« 2014夏の想い出~科博『太古の哺乳類展』(その2)♪ | Main | 2014夏の想い出~科博の常設展(その1)様々な標本♪ »

September 26, 2014

2014夏の想い出~科博『太古の哺乳類展』(その3)♪

8月26日の記事

Mammoth1hikaku

特別展『太古の哺乳類展』の最後の見どころは、日本のゾウたちの展示です。現在、動物園でしか見ることができないゾウですが、古代の日本にはご当地ゾウがいたようです。三重県では「ミエゾウ」が、八王子市では「ハチオウジゾウ」が発見されました。その後、大陸から分裂した日本で小型化が進み、「アケボノゾウ」へ進化。分類としては、ステゴドンという種類のようです。

三重県で発見されたミエゾウ(左下あご)
Stegodon1mie

ハチオウジゾウの牙と臼歯
Stegodon2hachioji

アケボノゾウの骨格標本(埼玉産)
Stegodon3akebono
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

そして、そのステゴドンが絶滅した後に登場したのが、マンモスやナウマンゾウの仲間たちです。圧巻はナウマンゾウ家族の骨格標本です。同じ場所からの発掘化石ではありませんが、親子3体が揃うと圧巻ですね。

マンモスとアフリカゾウの骨格の比較
Zounosekai

ナウマンゾウの家族
Nauman1family
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

太古の哺乳類展 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
国立科学博物館の特別展を見に行きたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

|

« 2014夏の想い出~科博『太古の哺乳類展』(その2)♪ | Main | 2014夏の想い出~科博の常設展(その1)様々な標本♪ »

Comments

ハチオウジゾウ!!!
今、住んでるので見てみたい!
化石とか骨ってほんとおもしろいですよね。

Posted by: るる | September 26, 2014 at 11:00 AM

おー、これも行かれたんですね^^
うちの娘とエジプト展にいったとき、娘が見たいって言ってました。
写真も撮れるんだったら更に娘は喜びそうです。

Posted by: muramasa | September 26, 2014 at 06:25 PM

このシリーズどれも迫力ありますね。
娘たちが行ったらこういうのだけで怖がりそうだなぁー。
私はいつか見に行ってみたいのですが^^;
男の子だったら大喜びでしょうね!

Posted by: ゆうこりん | September 26, 2014 at 08:50 PM

>るるさん、コメントありがとうございます。
おぉ、八王子にお住まいでしたかぁ。
このゾウは市内の河原で発掘されたと思います。
市内のこども科学館でもキバのレプリカを展示しているようです。

>muramasaさん、コメントありがとうございます。
エジプト展なんて開催されていたのですね。
娘さんの写真、拝見したいので、是非是非、上野へ。

>ゆうこりんさん、コメントありがとうございます。
やはり、この手の博物館は男の子が中心でしょうか。
でも、経験していくうちに興味を持っていくはず。
関西圏の博物館も楽しそうですね。
機会があったら、是非、レポしてください。

Posted by: グリンデル(★お返事★) | September 26, 2014 at 09:06 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46558/60375932

Listed below are links to weblogs that reference 2014夏の想い出~科博『太古の哺乳類展』(その3)♪:

« 2014夏の想い出~科博『太古の哺乳類展』(その2)♪ | Main | 2014夏の想い出~科博の常設展(その1)様々な標本♪ »