July 08, 2016

瑞牆山(その2)絶景かな、絶景かな♪

Shunharu160702mizu9

Shunharu160702mizu10

Shunharu160702mizu11
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

「大ヤスリ岩」を左手に巻きながら難所の急な岩場を少しずつ登っていきます。途中、休み休みのハル。高度が上がる度に目の前には絶景が広がります。こちらでは山頂からの眺めの写真までお預けです。




そして、最後の鎖場とハシゴを登ると・・・

Shunharu160702mizu12

Shunharu160702mizu13

Shunharu160702mizu14
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

標高2,230mからの眺めは絶景でした。3つ上のしゅんハルが映っている写真の上のほうにはうっすら、富士山のシルエットが確認できるでしょうか。その左手はこの瑞牆山同様、日本100名山のひとつ、金峰山(きんぷさん)です。

この眺めを見ているときは下山のことなど全く忘れさせてくれます。紹介してくれた同僚に感謝です。そして、眼下にある「大ヤスリ岩」にはロッククライマーの姿が・・・。あんな垂直の岩を登っていくなんて、世の中には凄い方がいらっしゃるものです。

Ooyasuriiwa1

Ooyasuriiwa2
Nikon D7200 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
瑞牆山山頂からの絶景としゅんハルの頑張りに、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 05, 2016

瑞牆山(その1)試練の登山♪

Mtmizugaki160702
D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

読み方は「みずがきやま」。山梨県北杜市の北部、奥秩父山系に属する標高2,230mの岩山です。「みずがき」とは神社の周囲に植えた生垣の意味だそうですが、その謂れは分かっていません。先日、同僚ファミリー(小学2年生の女の子がいらっしゃる)が登ってきて、とてもよい眺めだったと教えてくれたので、早速、訪れてみることにしたのです。スタート地点は瑞牆山荘、標高は1,520mです。

Shunharu160702mizu1

Shunharu160702mizu2

Shunharu160702mizu3
D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

ただ、この山が侮れない山と感じたのは、途中の山小屋(1,812m)で昼食を終えて、再び、登り始めたときです。目の前にはいきなりの急崖を下るルート。下がどこまで続いているのか分からないほどです。ここまで登ってきたのにという悔しい想いと、これから更に高く登らなくてはならないという虚脱感が同時に襲ってきました。

Shunharu160702mizu8
D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

しゅんハルも急崖を40mほど下ったところにある通称「桃太郎岩」で心が折れかかっていたようですが、でも、ここまで来たんだから頑張ろう!と息子たちを鼓舞して、再び、登り始めました。しかし、ここからが更に勾配のきつい岩場がこれでもか、これでもかと続くことになるのでした。

Shunharu160702mizu4

Shunharu160702mizu5

Shunharu160702mizu6

そして、長い長い岩崖の登りの先に、瑞牆山のシンボルでもある「大ヤスリ岩」が見えてきました。もう直ぐ頂上?いえいえ、あの岩の天辺よりも更に山頂は高いのです・・・。でも、それは、途中、何度も心が折れかかっていたハルには言えませんでした。

Shunharu160702mizu7
D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

その2に続く

瑞牆山荘 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
試練の登山を続けるしゅんハルに、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 04, 2016

我が家の2016GW(その2)入笠山トレッキング♪

Shunharu160430nyuukasayama1

Shunharu160430nyuukasayama2
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

中央道・諏訪南ICから10分ほどのところにあるスキー場からゴンドラで一気に標高1,780mの山頂駅へ。そこから、片道1時間で360°見渡すことができる山頂を持つ入笠山(にゅうかさやま)(標高1,955m)に登ることができます。

山頂駅なので、そこからの登りを甘く見ていましたが、山頂直下の斜面は岩場のある少しきつい登りでした。それでも、標高1955mの山頂からの眺めはその疲れを一気に吹き飛ばす素晴らしい眺望でした。八ヶ岳山塊を始め、南アルプス、中央アルプス、そして、北アルプスを全て眺めることができます。深田久弥著『日本百名山』のうち、実に22座を望むことができるのだそうです。

八ヶ岳
Nyuukasayatugatake

南アルプス
Nyuukasayminamialps

北アルプス
Nyuukasakitaalps
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

下山後、スキー場のレストランでランチタイム。自分は山賊焼き定食を頼みました。かなりのボリュームで美味しかったです。

Nyuukasasanzoku
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

深田久弥 山の文化館ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
入笠山に登って、360度の眺望を眺めてみたくなった方、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2016

蝶々のリボン♪

Hiodoshi1
Nikon D7200 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) トリミング加工

石砂山(いしざれやまと読みます)山頂で春の女神ギフチョウと共に、この時季、目にするオレンジ色のチョウはヒオドシチョウといいます。このチョウは結構、人馴れしているのか、そ~っと近づいてもあまり逃げたりしませんし、山頂で休憩している人の頭や足に止まって日光浴を楽しんだりしています。

Hiodoshi2

Hiodoshi3
Nikon D7200 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

機嫌がよくなったハル、ヒオドシチョウのマクロ撮影に夢中です。これくらい近づいても逃げないんですよ。

Haru160409hiodoshi
Nikon D7200 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
ヒオドシチョウのリボンを付けてみたくなった方、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 29, 2015

中央道でよく渋滞が発生するトンネルの上をハイキング♪

11月1日の記事

Kagenobumap
FUJIFILM FINEPIX F820 EXR

中央自動車道上り線の渋滞発生ポイント『小仏トンネル』の上には小仏峠があります。麓から小仏峠を通り尾根伝いに1時間ほど北進すると、標高727mの景信山(かげのぶやま)に登ることができます。山頂には茶屋があって、美味しい天麩羅やなめこ汁をいただくことができます。ここは高尾山から陣馬山に至る奥高尾と呼ばれる縦走路の一部なんです。健脚の方は高尾山から陣馬山まで歩かれることをお薦めします。全長18.5km、5時間半ほどの行程です。

Kagenobutempura

Kagenobuview

Shunharu151101kagenobu1

Shunharu151101kagenobu2
FUJIFILM FINEPIX F820 EXR

帰りがけ、峠から高尾山方面にある城山にも寄りました。
Shunharu151101kagenobu3
FUJIFILM FINEPIX F820 EXR

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
奥高尾の山々を縦走してみたくなった方、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 10, 2015

初めての百名山登山♪

9月22日の記事

先月、久しぶりに山登りを楽しんできました。向かった先は山梨県塩山市。中央道・勝沼ICから両脇に葡萄棚が広がる街道を北へ進みます。標高1,600m付近まで山道を登り、峠に立つ山荘からの出発です。

Shunharu150922daibosatsu1
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

表登山道を登り切ると眺望が素晴らしい峠(標高1,897m)に到着します。ここから更に、尾根伝いに山を登っていきます。山頂部は残念ながら林の中ですが、ここまで来る尾根道からの眺めは絶景です。

Shunharu150922daibosatsu2

Shunharu150922daibosatsu3

Shunharu150922daibosatsu4

Shunharu150922daibosatsu5
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

目指す山は大菩薩嶺(だいぼさつれい)。標高2,057m。しゅんハルにとっては、初めての2000m越えの山、そして、初めての日本百名山制覇です(^^)。

Shunharu150922daibosatsu6
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
大菩薩峠から山頂に向かう尾根からの絶景を見てみたくなった方、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (5) | TrackBack (0)

April 19, 2015

見て、見て~♪

最近、新年度の多忙と疲れで写欲もあまり沸かず、ブログ更新の頻度も減ってきています。わざわざお越しいただいている方々には大変、恐縮しています。少しずつペースを取り戻していこうと思っています。今回もギフチョウを観察に出かけた日の記事です。

Shunharu150412isizare5
Nikon D40 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

山頂で撮影に夢中になっていたしゅんハル。自分の撮ったギフチョウの写真を見てもらいたかったようです。カメラが格安コンデジなので、期待はしていませんが、なかなかいい感じで撮れていました。下の写真はどちらもトリミングをしています。

Shunsgifucho

Harusgifucho
 (上) しゅん撮影 FUJIFILM FINEPIX F820EXR
 (下) ハル撮影 Nikon COOLPIX L23


でも、子どもなので興味、関心がずっと続くわけではありません(^^;;。30分ほどして、もう降りよう、なんて言葉も・・・(^^;;。なかなか思うようにはいきません。登りは50分ほどかかりましたが、下りは40分ほどで降りました。麓の街道沿いにはお洒落なパン工房がありました。

Shunharu150412isizare6

Shunharu150412isizare7
Nikon D40 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
念願のギフチョウの写真をカメラに収めることができたふたりに、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (9) | TrackBack (0)

April 13, 2015

春の女神に逢いに・・・♪

Shunharu150412ishizare4

Haru150412ishizare1
Nikon D40 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

最後の急階段を1段1段登っていって、麓から50分ほどで山頂に到着しました。山頂にはカメラを手にした人だかりができていました。雲の切れ間から陽がさし、辺りが明るく、温かくなると歓声とシャッターを切る音があちこちで聞かれるようになりました。しゅんハルもさっそくその中に加わっていました。神奈川県北部にある標高600mにも満たない石砂山(いしざれやま)に息子たちを連れて行った理由は・・・

Gifuatmtishizare1

Gifuatmtishizare2
Nikon D40 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) トリミング

季節限定の出現とその美しさから「春の女神」という別名を持つギフチョウを見にやってきたのです。ギフチョウは国内各地で個体数が減少していて、神奈川県では天然記念物に指定されていて採集禁止、保護の対象となっています。県内ではここ石砂山山頂周辺が有名なギフチョウの観察スポットだと知り、観察ができそうな4月の晴れの日に息子たちを連れてきたのです。ギフチョウはかなり速いスピードで飛び交いますが、人慣れしているのか、撮影にも協力的でした(^^)。山頂に着いたときにはほとんどいなかったのですが、陽がさして温かくなってくると、どこからともなく、飛んできて、7~8頭近く乱舞するほどになりました。私も生まれて初めて見るギフチョウに魅了され、何度も何度もシャッターを切りました。

Gifuatmtishizare3

Gifuatmtishizare4
Nikon D40 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) トリミング

ギフチョウについてもう少し詳しく知りたくなった方は↓↓こちら↓↓をクリック。
春の女神/ぼくらのギフチョウ物語 on 国土交通省 中国地方整備局

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
ギフチョウを一目見てみたくなった方、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (10) | TrackBack (0)

April 12, 2015

久しぶりの軽登山♪

Shunharu150412ishizare1
Nikon D40 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

4月に入り、天候不順が続いている関東地方。週末、天気がよければ出かけたい山がありました。そして、ようやく今日、晴れマークがついたので出かけてきました。

Shun150412ishizare1

Shun150412ishizare2

Shunharu150412ishizare2

Shunharu150412ishizare3
Nikon D40 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

この山に登ったのには理由があったのです。答えは次の記事で・・・。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
山頂直前の急階段を弱音を吐かずに登りきったしゅんハルに、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (7) | TrackBack (0)

February 19, 2015

低山で一時迷子に・・・♪

Shun150215kinuharidown1
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

衣張山からの下山の際、山頂で出会った男性が地蔵の裏手に入っていくのが見えて、別のハイキングコースだと早合点し、しゅんを連れて降りることにしました。急な下りの獣道が続いたり、笹薮をこぎながら前進しました。途中、道が分からなくなり、しゅんは不安になり、「引き返そうよ」と言う始末。まぁ、昼間だし、降りていけば道路に出るだろうと判断し進みました。すると、枯れ草の広がる平地に出ました。電柱の住所表示を見ると、どうやら、反対側の谷に下りてしまったようです。近くにある切通しは落石のため通行止めになっているようで、かなり大回りして、30分後にようやく相方とハルに合流できました。途中、居場所を伝えようと携帯を探したのですが、車に置き忘れていたようで・・・(^^;;。何年かぶりに公衆電話を使いました。

Shun150215kinuharidown2

Shun150215kinuharidown3

Shun150215kinuharidown4

Shun150215kinuharidown5
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

降り立った平地は、サザンの名曲『愛の言霊』の歌詞にも登場する「釈迦堂」のそばにある遺跡(13世紀の寺社)のようです。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
思いがけず、しゅんと鎌倉の街を散策してしまった私に、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (8) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧