October 10, 2012

回想~レンズ破損と総レリーズ回数の話♪

夏の旅行最終日、JR新宮駅での出来事。駅の中を撮影しようとレンズのズームを変えようとリングを動かそうとしたのですが、突然、何か引っかかるような感じで動かなくなりました。少し力を入れて回そうとすると、ゴトッというレンズの筒が取れたような異音(^^;;)。筒がそのまま抜けそうな状態に(^^;;)。ついに壊れたか・・・と諦めた瞬間でした。実は、かなり前からズームリングの滑り止めのゴムが伸びて内側の部品が見えるようになっていたので、修理をお願いしようかなぁと思っていたのです。

それでも、なんとか撮影はできそうだったので、その後も続けて撮りましたが、こんな写真も撮影されていました。上部左右角に黒い部分が写り込んでいます。フードがズレてのケラレではありません(^^;;)。ズーム内部で筒がズレていたのでしょう。

Shunharu120805shingust5
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

4年半ほど前、愛機D40と一緒に購入したシグマの標準ズームレンズ。デジタル一眼使用者にはあるまじきカメラライフ、ほぼこのレンズ1本で4年半を過ごしてきました。老体に鞭を打って酷使した結果なのでしょう。この状況ですと修理にかなり時間がかかりそうですが、ダイスキなレンズですのでこの機会に修理に出すことにしたのです。

Sigma120806beforerepair
OLYMPUS CAMEDIA C770UZ

お盆を挟んでいたためだったのか、修理にはおよそ3週間ほどかかりました。でも、トレードマークのゴールドラインはかすれてしまい、全体的に手垢でテカテカ(^^;;状態だった修理前とは見違えるくらい綺麗になって戻ってきました。花形フードがブカブカでセロハンテープで補強している状態は相変わらずですが(^^;;、これからはもっと大切に使ってあげないとなぁ・・・と思いつつ、毎日、しゅんハルの動きを追うべく、かなり酷使しちゃっています。気になる修理費用ですが、幸い、購入時に5年保証に入っていたので、無料で修理していただくことができました。写りも以前に比べてかなり綺麗になったような気がします。

Shun120830readingbook
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

さて、ほぼ1本のレンズで撮り続けてきた我が愛機D40ですが、これまでどのくらいシャッターを切ったのかなぁ、と疑問が湧きました。そこで、調べてみると、これまでの総レリーズ回数(シャッターを押した回数)が分かるフリーソフトがありました。

JpegAnalyzer Plus(ジェイペグアナライザープラス)

早速、ダウンロードして調べてみました。ExifReaderと同じように画像データをドラッグ&ドロップするとデータが一覧で表示されます。データの下の方に総レリーズ回数が表示されます。最初に載せた写真の回数はナント、10,3293回でした(@@)。いつの間にか10万ショット以上撮影していたのですね。それもほぼ1本のレンズで(^^;;)。およそ10万回もリングを回していたのですから壊れるわけです(^^;;。D40とシグマレンズくん、これまでホントにありがとう。そして、これからもどうぞよろしく。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
ご自身のデジイチの総ショット数を調べてみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (22) | TrackBack (0)

September 26, 2012

夏の旅行2012(20)旅の締めくくりは特急「南紀」に乗って♪

南紀白浜から借りたレンタカーも新宮駅で返却。特急「南紀」に乗って名古屋経由で帰ります。JR新宮駅は和歌山県の最東端の駅で三重県との県境駅。JRの管轄でも西日本と東海の境界駅であり、新幹線の止まる主要なターミナル駅からは最も遠く、特急電車を利用しても新大阪まで4時間、名古屋でも3時間半かかるのです(^^;;)。俄雨が降ったり止んだりした天気も徐々に回復傾向。乗車予定の特急を待つ間、駅構内や駅前で写真を撮りました。

駅前広場にて
Shunharu120805shingu1
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

駅構内にはサッカー日本代表に関する展示がされていて、歴代監督のサイン入りボールや応援旗などがありました。また、ホームにはJリーグ全てのチームフラッグが吊り下げられていました。これは新宮駅が熊野三山の大社である熊野速玉大社や熊野本宮大社の表玄関で、熊野三山の神の使いとされる三本足のカラス、八咫烏(やたがらす)が日本サッカー協会のシンボルマークとなっているからなのでしょう。

Shingujfaflags
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

さて、新宮駅の駅員さんはとても親切。改札口で待っているしゅんハルに声をかけてくれて、制帽をかぶせてもらって特急列車(先に出発する特急「くおしお」)と記念写真を撮ることができました。

Shunharu120805shingu2
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

さて、特急「ワイドビュー南紀」が到着。いよいよ旅も終わりが近づいてきました。乗車して分かったのですが、この特急はディーゼル。新宮から名古屋方面は非電化とのこと。心地よいエンジン音で三重県を疾走していました。

Shunharu120805expressnanki1

Shunharu120805expressnanki2
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

長らく続いた今夏の家族旅行記もこの記事が最終回。残暑厳しい9月でしたが、気がつけば急に秋の風が身に応えるようになってきましたので丁度いい頃合いです(^^;;)。長い間、お付き合い下さいましてありがとうございました。次回からは夏の想い出写真を載せていこうと思います。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
一生に一度は新宮駅まで足を延ばしてみてもいいかなぁと思われた方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 23, 2012

夏の旅行2012(19)河原からいで湯わき出る川湯温泉♪

那智山の茶店『見晴亭』でソフトクリームなどを食べながら休憩した時に、お店のご主人から薦めて頂いたお出かけスポットが『川湯温泉』でした。那智山から海沿いに下りて、新宮市から熊野川沿いを走る十津川街道(国道168号線)を進みます。距離にして、およそ50km。ちょっとしたドライブにもなりました。さて、到着した場所は片側に浅瀬が広がる幅広のとても綺麗な川、熊野川の支流・大塔川。人々が川遊びを楽しんでいます。

Kawayu120804
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

そして、その河原には石で囲った円い水たまりが作られていました。
実はこれが・・・
Shunharu120804kawayu2_3
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

天然の自家製露天風呂なのです(^^)。場所によってはかなり高温の温泉がわき出ているので、川の水で温度を調節します。川は鮎もいる清流でとても冷たいのですが、時々、河原の露天風呂で体を温めることができる何とも素敵な川遊びです。川も中程までなら大人の腰くらいの深さで、泳ぐ練習にはもってこい。ハルは浮き輪で浮かんでニコニコ(^^)。しゅんも浮き輪を外して、少し離れた私のところまで何度も泳ぎの練習をしていました。二人ともここがダイスキになりました。

Shunharu120804kawayu1

Haru120804kawayuswim

Shun120804kawayuswim
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

実は、息子たちの声もあり、翌日(旅行最終日)も宿から50kmの距離にもめげず、また遊びに来てしまいました。帰りの電車の時間があったので、長居はできませんでしたが、川遊びの後、公衆浴場にも少しだけ入ることができました。

Shunharu120805kawayu1

Shunharu120805kawayu2

Shunharu120805kawayu3

Shunharu120805kawayu4
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

川湯温泉 on 熊野本宮観光協会

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
河原で自分のオリジナル露天風呂を作ってみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (9) | TrackBack (0)

September 20, 2012

夏の旅行2012(18)名瀑・那智の滝♪

熊野那智大社の隣には那智の滝の滝壺で発見された黄金に輝く如意輪観音をご本尊とする古刹・青岸渡寺があります。明治の廃仏毀釈で唯一残った本堂は織田信長に焼かれた後、豊臣秀吉再建のモノだとか。

Seigantojihondo
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

そして、その古刹を通り抜け、再び、駐車場まで戻ると、1972年再建の美しい三重の塔と那智の滝とのコラボ写真が撮れます。生憎の天気でしたが、折角の機会なので、杉林の中を滝直下にある飛瀧(ひろう)神社まで歩いて下りることにしました。雨で滑りやすいので気をつけて~。

Nachinotaki1

Downtofalls1

Downtofalls2
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

そして、上の駐車場から下りること25分、滝を見上げる神社に到着すると・・・太古から神として崇められてきたその姿に圧倒され、感動してしまいます。一段の滝としては落差133mは日本一、凄まじい迫力です。滝の飛沫も飛んできます。

Nachinotaki2

Nachinotaki3
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

帰りは雨足が強くなったので、私1人で車を取りに戻りました。足腰が鍛えられる上りでしたよぉ(^^;;)。

熊野那智大社(那智の滝) 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
那智の滝を間近で拝みたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (8) | TrackBack (0)

September 18, 2012

夏の旅行2012(17)那智の黒あめ♪

南紀を旅していると何処にでもその看板を目にし、お土産物屋さんや駅の売店など至る所で売られている名産品があります。

Kuroamenachiguroad
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

那智黒総本舗の『黒あめ那智黒』です。同じく熊野の名産品である那智黒石で作られた黒の碁石をイメージして作られたものです。奄美の黒糖をふんだんに使って味もよく、値段も手頃なのでお土産にはもってこいです。ハルの大好物にもなりました。さて、その「黒あめ」は一企業のブランドを超え、地域の名産品の代名詞にもなってしまったようです。熊野那智大社の茶店「見晴亭」では黒飴ソフトクリームが売られていました。参拝の後、雨宿りも兼ねて立ち寄った時に、早速、ハルが注文。とっても美味しかったようです。

Haru120804kuroamesoft

Shunharu120804nachitaisha4
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

尚、那智黒総本舗の『黒あめ那智黒』は関東でも一部の大手デパートやスーパーでも販売しているそうです。下の本社公式ホームページからも注文ができます。一度、ご賞味あれ。

株式会社那智黒総本舗 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
『黒あめ那智黒』をはじめ、那智の黒あめに興味を持たれた方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (6) | TrackBack (0)

September 17, 2012

夏の旅行2012(16)熊野那智大社で「ハイ、な~ち」♪

夏の旅行も終盤。前回、紹介した『くじらの博物館』があるくじら浜公園にはその名の通り、夏の間だけ、クジラと一緒に泳げる海水浴場があるのですが、この日は台風の影響でうねりがあるために中止されていました。そして、翌日は朝から小雨模様(^^;;)。海水浴は諦めて、那智山詣でをすることにしました。那智山には熊野三山のひとつ、熊野那智大社や名爆・那智の滝があります。800円の通行料を払って、大社すぐそばの駐車場まで上がると、突然の大雨。しばらく車内で雨宿りしました。しゅんは自分のカメラで撮った旅の写真を確認していました。

Shunharu120804nachitaisha1
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

少し小降りになったところで、那智大社に向かいます。大社の起源は那智の滝への自然信仰に始まるとされ、滝のそばからこの場所に移されたのは今から約1700年ほど前と伝えられています。青岸渡寺(せいがんとじ)の奥に朱塗りの素敵な社殿が見えます。

Shunharu120804nachitaisha2
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

手水舎で手を清めてお参り。巨大おみくじをしたり、那智の滝をバックに記念写真を撮ったりしました。業者さんによる記念写真(購入は自由)は自分のカメラでも撮影してもらえます。その時のかけ声は・・・「ハイ、な~ち」。思わず笑顔になっちゃいました(^^)。

Shunharu120804nachitaisha3

Nachitaisha120804

Hinachiatseigantoji
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

熊野那智大社 公式ホームページ
紀伊山地の霊場と参詣道 on 和歌山県教育委員会
那智山青岸渡寺 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
熊野那智大社も子連れ旅行に合いそうな場所だなぁと思われた方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 14, 2012

夏の旅行2012(15)くじらの博物館♪

那智勝浦の宿に向かう前に、もうひとつ寄る所がありました。捕鯨の町として知られる太地町にある『くじらの博物館』です。博物館一帯はクジラのテーマパーク『太地くじら浜公園』として整備されています。

公園入口には捕鯨船『第一京丸』が静態保存されていますが、2014年春、新しい捕鯨船資料館の目玉展示物として再スタートを切るようです。

Shunharu120803hogeisen
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

さて、博物館に到着したのは閉館1時間前(^^;;)。丁度、クジラのショーが開かれる時間とのことで、早速、会場に向かいました。体長6mもあるゴンドウクジラの迫力満点のショーに、しゅんハルも大喜びでした。

Whaleshow120803
Nikon D40 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

ショーの後は、ふれあい桟橋でイルカにエサあげをしたり、海洋水族館マリナリウムで、世界で初めて発見された「腹びれ」のあるバンドウイルカ「はるか」を見学したりしました。因みに、「はるか」は撮影禁止でした。

Shunharu120803feeding

たった1時間の滞在でしたが、しゅんハルも楽しんでくれたようです。次回、訪れる機会があったら、もっとゆっくり見学したいな。

Shunharu120803whalemuseum2

Shunharu120803whalemuseum
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

太地町立くじらの博物館 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
迫力満点のクジラショーを見てみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (10) | TrackBack (0)

September 11, 2012

夏の旅行2012(14)奇岩・橋杭岩(はしくいいわ)♪

南紀白浜から那智勝浦への移動は国道42号線。和歌山県の海岸線に沿って走る風光明媚な快適ドライブルートです。その中でも、串本町の中心街を過ぎて暫く走ったあたりに、突如、奇岩が連なる名勝に目を奪われます。橋杭岩です。

Hashikui1

Hashikui2
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

串本の海岸から対岸の大島に向かい、南西に一直線上に、大小40もの奇岩が800m以上も連なる姿は壮観です。波の浸食により硬い岩石(石英斑岩)だけが残り、あたかも、橋の杭だけが残されているように見えます。

その昔、弘法大師と天の邪鬼(あまのじゃく)が串本から大島まで橋をかける競争をした際に、形勢不利と思った天の邪鬼が鶏の鳴き真似をして朝がきたと思わせたため、弘法大師が作業を止めて、橋の杭打ちだけで終えてしまったという伝説が残っているようです。

Hashikui3

Hashikui4
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

壮観な岩の連なりをカメラに収めている間、しゅんハルはヤドカリやカニ探しに興じていました。

Shunharu120803hashikui1

Haru120803hashikui

Shun120803hashikui

Hashikui5
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
神秘的な奇岩の連なりに、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (6) | TrackBack (0)

September 10, 2012

夏の旅行2012(13)和歌山ラーメン@串本・龍伯♪

南紀白浜から那智勝浦への移動の最中のこと。昼時に到着したのは本州最南端の地・串本。折角、和歌山県に来ているのだから、和歌山ラーメンを食べたいなぁとラーメン屋を探すのですが、思ったように見つかりません。JR串本駅にある観光案内所で教えてもらったのは、駅のすぐそばにある洒落た外装の中華料理屋さんでした。中華DINING 龍伯(Ronpa)です。

Shunharu120803atronpa
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

豚骨醤油ベースのスープに細いストレート麺。値段もお手頃でとっても美味しいお昼となりました。因みに、和歌山ラーメンは和歌山県北部(和歌山市)が中心のようで、県南部に位置する串本辺りには浸透していないのかもしれませんね。

Wakayamaramenronpa
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

龍伯(ロンパ) ホームページ http://www.ronpa.biz/
和歌山・中華そば『井出商店』 on 新横浜ラーメン博物館

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
和歌山ラーメンを食べてみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 09, 2012

夏の旅行2012(12)お薦めの温泉『長生の湯』♪

白浜と言えば、やはり温泉も外せません。万葉の時代から宮廷人たちが湯治に訪れたことで知られる名湯なのです。白浜を離れる日、ホントは白浜最古の源泉の湯を引き、波打ち際に露天のある名湯「崎の湯」に入りたかったのですが、運悪く定休日で入ることができませんでした(^^;;)。そこで、白浜地区から少し離れた古賀浦にある「長生の湯」に向かいました。白浜には他にも素敵な共同浴場が点在しているのですが、緑豊かな山間の露天にノンビリとつかりたくなったからなのです。

Shunharu120803choseientr
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

こちらまで来ると訪れる客も少なく、貸切状態ではいることができました。内風呂は昭和時代の湯治場を再現したような懐かしい造りになっていました。そして、外にある露天風呂は桜や楓などの緑が優しく包み込む素敵な空間で、奥には紀州特産の備長炭を敷き詰めたまろやかな泉質の備長炭風呂もありました。しゅんハルも大喜び。3人でまったりと温泉を楽しむことができました。白浜地区の温泉と違い、塩分が少なく、サラッとしている泉質とのこと。とっても素敵な温泉に巡り合えました(^^)。

Choseiuchiyu

Shunharu120803choseinoyu
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

そして、入浴後は休憩室で冷たいものを・・・。美味しかったね。
Shunharu120803milkafterspa
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

長生の湯ホームページ http://www.choseinoyu.jp/

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
備長炭風呂にまったりと浸かりたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (6) | TrackBack (0)