August 26, 2013

『まほうの夏』2013(13)~三越のライオン像♪

松山には三越デパートがありました。三越といえば正面に置かれた「ライオン像」が有名ですね。しゅんハルは何故こんなところにライオンが?と不思議がっていました。

Shunharu130729lion1
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

台座にある銘板を読んでみると・・・。

「人目にふれないでこのライオンにまたがると
入学試験や就職試験に合格する」という云いつたえがあります。


Lionpanel
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

ならば・・・・
幸い、人通りが途切れた瞬間(^^)。ふたりを抱き上げてまたがせちゃいました。といっても、小学生低学年には「試験」はまだ、ないかぁ。

Shunharu130729lion2
Nikon D40 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
三越のライオン像にまたがりたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (7) | TrackBack (0)

August 10, 2005

地球博で思ったこと

しゅんの風邪は本格的になり、鼻水だけでなく咳も出るようになってきました(><)。以前、引いた風邪(こちら)と同じ症状です。その後、咳がなかなか治らず気管支ぜんそくという診断をもらった経緯がありますから心配です。しばらくは様子見です。

さて、先日訪れた地球博の感想をつらつら書き並べてみたいと思います


■■バリア・フリー?■■
しゅんをベビーカーに載せていったのでこの点はとても気になりました。まずエレベータの数が極端に少ないし小さすぎます。同じような状況のファミリーが何組かエレベータに並ぶと、1度には乗れないので次まで待たなくてはいけません。そして、階段はあるもののスロープがあまりないので、結局はエレベータを待つか、ベビーカーから降ろして抱っこで降りるしかないという場面がありました。

■■なんでも高すぎ■■
私たちは一部の外国館にしか入館しませんでしたので、この感想は全てに当てはまることではないと一言前置きしておきます。ただ、入館した外国館で販売されていたものの印象としては高すぎます。イラン館のザクロジュース。氷でごまかされている上に、コンビニで売っているような小さな透明のプラスチックコップに入っていてなんと300円。ものは自国から空輸してきているのでしょうからかなり安いはず。原価は一体いくらなのか知りたくなりました。その他、民芸品や工芸品はみな高い。手作りを売りにしているのでしょうが、現地ならいくらなのでしょうね。そして、レストラン(ファーストフードタイプ)のメニュー。長久手日本館前の屋台風ショップは横並びに1,000円。それもMサイズの紙コップに入った飲みものつき。ほとんど皆さん、会場内のペットボトルを買っているのだから飲み物はいらないでしょう。その分安くして欲しかったです。キッコロ・ゴンドラも高すぎっ!

■■万国物産展?■■
愛・地球博の開催テーマは自然の叡智(Nature's Wisdom)。そして開催の目的は

21世紀の人類が直面する地球規模の課題の解決の方向性と人類の生き方を発信するため、多数の国、国際機関の参加の下、自然の叡智をテーマとした新しい文化・文明の創造を目指して開催する

とあります。しかし、外国館の中には物産展まがいのパビリオンもありましたし、何を意味する展示物なのか???というものもありました。毎年行われている世界旅行博に近いものも感じてしまいました。ただ、日差しをもろに受けたときの暑さは温暖化を体験できましたが・・・。

なんだか愚痴ばかりになってしまいました。
人気パビリオン&スイス館を見られなかった悔しさがにじみ出ていますね(^^;;。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
記事が面白かったら以下のリンク先をクリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキング

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 07, 2005

1歳児を連れた地球博

今回の夏の旅行は横浜に住む友人Kさんファミリー(3歳児連れ)と鳴門(徳島県)にいる友人Aさんを訪ねることが目的だったのですが、折角、西日本に行くのだからと、途中下車して愛・地球博にも行くことにしました。ただ、大混雑の上に暑さ対策も必須の場所ですから、1歳児のしゅんのことを最優先に考えたプランを立てることにしました。

◆◆それなのに事前予約は全くなし・・・・(^^;;◆◆
1ヶ月前の事前予約はタイミングを逸して全敗。そしてハガキで応募していたサツキとメイの家は当然のごとく落選(><)。ということで当日は行き当たりバッタリの予定で臨むことになりました。もちろん、超人気パビリオンは観覧できないことは承知の上。でも、あわよくばマンモスだけでも・・・(私の場合は大好きなスイス館を訪れることが最大の目的だったのですが・・・)

◆◆朝はゆっくり◆◆
地球博の超人気パビリオン観覧については事前予約かもしくは当日配布される整理券をゲットする方法があります。私たちの場合は事前予約できなかったので、もし日立館やトヨタ館、長久手日本館などに入りたい場合には整理券ゲットが必須です。そのためには会場に開園(9時)よりも前に出来るだけ早く到着し、開園と同時にダッシュで整理券配布場所に向かう必要があります。でも、今回はしゅんの起床、食事の時間に合わせる形をとりました。そのため名古屋のホテル出発は9時過ぎとなりました。

◆◆地球博までは直行シャトルバスで移動◆◆
地球博の会場までのアクセスはいろいろありますが、いかに時間をかけずに、且つ、空いている交通機関を利用するか、ということが課題でした。ネットで調べると名古屋駅からだと名鉄バスを利用するのがベストな選択のようです。乗り場は名古屋駅の外れにある名鉄ビルの4階。電車の切符売り場の並ぶビル中央からでなくJRの線路側の建物脇の入り口から入ると(階段ですが・・・)そのまま乗り場に通じていて楽です。

MeitetsuBusCenter

バスは朝7時半から頻繁に出ているので必ず座れます。時刻表では10分おきですが、臨時便も増発しているそうです。

ExpoShuttleTimetable

高速を経由し(黄金入口~高針~名古屋ICより東名~長久手IC)所要時間35分で会場に着きます。ただ、到着は会場外れの東ゲート。メインの北ゲート(リニモ万博会場駅があるメインゲート)までは歩いて10分以上かかります。でも各ゲートでは手荷物検査(カバンの中身を簡単にチェック)もあるので空いている東ゲートはお薦めです。

◆◆こんな風に歩きました(反省点多数です^^;;)◆◆
 9:25 シャトルバス出発
10:00 万博長久手会場東ゲート・ターミナル到着
10:05 東ゲート前到着(バスターミナルからエレベータまたはエスカレータで下りる)

Expo2005EastGate

10:10 手荷物検査を無事通過し、会場入り。ふぅ。
10:15 トイレを済ませて会場の混雑状況をチェック

Expo2005Konzatsu

10:30 ノンビリ歩いてメインゲート付近に到着。
      途中でモリゾー&キッコロと記念撮影。

Shun050801kikkoromorizo

10:50 グローバルハウス(オレンジホール)の整理券をゲット(^^)v。
       12:50入場の券。ラッキーでした。
11:05 グローバルコモン1エリア(アジア地域パビリオン群)見学
      イエメン館・イラン館・中央アジア共同館・ネパール館

休憩にはもってこい?の冷房の利いたイラン館。
ザクロ・ジュースも美味。1杯300円は高いけど。
Expo2005IranPavillion

12:15 隣のエリアのカナダ館に並ぶ。
       でもショーは途中退場が出来ないとのことで列から抜ける
12:40 グローバルハウス集合場所に到着

13:00 グローバルハウス(オレンジホール)入館
      (12:50入館予定だったが・・・)
13:50 グローバルハウス&マンモスラボ見学終了(感動しました!)
       特に入館前に撮影した入館前の観覧者たちの姿を
       NHKが開発したスーパーハイビジョンの映像で見せてくれたのですが、
       それはもう美しすぎる映像でした。
14:00 長久手日本館前のレストラン2Fでランチタイム
15:10 グローバルコモン6エリアへ移動
15:25 シンガポール館前で友人ファミリーと別行動
      マオリ族のパフォーマンス見学・タイ館にてデザート購入
15:45 スイス館目指して移動
16:00 スイス館到着・・・・しかし!!!!(詳しくはこちらをクリック)
16:10 気を取り直してロシア館でマンモス等を鑑賞

Expo2005RussiaPavillion

16:35 キッコロ・ゴンドラで北ゲートへ・・・・所要時間は4分とのこと。
       片道600円は高すぎですが、歩くことを考えると仕方ないか・・・

南駅を出発したゴンドラから北側を望む
Gondola1

ゴンドラから見たグローバルコモン1エリア
Gondola2

16:45 北ゲート周辺で友人Kを待つ。
      その間に180分待ちの日立館前で記念撮影

Expo2005HitachiGroup

17:05 Kファミリーと合流。暑さと疲れピークに。これで帰ることに・・・。
      清掃担当のおねえさんに頼んでみんな揃って記念撮影。
17:40 東ゲート到着。ゲート前のショップでおみやげ購入タイム。
18:10 ゲート脇のベビールームでおむつ替え
18:30 名古屋駅行きのシャトルバス乗車。すぐに発車。
19:10 名古屋駅到着

地球博を訪れて気がついたこと、反省点などは次回アップします。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
記事が面白かったら以下のリンク先をクリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2005

怒りの地球博@スイス館

8月1日、地球博会場を訪れました。旅程を組んだ結果、たまたまこの日に地球博に行くことになったのですが、8月1日が何の日かご存じの方はいらっしゃいますか?実は私の大好きな国、スイスの建国記念日なのです。地球博では各外国館の催し物としてナショナルデー(建国記念日)を祝う行事が企画されることが多いのです。スイスももちろん、と思っていたのですが、事前の予定(こちら)では8月1日はバヌアツ共和国の催し物しか予定されていませんでした。もしかしたら当日、特別なイベントがあるかもしれない。なぁんて、期待に胸をふくらませていました。

いろいろ見て回ったりお昼を食べたりしていたら、既に時刻は午後4時を回っていました。同伴の知人ファミリーはシンガポール館に入りたいとのことで別行動をとり、スイス館へ向かうことにしました。朝方はにわか雨が降っていたのですが、午後になり空はすっかり青空が広がりいい天気。でも地球博はいい天気過ぎるのは困りもの。各エリアを結ぶ空中回廊(グローバル・ループ)はシェードがほとんどないので、直射日光をもろに受けます(><)。ということで影の道をノンビリ歩きます。

Shun050801globalloop

10分ほど歩いてスイス館のあるグローバル・コモン4ゾーンへ到着。このゾーンはメインゲートから一番離れたところにあるパビリオン群です。スイス館の他にもミッフィーがお出迎えしてくれるオランダ館やマンモスが展示されているロシア館、そして楽しいライブ・パフォーマンスが評判のルーマニア館などがある人気ゾーンのようです。

Shun050801gc4

そして念願のスイス館に到着。遠くからでも漢字の『山』がとても印象的。
すぐに入りたい気持ちを抑えて入り口がどこか探します。

Shun050801switzerland

と・・・・・

入り口にこんな掲示が・・・・

Shun050801swissannai


えっ!?

もう一度、目を凝らしてよーく見ても・・・・

Shun050801swissannai

同じです(;;)

どういうことなのでしょう。すぐには理解できずその場で立ちつくしてしまいました。入り口にいるスタッフとなにやら話をして中に入っていく人たちもいます。徐々に状況がつかめてきました。

自国の建国記念日を

限られた人たちで

お祝いしようとしているようです。

それも万博のパビリオンの中で・・・・。

なんと排他的なことでしょう。


わざわざ遠くからやって来たゲストを門前払いで追い返すようなものです。はるばる横浜からやってきて入場料を払った私もれっきとしたゲストだと思うのですが・・・。私の他にも残念がってその場を立ち去るお客さんがたくさんいらっしゃいました。

これにはどうも納得がいきません。万博をどのように考えているのでしょうか。なぜ万博のパビリオンで限られた人たちだけでお祝いをするのでしょうか。万博=万国博覧会。万博とは自国のことを理解してもらう絶好の機会だと思います。その万博で建国記念の日を迎えられるのはとても素敵なことだと思います。その場、その時間を共有している観覧者たちと一緒になって自国の建国を祝う。なぜそのように考えてくれないのでしょう。建国記念のパーティをしたいのなら別の場所でやって欲しかったです。私の大好きな国がこのような排他的な行動をとるとは・・・・はなはだ残念でなりません。今後、同じようなことが別のパビリオンでも繰り返し起きないで欲しいと思います。

でも、このようなことはスイスに限ったことではないようです。実は今回のことはどうも納得がいかず帰り際、東ゲート脇の案内所に苦情として伝えました。担当のアテンダントの方は親切に対応してくださいました。担当の方からの返答は・・・

「外国館は突然休館することが多いのです。それは万博本部にも当日になって連絡が入ることがあります。VIPがやってくることも突然なんです。でも今回のことは上の者にしっかり伝えますので。」

彼女が言った「上の者」とは万博運営委員会の上層部の方でしょう。後日、私の元に電話で回答をいただけるとのことです。未だに連絡はありませんが・・・。でも、今回の件はスイス政府観光局の方々はどのように考えていらっしゃるのでしょう。同じ内容を観光局宛にも送るつもりです。回答がありましたらまたこちらで紹介したいと思っています。

【追記】

今回のことが事前に周知されていたかどうかということですが、私はネットでいろいろ調べていたつもりですが、見逃していたようです。ただ、万博の公式サイトにこのイベントのことが載ったのは27日、それもトップページではなく「協会からのお知らせ」というわかりづらいページでした。
愛・地球博公式サイト 協会からのお知らせ 7月27日

それに会場に入ってからも一切、14:30での閉館の情報は流されていませんでした。全ての観覧者がネットからの情報をチェックしているとは思えませんから、ゲートや各エリアの掲示板等で「目に見える形で」情報を流してもらいたかったです。該当パビリオンの入り口に来て初めて閉館の情報を知るというのはとてもおかしなことです。

今更ながら最初に行っておけば・・・・と後悔しています。
もう行くことはありませんからねぇ。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
記事が面白かったら以下のリンク先をクリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキング

| | Comments (7) | TrackBack (0)

August 04, 2005

しゅん@地球博

今夜、夏の旅行から帰宅しました。しゅんにとっては初ものづくしの旅行となりました。今夜はとりあえず、8月1日(木)に行った愛・地球博の写真を。

暑さで参ってしまってみんなでイラン館で休憩・・・
入り口に掛けてある大きなペルシャ絨毯の前でパチリ。
Shun050801iran

最後に目指すはスイス館。ところが!!!!!
怒りの記事は明日アップします(><)"。
Shun050801switzerland

地球博ともお別れの時が来ました。
東ゲートにあるショップの前で・・・。
Shun050801eastgate

会場ではいろんなことがありました。詳しくは明日以降の記事で・・・。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
記事が面白かったら以下のリンク先をクリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)