« 快進撃が続くベイスターズ♪ | Main | 第1回うどん県旅ネットフォトコンテストにて2作品入選♪ »

April 19, 2018

アリジゴクと初対面♪

4月14日の記事

Haru180414arijigoku1
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

ハルを誘って虫捕り(キャッチ・アンド・リリースの観察)に里山に出かけることにしました。先日、独りで出かけて花やトンボを撮った里山に向かったのですが、一番の目的はハルがまだ見ぬアリジゴクの観察です。

アリジゴクとはウスバカゲロウという虫の幼虫です。その生態は、道端の崖の乾いた砂地にすり鉢状の巣を作って、巣に落ちてくるアリなどの小さな虫をキバで挟み砂の中に引きずり込むのです。アリたちにとってはその巣は正に地獄のようなものとして名づけられました。実際にはこんな感じです。

Haru180414arijigoku2

Haru180414arijigoku3

Haru180414arijigoku4

Haru180414arijigoku5
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
OLYMPUS STYLUS SH-3


アリジゴクの観察が一段落したら、次はトンボやチョウの観察に・・・。でも、この日の天気は段々と日が翳り、風も出てきて肌寒くなってくるという昆虫観察には悪い状況。里山を少し回りましたが、ハルもあまり虫を見つけられずちょっとガッカリ。

Haru180414mushitori1
,
Haru180414mushitori2

Haru180414mushitori3
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
Apple iPhone 8 Plus


そろそろ帰ろうとした時、昆虫写真を撮られている方に声を掛けられました。事情をお話しすると、もしよかったら、ルリタテハの卵を見てみませんか?とお誘いくださいました。ルリタテハはその名のとおり、美しい瑠璃色の帯のついた羽を持つチョウです(写真はこちらのリンク先をクリック)。私も大好きな昆虫のひとつでしたので、珍しいお話に興味津々で案内してもらうと、食草となるサルトリイバラを見つけて、卵や小さな幼虫を探してくださいました。初めて見る美しいエメラルドグリーンの卵を見つけた時は感動しました。でも、その大きさは約1mmほどなんですよ。

Haru180414mushitori4
OLYMPUS STYLUS SH-3

素敵なものを教えていただき、昆虫写真愛好家の方に只々感謝です。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
アリジゴクやルリタテハの卵を初めて見た方もそうでない方も、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

|

« 快進撃が続くベイスターズ♪ | Main | 第1回うどん県旅ネットフォトコンテストにて2作品入選♪ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アリジゴクと初対面♪:

« 快進撃が続くベイスターズ♪ | Main | 第1回うどん県旅ネットフォトコンテストにて2作品入選♪ »