にどんな生き物でも感動します!
子供たちはこの光景、どう目に映ったのかな~♪
うちもそのうち飼うんだろうなぁー。
夜中のゴソゴソ音はちょっと怖いので勘弁です…(泣)

Posted by: ふゆか | July 05, 2011 at 12:25 PM

>hairprioriさん、コメントありがとうございます。
最近、hairprioriさんには苦痛の更新になっちゃっていそう。

>ka-koさん、コメントありがとうございます。
皆さん、やはり成虫を採集してきて飼いましたよね。
羽化させるって難しかったのでしょうね。
お子さんもそろそろかな。

>Sippo☆さん、コメントありがとうございます。
はい、やはり立派に羽化してくれると嬉しいものですね。
アゲハの羽化不全の記事、拝読しました。
虫たちの神秘的な生態に少し近づけたことも嬉しいです。
息子たちはこの夏、どのくらいの虫たちに出逢えるかなぁ。

>GOGOGOさん、コメントありがとうございます。
早速、記事を読みましたよ。
我が家のカブトは昼間は土に潜ってしまっていて
しゅんやハルとのコラボ写真は撮れません(><)
カズくんにとっては記念の写真になりましたね。
無事、オスも出てきたのでホッとしています。

>くまのみさん、コメントありがとうございます。
やはり同じような経験をされているのですね。
ただ、私の場合は蛹で終わってしまいました(^^;;)

>motomotoさん、コメントありがとうございます。
クワガタとカブト、黒くて殻の固い甲虫ですから
虫嫌いの方には同じようなものでしょうか。
でも、うちの相方も今回、カブトムシの雄を間近で
観察することが出来て、カッコイイねぇなんて
言っていましたから、motomotoさんもハマるかもしれません。
勉強は旦那さんと一緒にまずは昆虫採集からですね。頑張って。

>ふゆかさん、コメントありがとうございます。
ホントに仰るとおりです。
どんな生き物にも命のはぐくみは存在するし、
特に、昆虫はその神秘的な変態に感動すら覚えます。
ちょっと前まで木や腐葉土を食べていた幼虫が
蛹から羽化すると食べ物が全く変わるのですから。
子どもたちとカブトとのご対面はまだなんです。
この夏、何処かで記事にしたいと思っています。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | July 06, 2011 at 03:08 AM

カブトムシ誕生おめでとうございます!
でも、羽化させるのってなかなか大変なのですね〜
これからの観察も楽しみですよね♪

Posted by: サクラびより | July 06, 2011 at 09:49 PM

サクラびよりさん、コメントありがとうございます。
ま、そっとしておくのが一番なのでしょう。
好奇心がよくない結果を生むと言うことです(^^;;
息子たちよりも自分が楽しんでいるような。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | July 06, 2011 at 10:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/52106454

Listed below are links to weblogs that reference 誕生♪:

« お土産はコクワガタ♪ | Main | 里山の風景が広がる素敵な公園♪ »