July 22, 2019

やっぱり科博が好き♪

7月7日の記事

Haru190707museum4
Apple iPhone 8 Plus

西洋美術館の松方コレクション展はまたの機会にして、次に向かったのはもちろん・・・

国立科学博物館 (通称:科博)

でした。特別展の恐竜展には数日早かったのですが、地球館の常設展だけでも見どころ満載の博物館。私自身久しぶりの訪問だったので、内部を改装した後、初めての訪問となり新鮮な見学となりました。やはり、生きものは凄い、恐竜は凄い、地球は凄い・・・。地下の恐竜の展示室では、メインはティラノサウルスとトリケラトプスの対決シーン(ティラノサウルスは待ち伏せしています)になりました。

19kahaku0

19kahaku1

19kahaku2

19kahaku3
Apple iPhone 8 Plus
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM


◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
美術館の前でも瓢軽もののハルに、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

November 18, 2018

博物館とゴジラと礒の観察と♪

9月9日の記事

Haru180909knm1
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

神奈川県南東部、三浦半島の付け根に位置する観音崎。灯台も有名ですが、海岸沿いに興味深い博物館があります。観音崎自然博物館です。場所柄、海の生き物や船舶、漁業に関する展示が多いですが、三浦半島の自然全般の展示にも興味深いものがあります。展示方法や面白い説明文、クイズラリーなど学芸員の皆さんのご努力がリピーターを生んでいるようです。また訪れたいと思える博物館でした。

Haru180909knm2
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

さて、この博物館のすぐそばにある海岸(たたら浜)にはあのゴジラの足跡が残されています。実物よりもかなりサイズが小さいようですが・・・(^^;;。観音崎は初代ゴジラが東京湾内で初めて目撃された場所のようです。上陸したと誤解されているようですが、初上陸は品川とのこと。そんなゴジラと関わりのある観音崎に建つ博物館内にもゴジラが飾られていましたよ。

Haru180909knm3
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

博物館見学が終わった生きもの大好きなハルは、その後、たたら浜で礒の生き物観察を楽しんでいました。小魚、カニ、エビ等を見つけていましたよ。

Haru180909knm4

Haru180909knm5
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

観音崎自然博物館 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
観音崎自然博物館に行ってみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2018

2018夏旅行~行くぜ!南東北(6)興味深い企画展と展示@いなわしろカワセミ水族館♪

18tohoku_aquamarine1
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

猪苗代湖畔にはちょっと地味ながらも素敵な水族館がありました。
ハルも大好きな香川照之演じるカマキリ先生で一躍有名になったタガメをはじめ、国内で確認されている全146種類のうち139種類のゲンゴロウが展示されていました。カワセミの生体展示もされていましたよ。また、この夏の企画として、「The対決タガメvsゲンゴロウ~カマキリ先生への挑戦状~」と題したタガメとゲンゴロウのどちらがカッコいいかを決める参加体験型展示をしていたました。ハルはゲンゴロウの着ぐるみを身に付けたり、臭いにおいをかいだりと、かなりハマっていました。

18tohoku_aquamarine2

18tohoku_aquamarine3

18tohoku_aquamarine4

18tohoku_aquamarine5
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
Nikon D7200 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)


また、福島原発事故で帰還困難区域となった双葉町の昆虫たちの事故前に採集された標本や、水生昆虫たちの生態が事故前後でどのように変わったのかを伝える調査結果はとても興味深いものでした。その調査によると、帰還困難地域で田畑の管理ができず荒廃していった土地は水生昆虫がすめない環境になってしまったようです。カメムシ類は13種からたったの5種、コウチュウ類は26種からなんと9種にまで減少してしまったとのこと。いなくなった昆虫たちが再び双葉町に戻ってきてほしいと切に願っています。

18tohoku_aquamarine6
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

また、水族館の側には昔のSLや木造駅舎を移築して作られた食堂などもあり、美味しいそばを食べることができます。

18tohoku_aquamarine7

18tohoku_aquamarine8
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館 公式ホームページ
夏の企画 The対決 ゲンゴロウvsタガメ9月30日まで開催中です!!!

香川照之の昆虫すごいぜ! 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
タガメやゲンゴロウをもっと身近に感じたい方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2016

まほうの夏2016(3)~トンボ王国@四万十(旧中村市)♪

Tombokoen
Nikon D7200 + SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO OS

四万十市に宿泊した翌日は朝からジリジリと太陽が照りつける暑い日でした。朝食後、先ず向かったのが、市内にあるトンボ王国(トンボ自然公園)です。昆虫が好きなハルのため、否、ずっと前から私が訪れてみたかった場所なのでした(笑)。中村といえばトンボ公園、とずっと思っていたくらい有名なトンボの聖地です。広さはざっと50ヘクタール(東京ドーム10個分くらい)。日本の原風景の広がる公園内にはたくさんのトンボが生息しています。

また、園内には四万十川流域に生息するトンボや魚について学習できる博物館あきついお(四万十学遊館)もあります。あきついおは2語からなる造語で、あきつ=トンボ、いお=さかなを意味する古語のようです。

Haru160810akitsuio1

Shun160810akitsuio1
Nikon D7200 + SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO OS

館内は「とんぼ館」と「さかな館」に分かれています。「とんぼ館」は、国内外のトンボの標本展示をしていますが、世界のトンボは1000種3000点、国内のトンボは200種ほど展示という日本一の規模だそうです。また、「さかな館」には常時130種もの淡水魚、汽水魚を飼育展示しています。この数も国内の博物館では類を見ないそうです。しゅんハルも興味深く観察していました。

Haru160810akitsuio2

Shun160810akitsuio2

Haru160810akitsuio3

Shun160810akitsuio3
Nikon D7200 + SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO OS

あきついお 公式ホームページ はこちらをクリック。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
トンボ王国を訪れてみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 21, 2016

う~、マンボゥ♪

Uhmanbou
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
たまには、こんなタイトル、こんな写真でもいいでしょうか。
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 20, 2016

ツーショット♪

Haru160718ankou
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

科博『海のハンター展』で展示されていたキアンコウと一緒に。アンコウってホント不思議な魚ですね。その姿形だけでなく、ひれを手足のように使って海底を歩き回ったり、2本のアンテナを揺らして魚を誘き寄せて捕食したりするのです。そんなアンコウのアップがこちら。口が大きく、歯がとっても鋭い形状をしているのがよく分かります。

Ankouface
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
アンコウの不思議な習性が少し気になった方、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 19, 2016

久しぶりに科博へ♪

Shunharu160718kahaku1
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

3連休の中日、久しぶりに上野の国立科学博物館を訪れました。現在、開催されている特別展は『海のハンター展』です。太古の時代から現代に至るまでサメ類を中心とした展示となっています。上の写真の模型は、カルカロドン・メガロドンというサーベルタイガーやマンモスなど哺乳類が大繁栄した時代・新生代に生息していた史上最大のサメです。解説によると、1本の歯にかかる力はナント、ティラノサウルスの3倍の18トンだとか。想像できないほどの恐ろしさです。

しゅんと張るにはヘッドホンガイドをつけて見学させてみました。いろいろと勉強になったかな?

Shunharu160718kahaku2

Shark1

Shark2

Shark3

Shunharu160718kahaku3
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
国立科学博物館で様々な科学について勉強してみたくなった方、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2016

航空公園でオフ会(その1)航空発祥記念館♪

Haru160521koukuu1
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

久しぶりに電車に乗って家族皆で外出。向かった先は、埼玉県所沢にある航空公園ブログ『3人寄ればっっ!』のmuramasaさんからのお誘いで、航空発祥記念館でゴム飛行機の制作イベントにご一緒させていただくことになりました。紅一点muramasaさんの娘さん、そして、弟くんとは2年ぶりの再会。そして、今回はブログ『かずとおさんぽ』のいまいまさんと息子さんもご参加。お会いできることを楽しみに電車に乗りました。

3家族で5人の子供たちが集まりました。所沢は日本で始めて飛行場が開設され、初めての演習飛行、初の国産軍用機や飛行船の製造、パイロット訓練などが行われた、日本の航空発祥の地。記念館の中には実機が展示されていたり、操縦シミュレーションのブースがあったり、航空に関するためになる展示があったりと充実した内容。でも、子どもたちの撮影に夢中になって・・・また、今度、ゆっくりと訪れてみたいです。

Tokorooff160521museum0

Tokorooff160521museum1

Tokorooff160521museum2

Tokorooff160521museum3

Tokorooff160521museum4

Tokorooff160521museum5
Nikon D7200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

所沢航空発祥記念館 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
所沢でのオフ会の様子を楽しみにしている方、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 06, 2016

春を探しに・・・@瀬上沢(その2)♪

Haru160305savesegami3
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

今回の春探しのイベントは横浜南部の瀬上沢で開かれました。この辺りはホタルが生息する場所としても有名なところで、以前、訪れたことがあります。今回は湧き水を集める側溝や小川などで虫を探してみました。すると・・・

Haru160305savesegami4

Savesegami160305yago
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

ホタルの幼虫の餌になるカワニナやカワトンボのヤゴ、ガガンボの幼虫などが見つかりました。カワニナやカワトンボは澄んだ沢でないと生息しない生き物です。地元横浜にもこのような場所がまだ残っているのだなぁと自然の豊かさを感じました。イベントの最後には、講師の山田さんが今回捕まえた生き物を解説してくださったり、子どもたちが捕まえた生き物をスケッチしたりして、自然観察の奥深さを体感しました。

Shunharu160305savesegami2

Haru160305savesegami5
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

雑木林や谷戸が広範囲に広がる瀬上沢ですが、都市開発の計画が進んでいて、地元の方々がNPO法人を立ち上げその存続を訴えています。このような自然豊かな場所がどんどん少なくなるのはとても残念なこと。様々な生き物が共存できる環境づくりを行政にも是非、分かってもらいたいです。

今回、イベントを企画したNPO法人・ホタルのふるさと瀬上沢基金の皆さま、そして、講師の山田陽治さん、ありがとうございました。瀬上沢の保全に興味を持たれた方は、NPO法人のHPをクリックなさってください。

NPO法人・ホタルのふるさと瀬上沢基金 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
数多くの生き物が生息する自然豊かな場所の存続に関して、
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 05, 2015

2015夏の想い出~ストーンペインティング♪

7月19日の記事

Kyodonomori1
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

今年の夏休みはカレンダーの関係で少し早く始まりました。最初の週末に出かけた場所は府中市郷土の森博物館。博物館といっても常設展示スペースやプラネタリウムなどの設備のある建物だけでなく、周辺にある広大な敷地も含めて「博物館」と称しているようです。詳しくは府中市郷土の森博物館サイトをご覧ください

Kyodonomori2

Kyodonomori3
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

しゅんハルは、敷地内にある旧尋常高等小学校校舎で開かれた「多摩川ふれあい教室」に参加しました。講師はNHK・Eテレ『モリゾー・キッコロ森へいこうよ!』でお馴染みの山田陽治さん。当初、川遊びプログラムの予定でしたが、台風による増水で急遽、ストーンペインティングに変更されました。自分の好きな生き物を好きな石に描いていきます。しゅんは水鳥や蛙など水辺の生き物を、ハルはスズメバチやカマキリなど虫をたくさん描いていました。夏休み開始早々、立派な自由研究が出来上がりました。

Shunharu150719stonepaint1

Shunharu150719stonepaint2

Shunharu150719stonepaint3

Shunharu150719stonepaint4

Shunharu150719stonepaint5
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
しゅんハル、それぞれの作品の出来はいかがですか?
コメント&応援の1クリックをいただけると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (6) | TrackBack (0)