November 18, 2018

博物館とゴジラと礒の観察と♪

9月9日の記事

Haru180909knm1
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

神奈川県南東部、三浦半島の付け根に位置する観音崎。灯台も有名ですが、海岸沿いに興味深い博物館があります。観音崎自然博物館です。場所柄、海の生き物や船舶、漁業に関する展示が多いですが、三浦半島の自然全般の展示にも興味深いものがあります。展示方法や面白い説明文、クイズラリーなど学芸員の皆さんのご努力がリピーターを生んでいるようです。また訪れたいと思える博物館でした。

Haru180909knm2
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

さて、この博物館のすぐそばにある海岸(たたら浜)にはあのゴジラの足跡が残されています。実物よりもかなりサイズが小さいようですが・・・(^^;;。観音崎は初代ゴジラが東京湾内で初めて目撃された場所のようです。上陸したと誤解されているようですが、初上陸は品川とのこと。そんなゴジラと関わりのある観音崎に建つ博物館内にもゴジラが飾られていましたよ。

Haru180909knm3
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

博物館見学が終わった生きもの大好きなハルは、その後、たたら浜で礒の生き物観察を楽しんでいました。小魚、カニ、エビ等を見つけていましたよ。

Haru180909knm4

Haru180909knm5
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

観音崎自然博物館 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
観音崎自然博物館に行ってみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2018

2018夏旅行~行くぜ!南東北(6)興味深い企画展と展示@いなわしろカワセミ水族館♪

18tohoku_aquamarine1
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

猪苗代湖畔にはちょっと地味ながらも素敵な水族館がありました。
ハルも大好きな香川照之演じるカマキリ先生で一躍有名になったタガメをはじめ、国内で確認されている全146種類のうち139種類のゲンゴロウが展示されていました。カワセミの生体展示もされていましたよ。また、この夏の企画として、「The対決タガメvsゲンゴロウ~カマキリ先生への挑戦状~」と題したタガメとゲンゴロウのどちらがカッコいいかを決める参加体験型展示をしていたました。ハルはゲンゴロウの着ぐるみを身に付けたり、臭いにおいをかいだりと、かなりハマっていました。

18tohoku_aquamarine2

18tohoku_aquamarine3

18tohoku_aquamarine4

18tohoku_aquamarine5
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
Nikon D7200 + TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)


また、福島原発事故で帰還困難区域となった双葉町の昆虫たちの事故前に採集された標本や、水生昆虫たちの生態が事故前後でどのように変わったのかを伝える調査結果はとても興味深いものでした。その調査によると、帰還困難地域で田畑の管理ができず荒廃していった土地は水生昆虫がすめない環境になってしまったようです。カメムシ類は13種からたったの5種、コウチュウ類は26種からなんと9種にまで減少してしまったとのこと。いなくなった昆虫たちが再び双葉町に戻ってきてほしいと切に願っています。

18tohoku_aquamarine6
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

また、水族館の側には昔のSLや木造駅舎を移築して作られた食堂などもあり、美味しいそばを食べることができます。

18tohoku_aquamarine7

18tohoku_aquamarine8
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館 公式ホームページ
夏の企画 The対決 ゲンゴロウvsタガメ9月30日まで開催中です!!!

香川照之の昆虫すごいぜ! 公式ホームページ

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
タガメやゲンゴロウをもっと身近に感じたい方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2018

2018夏旅行~行くぜ!南東北(5)アサギマダラのマーキング調査@裏磐梯♪

18tohoku_asagi1
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

アサギマダラというチョウをご存知でしょうか。横浜周辺ではほとんど見ることができないチョウだったので、昆虫図鑑に載っていたチョウの中では子どもの頃から憧れのチョウのひとつでした。アサギマダラはタテハチョウの仲間でその色に特徴があります。胴翅や胴体がマダラ模様になっているのですが、その翅の色が濃い茶色の地に薄青白い斑紋があります。この薄青白い色こそが「アサギ」色と呼ばれる色です。「アサギ」の漢字は浅葱と書きます。そう、葱(ネギ)の緑から白に変わる部分の色のことなのです。そして、フワフワと優雅に飛ぶその姿から「高原の貴婦人」という別名もあります。また、このチョウは暖かな生息地を求めて南日本から本州の山地や高原に飛んでくる、逆に秋、南日本に飛んでいく「渡り蝶」としても知られています。

18tohoku_asagi8
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

その憧れの蝶が飛来することで有名な場所のひとつが裏磐梯にあるグランデコスキー場です。夏旅の目的のひとつ「やってみたいこと」とは、このアサギマダラのマーキング調査への参加だったのです。渡り蝶として知られていても、どの場所へ飛んでいくのかが未だ解明されていないため、日本各地でマーキング調査が行われているのだそうです。そして、グランデコスキー場は夏から秋にかけて、一般の人にも協力してもらい調査をしています。調査は採集した個体の翅に油性ペンで識別の文字、日付を入れてリリースするという単純な作業です。ただ、相手が繊細な生きた蝶なので丁寧さ、慎重さが必要となります。識別の文字はアルファベット3文字を自分で好きに組み合わせてよいとのことだったので、ハルはHRT、しゅんはSSKにしました。

18tohoku_asagi2

18tohoku_asagi3

18tohoku_asagi4

18tohoku_asagi5

18tohoku_asagi6
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
スキー場のゲレンデには蝶の好きなヨツバヒヨドリというピンクの花がそこかしこに咲いているので、蝶を見つけやすいのですが、参加者が多く採集は思うように進みません。それでも、1時間ほどで家族4人合わせて20頭近くの蝶にマーキングすることができました。しゅんハルも楽しく調査に協力できたようです。特に、ハルは夏の自由研究の題材にすることにしたようです。さて、そのマーキングした蝶たちはこの秋、一体どこまで移動しているのでしょう。夢とロマンを感じる調査です。

18tohoku_asagi7

18tohoku_asagi9

18tohoku_asagi10
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
Apple iPhone 8 Plus

グランデコスキー場のマーキング調査についてのホームページ
アサギマダラ観察会 (すでに終了しているイベントです)

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
アサギマダラのマーキング調査に興味を持たれた方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 29, 2018

故郷へ帰す♪

7月15日の記事

Kabuto180715backhome1
OLYMPUS STYLUS SH-3(画像処理)

ハルを連れて飼っていたカブトムシを逃がしにやってきました。場所は昨夏、クワガタ採集にやってきた三浦。そこで、メスのカブトを捕まえて自宅で飼育すると、今年、数匹のカブトが羽化しました。そのうちのオスメスのワンペアを故郷へ帰そうとハルに提案しました。実は、狭い飼育ケースで育てていて、オスと雌がそれぞれ1匹ずつ死んでしまったので、このままだと他のカブトも死んでしまうかもしれない、親の棲んでいた故郷に返してあげようとハルに話をすると、ハルも納得して逃がしてあげることを分かってくれたのです。

現地に到着し、逃がす場所を探していると、カナブンが集まっている幹を発見。美味しそうな樹液がたくさん出ているクヌギでした。カブトムシをその木に放してやると、オスは早速、俺のものだと言わんばかりに樹液をむさぼっていました。元気に育てよ。ハルは少し淋しそうな様子でしたが、いい経験になったかな。

Kabuto180715backhome2

Kabuto180715backhome3
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM(2枚目トリミング)

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
また、来年来るよ、と別れを偲ぶハルに、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2018

モンシロチョウ、元気でね♪

7月3日の記事

Haru180703monshirouka1
Apple iPhone 8 Plus

地物の葉野菜に青虫が付いていました。ハルが育ててみたいと言うので育てることに。数日経つと、飼育ケースのふたに移動しサナギになりました。また、数日経つと、綺麗なモンシロチョウになりました。昆虫の変態は神秘的です。庭に放つとヒラヒラと翅を動かし飛んでいきました。元気でね~。

Haru180703monshirouka2
OLYMPUS STYLUS SH-3

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
昆虫の飼育が大好きなハルに、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2018

今年初のクワガタ採り♪

7月1日の記事

Haru180701kuwataga1
OLYMPUS STYLUS SH-3

異例の速さで梅雨明けした関東甲信越。例年、7月中旬くらいに訪れているスポットへミヤマクワガタを探しに行きました。結果は・・・。採集に来ていた地元のご夫婦からお裾分けをいただきました(^^)。体長55mmほどのいい形のオスです。親子ふたりして感謝です。ありがとうございました。帰路、快適な車の揺れが心地よかったのか、帰宅する頃にはハルは爆睡していました。

Haru180701kuwataga2

Haru180701kuwataga3
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
今年初のミヤマクワガタに大満足のハルに、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2018

ハル、絵で勝負だ♪

Haru180617illustration1
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM


自宅でのんびりの土曜日の午後、ハルに昆虫の鉛筆画で勝負を挑みました(^^)。昆虫図鑑や絵本を見ながらハルが選んだ昆虫の絵を描きました。久しぶりのイラストに息子相手ながら力が入りました(^^)。描いた絵はこんな感じです。

Haru180617illustration2
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

上が私、下がハルの絵です。勝負の結果はご覧いただいた方にお任せします。

ところで、カマキリ、蛾の幼虫、コガネムシは図鑑を見ながら描きましたが、この中で唯一、スズメバチは絵本『昆虫の生活』を見ながら描きました。作者は松岡達英さん。数々の絵本も上梓されているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、新潟県長岡市在住の自然科学絵本作家さんです。以前、アトリエにお邪魔したことがあり、出版予定の絵本を特別に見せていただいたり、一緒に里山に昆虫観察に連れて行っていただりしたことがありました。また、いつかお会いしたい素敵な方なのです。その時の様子は次のリンク先からどうぞ。

2015素敵な歓待(その1)アトリエ編♪ on Grindel’s Graffiti(2015.5)

2015素敵な歓待(その2)ギフチョウ編♪ on Grindel’s Graffiti(2015.5)



◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
松岡さんの絵本を見ながら生き物の絵を描いてみたくなった方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2018

助けたチョウの末期♪

Ageha180517hinshi
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

ハルが絵画教室からの帰り道、子どもたちに棒でつつかれていたアゲハチョウを助けて自宅に持って帰ってきました。よく見ると翅はボロボロ、燐粉は剥げ落ち、触角も1本しかありません。応急処置で砂糖水を浸したティッシュの上に置いてあげたようですが、すでに瀕死の状態。私が帰宅した頃には死んでしまっていました。

全く酷いことをするなぁ。路上で誰の目にも触れられず死んでいったかもしれないけど、たまたま、ハルに助けられ介抱されたこの儚い命。心優しいハルの行動に心打たれた夜でした。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
我が家の浦島太郎のハルに、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2018

手のりチョウ@道志にて♪

Usuba180506tenori1

Usuba180506tenori3
OLYMPUS STYLUS SH-3

先日、道志川のキャンプ場を訪れた際、渓谷の河原をヒラヒラと優雅に飛んでいた蝶がいました。ハルが早速、捕まえたので見てみると、ウスバシロチョウでした。翅(はね)がうっすらと透けている気品のあるチョウ。体はフワフワの毛で覆われていました。コンデジのマクロ撮影でチョウを撮ると、川面に反射する光が玉ボケとなりチョウを更に美しく見せてくれました。

ハルの手に載せてあげても、大人しく撮影に協力してくれました。そして、暫くすると、また、ヒラヒラと飛んでいきました。

Usuba180506tenori2
OLYMPUS STYLUS SH-3

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
気品あるウスバシロチョウに感動された方、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2018

トンボ捕り♪

4月21日の記事

Haru180421tombotori1
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

土曜日、ハルを誘って再び市民の森へ。朝からいい天気で気温もグングン上がっていたこともあり、シオカラトンボが飛び交っていました。この時期でこの数・・・。今年はホントに生き物の出現が早いですね。でも、沼地周辺では水色のオスが圧倒的に多かったです。産卵をしているメスも見かけました。その他、ニホンカワトンボやルリタテハ、ツマキチョウなども観察できました。

Haru180421tombotori2

シオカラトンボ ♂
Park180421shiokara

ニホンカワトンボ ♂かな?
Park180421nihonkawatombo

ルリタテハ
Park180421chou3

ダイミョウセセリ かな?
Park180421chou1

ツマキチョウ ♂(春~初夏の時季しか出現しない)
Park180421chou2
Nikon D7200 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

この日、ギンヤンマの飛行も観察できました。やはり、美しいトンボです。でも、あのスピードと警戒心から飛んでいる時にカメラに捉えることはかなり難しいですねぇ。

◆◆◆ランキングに参加しています◆◆◆
トンボやチョウに魅了された方は、
コメ&応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧