« 『まほうの夏』2013(10)~路面電車に乗って松山城へ♪ | Main | 『まほうの夏』2013(12)~愛媛大学ミュージアム訪問♪ »

August 24, 2013

『まほうの夏』2013(11)~坊っちゃん列車♪

松山市内を走る路面電車には特別な車両があります。その名も『坊っちゃん列車』。夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも登場するSL型の可愛い車両です。明治時代から昭和半ばまで走っていた実際のSLを復活させて、ディーゼルエンジンで走らせていますが、パーツは細部まで忠実に再現されているのだそうです。道後温泉駅前にて。

Shunharu130729bocchan1
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

1日数回の運行なので通常は予約が必要なようです。道後温泉駅構内の坊ちゃん列車SHOPで予約をしました。定刻の数分前に入線。整理券番号順に乗車しましたが、ラッキーなことに団体客のキャンセルがあったようで、乗客は私たちを含めて3組の家族連れだけでした。半ば貸切状態で坊っちゃん列車の短い旅を楽しみました。客車は床も座席も木製なんですよぉ。レトロな感じが最高です。

Bocchantrain2_2

Shunharu130729bocchan2
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

乗車中、車掌さんが坊っちゃん列車の歴史や沿線の見所などを楽しい話術で紹介してくれます。そして、車掌さんの大事な仕事である「ポイント切り替え」のロープ上げ下ろしも特別に体験させて貰えました(^^)。

Haru130729bocchan
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

坊っちゃん列車は道後温泉駅や松山市駅などターミナル駅では、機関車両を前後に付け替える作業が行われるのですが、実はなんと、運転士や車掌が人力で行う手作業!!!。このローテクがまたいい味を出しています。松山市駅にて。

Bocchantrain3

Bocchantrain1
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

道後温泉駅のショップでしゅんハルにお土産を買いました。しゅんはテーブルの端に来ると方向を変えるおもちゃを。そして、ハルには坊っちゃん列車のペーパークラフトを。しかし、このペーパークラフトが半端なく作り甲斐のある精巧さ(^^;;)。旅行が終わってすでに3週間が経っているのに・・・。やっと、機関車が完成しました。客車はもう一寸待ってね。

Haru130824bocchanpaper
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

伊予鉄道株式会社 坊ちゃん列車に乗ろう!

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
松山を訪れたら「坊っちゃん列車」に是非、乗ってみたいなぁと思われた方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

|

« 『まほうの夏』2013(10)~路面電車に乗って松山城へ♪ | Main | 『まほうの夏』2013(12)~愛媛大学ミュージアム訪問♪ »

Comments

様々な問題をクリアして今の時代に生き続けているんですね^^
そういう事を少しでも知ると、とても興味が湧いてきました。

Posted by: てっちぃ | August 24, 2013 at 10:49 PM

松山=坊ちゃんですね^^

Posted by: hairpriori | August 24, 2013 at 10:53 PM

これは絶対に子供たちは喜びますね!
そして、横で息子が目を輝かせながらみてますよ^^

Posted by: キボン | August 25, 2013 at 07:31 AM

カワイイ列車ですね。子どもは大よろこびでしょうね。

Posted by: こっちゃんパパ | August 25, 2013 at 05:18 PM

復元して観光に使うってのがすごいですねー。
復元した方が綺麗だし、安全も配慮されてそう。

ペーパークラフト、上手にできてますね~。
こりゃ時間かかりそう^^;

Posted by: muramasa | August 25, 2013 at 07:31 PM

近現代文学専攻だったもので…ここは食いつきました(笑)
小説じゃ分からないですが、
こんなに可愛い機関車だったのですね~☆
中の客車の木の風合いがすごくいい!

Posted by: ふゆか | August 25, 2013 at 09:35 PM

団体客のキャンセル^^
これはラッキーでしたね。
いいなあ。。木の温もり・・・
手作業は本当に大変でしょうね。。
でも、機械任せは私、すごく怖いと思うんです。
やはり、人の目と、心と、汗水流す作業があってこそ
日々の安全につながるんじゃないかって。

難しい組立を、頑張って作ったのですね!!
エライ\(^ ^)/
p☆

Posted by: Sippo☆ | August 25, 2013 at 11:06 PM

坊ちゃん電車、いい雰囲気ですね。
道後温泉には行ったことないのです。
いつかは行きたい場所なんです。
ほぼ貸切状態、良かったですね。
方向転換は人力ですか⁈
すごいなぁ。

Posted by: kazunao | August 26, 2013 at 05:27 PM

>てっちぃさん、コメントありがとうございます。
地元の歴史や観光を愛する気持ちが復活劇を生んだのでしょう。
これからも末永く走り続けて欲しいです。

>hairprioriさん、コメントありがとうございます。
そうですね。松山といえば坊っちゃん。
そして、最近では「坂の上の雲」も赤丸上昇中。

>キボンさん、コメントありがとうございます。
可愛らしい形に大興奮でした。
息子さんにもいつか実物を見せてあげてください。

>こっちゃんパパさん、コメントありがとうございます。
まさに「マッチ箱」のような感じ。大喜びでした。

>muramasaさん、コメントありがとうございます。
観光への意気込みは凄いですね。
環境対策でディーゼル&水蒸気、そして、効果音。
よく考えられています。
ペーパークラフト、硬めの紙なのでハサミとカッターを使います。
そして、接着はノリではなく木工ボンド・・・まさに、工作です(^^;;)。

>ふゆかさん、コメントありがとうございます。
おぉ、近代文学専攻でしたかぁ。
『坊っちゃん』冒頭の名文を知っている程度で
読んだことがなかったので、先日、買っちゃいました。
客車の木の風合い、ホント素敵でしたよぉ。いつか是非。

>Sippo☆さん、コメントありがとうございます。
何故こんなにガラガラなんだろうと不思議だったのですが、
車掌さんからそのお話がありラッキーでした。よくあることのようです。
木の温もり、最高でした。夏場は暑い中の手作業で大変そうですが、
プロとしてのプライドを持って取り組まれていました。
ペーパークラフト、私が頑張りました(^^;;)。

>kazunaoさん、コメントありがとうございます。
道後温泉はホント長閑なよいところでした。
坊っちゃん列車も雰囲気抜群。いつか是非訪れてみてください。
方向転換も見入っちゃいますよぉ。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | August 27, 2013 at 02:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/58057467

Listed below are links to weblogs that reference 『まほうの夏』2013(11)~坊っちゃん列車♪:

« 『まほうの夏』2013(10)~路面電車に乗って松山城へ♪ | Main | 『まほうの夏』2013(12)~愛媛大学ミュージアム訪問♪ »