« 漢字への興味♪ | Main | 観音崎公園(その1)@うみの子とりで♪ »

November 03, 2011

映画『ちづる』のご紹介♪

先日、20年ぶりくらいに1人で映画を見に行きました。その映画とは、現役大学生が卒業制作として作ったドキュメンタリー。劇場公開の予定が全く決まらないうちから、新聞やテレビなどのマスコミで紹介され、注目を集めていた映画なので、ご存じの方がいらっしゃるかもしれません。タイトルは『ちづる』。

Chizurumovie
 Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

重度の知的障害と自閉症の障害を持った妹・千鶴とその母の姿を1年間かけて撮り続けたもの。今までにも障害者をテーマにした映画はいろいろあったけど、この映画はただ単に、自閉症の妹の姿、行動を明らかにするというものではなく、知的障害者を家族に持つ家庭の赤裸々な実態、母親の強さ、家族を思う優しさ、我慢強さがとても印象的なものと写りました。でも、それ以上に、監督(実の兄)自身が「目を背けていた」妹を写していくうちに芽生えた心の変化、人間的な成長ぶりが家族の繋がりをより強固なものにしていったことを強く感じ、彼の成長ぶりを頼もしくさえ思えました。それらの点を考えると、母親とは?兄弟とは?という、今、日本人が考え直さなければいけない、「家族」の在り方の一助になる映画でもあるような気がします。

障害者をテーマにする映像は暗くなりがちですが、そこは主演女優(^^)と助演女優(^^)の無邪気さ、明るさも手伝って、見終えた後も、心地よい余韻の残る作品と感じました。1人でも多くの方にご覧頂きたく、上演情報をまとめておきます。お時間のある方は是非!!!!

■■■映画『ちづる』について■■■
 ●映画『ちづる』公式サイトhttp://chizuru-movie.com/
 ●『あにきにっき』 監督ブログ http://blog.chizuru-movie.com/
 ●上映映画館
  ポレポレ東中野 11:00/13:00/15:00/17:00/19:00
  横浜ニューテアトル 11:00/12:35/14:10(~11/4) 11/5~劇場へ問合せ
  今後、札幌、大阪、京都、福岡でも順次公開予定だそうです。

いつの日か、しゅんハルが大きくなって、障害者のことについて知りたいという時が来たら、是非、この映画を見せてあげようと思います。

『ちづる』予告編 youtube


今回の映画上映を機に、お母さまの赤崎久美さんが今まで書きためていた日記を元に本を上梓されました。ご興味ある方はこちらも是非・・・



◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
映画『ちづる』を見に行きたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

●○追記○●
ぴあ満足度ランキング(10/28~29公開の映画対象)でも首位に
ドキュメンタリー映画『ちづる』が満足度ランキング首位に@ぴあ映画生活ニュース

|

« 漢字への興味♪ | Main | 観音崎公園(その1)@うみの子とりで♪ »

Comments

知らない映画でした・・
機会があれば観てみたいです

ぽち!

Posted by: hairpriori | November 04, 2011 at 09:46 AM

自分が子を持つようになって、こうしたことも真剣に考えるようになりました。
我が家は家族みんな元気ではありますが、いつなにが起こるかわかりません。
親の強さ、家族の絆、大切ですね。

Posted by: GOGOGO | November 04, 2011 at 01:03 PM

このような映画があったとは、
知りませんでした。
深い内容のようですね・・・。
人間、健康に暮らしていても、いつどうなるかわからない。
日頃から意識して生活しないと、ついつい甘えてしまいます。
機会あれば是非見てみたいです。
p☆

Posted by: Sippo☆ | November 04, 2011 at 09:39 PM

僕は知りませんでしたが、ママは知っていて見たい作品と言ってました。
映画も本もわが身を照らしてくれますね。

Posted by: パパカメラ | November 04, 2011 at 11:01 PM

>hairprioriさん、コメントありがとうございます。
家族の在り方を考えさせてくれる映画でもあります。
機会がありましたら是非。

>GOGOGOさん、コメントありがとうございます。
そうですね。私も子を持つ親として更に考えることが多くなりました。
家族の絆、大切にしていかないといけませんね。

>Sippo☆さん、コメントありがとうございます。
今回の記事を読んでいただいて、1人でも多くの方に
この映画のことを知っていただければと思っています。
機会がありましたら、是非ご覧下さい。

>パパカメラさん、コメントありがとうございます。
そうでしたかぁ。ママさんだけでなくパパさんも是非。
障害者の実態だけでなく、震災後の日本人の家族感にも
何か通じるものがあるのかもしれません。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | November 05, 2011 at 04:08 AM

グリンデルさん、『ちづる』のご紹介ありがとうございました!カントクの赤崎です。
たくさんの方に知っていただけたこと嬉しく思います。ひとりでも多くの方に映画を届けられるようがんばろうと思いますので、今後とも応援よろしくお願いします☆

Posted by: カントク | November 12, 2011 at 10:36 AM

カントクさん、直々にコメントをありがとうございます。
現役の学生さんが作られた映画とは思えない感動がありました。
主演の2人、いやカントクさんも交えた3人の日常が
いかにドラマティックかを上手く捉えられたからなのでしょう。
これからもブログを通して応援させていただきます。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | November 13, 2011 at 06:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/53149308

Listed below are links to weblogs that reference 映画『ちづる』のご紹介♪:

» 赤﨑正和監督の映画「ちづる」の劇場公開を見て、母久美さんの本『ちづる』を読んで考えたこと [栄枯盛衰・前途洋洋]
一昨日(2011年10月29日)から、ドキュメンタリー映画「ちづる」の劇場公開、東京の東中野と横浜で始まった。 我が家は東中野まで30分ほどなので、監督の舞台挨拶もあるという初日の初回上映(11時開始)を目指して出かけた。前売券は、前日、仕事の帰りに購入。上映開始の30分前には劇場に着いたが、すでに列が出来ている。前売券の有無にかかわらず、並んで受け付けしなければならないらしい。地下2階の受付にた... [Read More]

Tracked on November 03, 2011 at 07:02 AM

« 漢字への興味♪ | Main | 観音崎公園(その1)@うみの子とりで♪ »